新しいオールジャンル展示即売会。 東京 × 仮想通貨 × 展示即売会 = 「東京仮想通貨博覧会」 これに先駆けて地元名古屋で実験イベント4月28日(土)・29日(祝・日)両日開催決定! イベントを無料で開催することにより、クリエーター・エンジニア・コスプレイヤー支援イベントの指針としたい。

プロジェクト本文

 1:ご挨拶

はじめまして。

美術鑑賞が好きな安藤 靖(あんどう やすし)と申します。

私は学生時代にLPジャケット、アンディ・ウォーホール、サルバトーレ・ダリなどを見て

美術にふれる面白さと楽しさを経験しました。

それ以来、たくさんの美術展や美術館に行くようになりました。

美術の面白さと楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい。

との思いから、次第に、

美術作品を創り出すアーティストの方々を支援をしたい!

との熱い思いへ変化し、この展覧会を企画しました。

「東京」×「仮想通貨」×「展示即売会」=「東京仮想通貨博覧会」です。

 

2:イベントについて

 

日時:4月28日(土) 10:00~16:30    
4月29日(祝・日)10:00~16:00
出展者:個人(委託販売OK)・サークル・企業・コスプレイヤー

  

2:このプロジェクトで達成したいこと

1987年以前の日本の美術市場はおよそ2000億円程度と言われています。

それが1987年から毎年倍増で増え、1990年のピーク時には1兆5000億円にまで達しました。

近年2016年の市場は3341億円、2017年は3270億円と減少しています。

インターネットや画廊・美術館などが増え発表の場は増えていますが、

美術界隈の収入は依然として増えていません。

このイベントの目的は、美術界隈の方々が何ものにも囚われず自らの作品を

自由に展示・頒布できる場をクリエイトすることです。

それが、「クリエーター・エンジニア・コスプレイヤーの支援」です。

 

支援の仕組み

 

そこでヒントを得たのが、世界でも有名な同人誌即売会のような対面方式です。

そして決済について、迅速なレジ行動が頒布個数に直結することと、

保管や紛失の不安を取り除くことを考え、仮想通貨で行うことにしました。

これでスマホひとつで簡単瞬時決済することができます。

仮想通貨とした場合、価値が上昇をすれば利益も上がり、資産価値上昇の魅力もあります。 

  

4: 資金の使い道

  ①会場費 50,000円

  ②広告宣伝費 20,000円

  ③人件費 65,000円

  ④リターン費 30,000円

  ⑤雑費 60,000円

   計 225,000円

 

5: 最後に

 美術が好きな人・美術に興味がある人・美術鑑賞することが好きな人など

作品が好きという方はいらっしゃると思いますが、

実際に制作しているアーティストの方々が得る利益について、考えた事がある方は少ないと思います。

好きな作品を作るアーティストから直接手に取って、仮想通貨で払って支援をする。

こんな面白くて、楽しいイベントは他にありません。

この実験を名古屋で成功させ、必ず東京でやりたいと思っています。

みなさまと一緒に育てるイベントにしたいと思いますので、

何卒宜しくお願い致します。

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    東京仮想通貨博覧会in名古屋のチラシが完成!

    2018/04/12 06:47

    「東京仮想通貨博覧会in名古屋」 のチラシが完成しました! かわいいですね!(^^)! ぜひぜひ拡散してくだいませ

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    ホームページ公開

    2018/04/10 06:48

    この度、ホームページを開設しました。   イベントの詳細や目的など明記させて頂いております!   ぜひホームページのチェックをお願い致します。 https://tcce.amebaownd.com/    

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください