子育てママのお悩みダントツ1位は「イライラ」イライラママを、一人でも多くニコニコママにするため 振付師ラッキィ池田さんに協力して頂き、魔法の元気ソングを作りました。 その歌のPVをDVDにして全国の子育てママへ届けます! 子育てグレーゾーンで悩むママを笑顔にするPV制作費支援をお願いします。

プロジェクト本文

はじめまして 一般社団法人 発元気プロジェクト 歌う海賊団ッ!事務局の内田智博と申します。

今回、全国の子育てママを笑顔に、元気にするためのプロジェクトで、

「子育てグレーゾーン」で苦しむママを、一人でも多く元気にするためのDVDを制作し、

各地域ごとに順次無料配布を目指していきます。

そのもとになるPV&レコーディング制作費用のご支援、ご協力をお願い致します。

 

歌う海賊団ッ!は結成13年目になります。

結成当時、私はシングルファザーとして10歳の娘の子育てをしていました。

ちょうど「赤ちゃんポスト」という言葉が、ニュースで取り上げられ始めたころです。

虐待のニュースも目立ちはじめ、1人の親として、そんなニュースに心を痛めていました。

心を痛める反面、自分自身を省みると、経済的にも気持ち的にも余裕のない生活の中で、

子育てもひどいものでした。幼い娘に対して怒鳴る、叩く、イライラする、八つ当たり・・・

いわゆる虐待予備軍「子育てのグレーゾーン」の中で、もがきながらの子育てでした。

音楽作家という仕事をしていた私は、そんな自分を変えたい一心で、親への応援歌を次々と作りました。

それが、歌う海賊団ッ!の始まりです。

 

厚労省が全国の虐待相談件数の統計を取り始めて24年が経つそうです。

最新の虐待相談件数は、全国で122,578件となり、統計を取り始めてから

約80倍も増えたそうです。

122,578件を、全国47都道府県で割って、更に365日で割ると、1日平均で7人以上の人が

何らかの虐待の相談を受けており、文科省のHPでは、この数字はあくまでも

氷山の一角に過ぎない、と付け加えられています。

ここ10年間で3倍増えている虐待相談数。それだけグレーゾーンで悩むママが多いわけです。

仮に、この先10年で3倍増えたら、更に10年で3倍に増えたら・・・

20年後は虐待で悩む人が100万人を突破してしまいます。

20年後とは、今子育てしている子ども達が、親となって子育てをする時代です。

 

◎悩むママの本音

私の父親はDV&虐待をする人でした。
経済的にも決して豊かではありませんでしたが、衣食住に困ったりするような生活ではありませんでした。
母親はいつも殴られたりけられたり、私や弟たちもいつもびくびくしながら生きていました。
家族でのレジャーなど、高校を卒業する18年間で数回ほど。

大雪の中、徒歩で往復1時間の道を歩いて開いているかわからない本屋に父の趣味の本を買いに行かされたり、夜の9時過ぎにタバコやお酒を買いに行かされるなんて言うのは当たり前でしたし。
巨人の星ってアニメでお父さんがちゃぶ台ひっくり返すの見たことあります?まさにあんな感じで、突然スイッチが入ってテーブルをひっくり返すのでご飯の時も父親の顔色を見ながらやばい気配がしたら自分のお皿とお茶碗もって逃げるとか、想像できますか?
私はそういう環境で育ちました。

優しいお父さん、ちょっと怖いお母さん、週末は家族でレストランへお食事、遊園地にキャンプ。そんなものは無縁で、ホームドラマだけの光景だと思っていました。

そんな私でも親となり、育児をするようになって「私が置かれていた環境は、おかしかったのだ」と気が付きました。
と言っても、どうしたらいいのか、とかそんなことを考えることもする時間がないままでした。

そんな私が下の子が間の二歳児のころ家族間ですれ違いがあったりして、トラウマ大爆発!!精神的に「病んでいる」と言われる状態に。。。一時期は、一人で電車に乗れないほどひどかった。
友達の勧めもあり海賊ラジオを視聴するようになりました。
歌う海賊ってナンダヨ、舐めてんのか?とかなり斜に構えていたのですが、これがドはまり。
「怒ったりした後に後悔しちゃうんだよな」うんうん、そうそう。
「パパやママの笑顔を子どもたちは待ってるぜ」はっ、そうか!
「みーんなひっくるめて、愛だぜ!!」そうか、そーなんだ!
目と鼻から、大量の水がビュッと噴き出ました。

そして、乗船を繰り返し。。。
あの当時年長と2歳児だった娘たちは、中1と小3になりました。
なかなか思うように育児は行かないけど、楽しくやってます。

 

◎悩むママの本音

誰にでもあると思うんだ。
育児に行き詰まることって。
家事やって、夫の面倒みて、仕事して・・・
ヘロヘロくたくた。
そこに、舅や姑も絡んできたり。
悪気はないんだけど、全否定されまくって、
育てる自信なんて欠片も残ってなかった。
誰も分かってくれないって思ってた。
友達も数えるほどしかいなかったし、
家同士のお付き合いの仲間だから、
当時はあまり、家の中のことなんて
しゃべっちゃいけないと思ってた。
今はそんなことない、何でもしゃべっちゃうけど
当時は、本当に孤独だった。
あの頃、ツイキャスにはまっててね。
キャス仲間から紹介してもらったのが、
海賊団だった。
夕飯作りながら、船長の弾き語りキャスきいて。
味噌汁作りながら、ボロボロ涙がこぼれた。
分かってくれる人がいるんだって。
それが海賊団との出会いだった。
私だって、一歩間違えれば、分からなかった。
色んなしわ寄せって、弱いものに向きがちだもんね。
かつての私みたいに、ギリギリのところで
踏ん張ってるお母さんたち、いると思うんだ。
だからこそ、知ってほしい。海賊さんを。
そこには、気持ちに寄り添ってくれる仲間がいたり、
もちろん、船長たちからの熱いメッセージや
応援。
船長も、たった一人で幼い子供を育て上げた人。
だからこそ、分かること、多いと思うんだ。
そして、お父さんたちにも一緒に楽しんでほしい。
山形にも呼びたいんだ。
同居率、共稼ぎ率高いこの県。
絶対に必要だと思うから。
私一人の力じゃ及ばなかったけど、
沢山仲間ができたら、それは可能になるかもしれない。

 

◎悩むママの本音

私と繋がっている友達へ
長いけど、読んでほしい(*´艸`)
今日、久々にライブへ行って感情が高まってる今、書き留めたかったので♡
【私と歌う海賊団の出会い】
2008年、我が子を身体に宿し、諸事情により1人で出産を決意。
2009年、最愛の我が子と出会えました。
可愛くて、可愛くて、私だけの子供・・・。
この子の為なら、どんな事でも耐えられる。
両親揃ってたって子育ては大変。ましてや私は1人。だけど、私には助けてくれる家族がいたの。
子供を任せて私は仕事。だけど、これまた諸事情により家族から離れて母娘二人での生活をスタートさせたの。
そこからが私にとって地獄。
仕事、家事、子育て・・・全て1人で背負ってた。
家事はいくらでも手抜きできた(笑)
子育ても、妹弟いて甥姪もいたから、なんとなくは出来た♡
仕事もそこそこ出来るようになってきた。
だけど、全てが上手くいくはずもなく、仕事のイライラを発散する場所が無く、近場の、可愛いはずの我が子に向けてしまっていたの。
可愛いのに、愛しているのに、自分の思い通りにならない我が子が悪魔に見えてしまっていたの。
このままじゃダメだ・・・
イライラの元の仕事を辞める?でも子供を抱えてシングルマザーで、新しい仕事が見つかる?
融通の効く会社だったから辞めるに辞められなかった。仕事を変えるなんて出来なかった。
私さえ我慢すれば、親として我慢すれば大丈夫と言い聞かせていたの。
だけど、我慢すればするほど、爆発した時に向かうのは我が子。
そんな時、姉から「歌う海賊団ッ!」の事を教えてもらった。
正直な話、私、姉に勧められるものって受け付けられなかったの(汗)
「面倒臭いから」「仕事が忙しいから」「休みの日は寝ていたいから」
理由をつけては一緒に行くのを拒んでいたの(汗)
でも・・・運命の日はやってきた✨
2014年、連休で仕事も休みで予定も無い時に、姉から誘いの連絡。
私より先に我が子は海賊団と出会っていて、この時も迷っていたら、
「ママ、かいぞくだん、いこー!」
まぁ、1回ぐらいならいっか・・・面倒臭いけど(笑)
小学生の頃から楽器を始めていたので、音楽は好きだったし、ライブを楽しめばいっか~ってノリで来てみたら、いや~ビックリ!海賊なんだもん〓
第一印象、【変な格好】笑
ライブが始まると、甥と姪が「船長何乗ってくるかなー!」
は?どんな登場の仕方すんだよwwwと思いながら手拍子してたの覚えてる。
ちょっと馬鹿にしていた私だけど、声フェチな私、船長の歌声に惚れました♡
ライブが進むにつれて、後半、船長が客席に乱入?!!歌いながら乱入してきたよ〓
いつの間にか携帯でビデオ撮影してた私。
その手を取って船長のお顔がどアップwww
私の初乗船、思ってもいなかったぐらいにすごく楽しめたの。
「発元気回ったんだね」と、姉の子供らが言ってくるもんだから、なんのこっちゃwww意味不明だった〓
姉が船長とFacebookで繋がっていたから、思わず私も友達申請。
船長と繋がってから、次のライブの情報もわかって、迷いもなくまた乗船。
実はホントにファンになれたのは、この2回目の乗船。初乗船の時には無かった、船長の言葉。
「時々、イライラして怒鳴ってしまう時があるよな~。わかるぜ~その気持ち。怒鳴った後で後悔しちゃうんだよな~。」
「完璧な親なんて、どこにもいない。」
「全部ひっくるめて愛だぜ。子供達は待ってるぜ、家族の笑顔をな。」
無意識に泣いたのを覚えてる。
当時の私は、イライラするのはいけない事、親なんだから我慢しなきゃいけない。
どーして可愛いはずの我が子に手を出してしまうの。
どーして皆は普通に生活出来るの?私がおかしいの?
私自身におきている感情は、普通の事なんだと。
私だけじゃないんだと思えた。
船長の言葉は、イライラの原因が無くなるわけでも、解決するわけでもない。
けど、前向きな気持ちにしてくれる。
今では数え切れないほど乗船をして、話す内容も分かってる。船長の言葉を何度も聞いてるけど、ホントに辛くてどーしようも出来ない時に聞くと、励まされるの。
忘れそうになるプラス思考を思い出させてくれる。
もちろん、船長が歌う曲の数々、クルー達の笑顔。それにどれだけ助けられているか。
そして2018年、私は【歌う海賊団ッ!知名度up部】に入部。
活動は本当に簡単(*´∀`)♪
1日1人、最低でも1週間に3人に「歌う海賊団ッ!って知ってる?」って聞くだけ。
歌う海賊団ッ!を、日本一の家族ソングアーティストに育て上げる。
私達ファンが、海賊団に恩返しが出来る活動。
悩んでたり落ち込んでいる人はもちろん、子供と一緒に楽しめるライブ、皆に知って欲しい♡
以上です♡
とにかく歌う海賊団ッ!が大好きなの♡
海賊団がいたからこそ、ファンの皆とも出会えた♡

 

今ですら、子育てグレーゾーンで悩むママは多いのに、子ども達が将来、家族をもち子育てをする社会は、

今の何倍もグレーゾーンで悩む親が増えてしまう・・・

教育や経済にも相当なダメージを与えるのは、想像に難くありません。

 

行政やNPO法人も一所懸命、この問題に取り組んでいます。

1人の親として、1人の国民として、そして、エンタテイメントを担う一人として、

日本の子育ての未来を明るく変えて行く行動が必要なのではないか?そう感じ活動しています。

 

「1人1人が自分の出来る事で」

 

 

私は、エンタテイメントの立場から、13年間、子育てママやパパを励まし、応援してきました。

しかし、私達だけのチカラでは、小さすぎてなかなか活動が広がりません。

そこで、今回は、私たちの活動に共感してくれる全国の方々に協力を仰ぎ、

「虐待のない未来 世界中の子育てを笑顔に」

そんな世界を目指す仲間となって欲しいと、魔法の歌を作りました。

 

音楽のチカラは、時に世の中を変えるほどのパワーを発揮します。

まさに魔法です!

歌やダンスを通して、明るく、楽しく笑顔を拡散していく・・・

それが、エンタテイメントにできる活動です。

 

今回、制作する魔法の歌「ゲンキのジュモン」は

作詞/作曲:キャプテン☆うっちゃる 子育て支援、パパママ応援団として13年間、全国で活動実績あり。

編曲:鈴木俊介 モーニング娘。や松浦亜弥さんのヒットソングを数多く手掛けるアレンジャー

振付:ラッキィ池田 日本の振付師の中でも、もっとも有名な天才振付師

素晴らしいチームで楽曲制作を進めております。

まだ、デモ音源ですが、こちらの振付動画をご覧ください。

 

 

そして、今回、この楽曲のPVの監督をつとめてくれるのが、

AKBなどのドラマやPV、ももクロの音楽ドキュメンタリーなどの

撮影に多く手掛け、様々なヒットドラマの制作に携わる監督さんです。

PV監督:大形美佑葵(オフィスクレッシェンド)

 

PVはストーリーと、振付と2パターンを合わせた形を考えております。

ざっくりストーリーのあらすじを説明しますと、

小さな子どもが、自分のママを笑顔にしたいと海賊団ッ!に相談し、それを叶えていくというものです。

 

仕事や子育てに疲れたママは、いつしか笑顔を失い、イライラする毎日。

そんなママの笑顔を取り戻そうと、子供が船長にこう相談します。

「船長、ボクのママを笑顔にしたいんだ。ママを元気にする魔法はありませんか?」

そこで2人は、ママを笑顔にする様々な作戦を試すけど・・・失敗に終わる。

しかし、船長には最後の秘策があった。

それが、魔法のうた「ゲンキのジュモン」だ。

「お前の大切な人を元気にするためには、お前の魔法が必要なんだ」

船長は、子どもに伝えます。

船長と子どもは一緒に、歌とダンスをママへ贈り、懸命な子供を見て、、

ママは涙を流し「辛いのは私だけじゃない、この子も辛かったんだ」

自分の笑顔の大切さに気付き、「家族のために笑顔でいよう」とうなずく。

人を想う愛が魔法に変わる瞬間・・・

 

子ども達の願いは、世界共通です。「ママやパパを笑顔にしたい」

イライラママが少しでも、ニコニコママになれるように、この歌を全国に届けたいと思っています。

そのために、この曲のPV&レコーディングの制作費に、みなさんのご支援をお願いします。

 

出来上がった楽曲とPVは、全国各地の子育て世帯に無料プレゼントしていく予定です。

まずは、私の地元、栃木県の幼稚園、保育園に通う子を持つ約5万世帯へ贈ります。(6月~7月ごろ)

配布に伴うDVDプレス制作および配布経費は、地元企業からの協賛で集めます。

協賛してくれる企業さえ見つかれば、全国各地で無料配布が可能になって行きます。

 

その前に、あらゆる幼稚園や保育園で、この歌と振付が拡散されていくよう

推進していきます。

 

みなさん、どうか、子ども達の未来を明るく照らすプロジェクトに、ご協力お願い致します!

 

【純粋に応援だけしたい!】という方はコチラ↑

◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージが届きます♬

 


【気軽に応援したい!】という方はコチラ↑

◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント
◎『ゲンキのジュモン』DVD内にあなたの名前(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ

【誰かにDVDを贈りたい!】という方はコチラ↑

◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(自分用&ギフト用 計2セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内にあなたの名前(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ


【家族や友人とコンサートに参加したい!】という方はコチラ↑

◎4/22のコンサートチケット3枚
(大好評につき、一般配布分は既にSOLDOUT!今からでも参加したい人はコチラ)
◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(自分用&ギフト用 計2セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内にあなたの名前(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ


【ママ友や仲間などのグループで参加したい!】という方はコチラ↑

◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(4セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内にグループの名前(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ

【PVに家族や友人と出演したい!】という方はコチラ↑

◎『ゲンキのジュモン』PVに出演できる権利
(※曲や振付の動画URLもお送りいたします。)
◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(2セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内にあなたの名前(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ


【会社や企業でプロジェクトを応援したい!】という方はコチラ↑

◎『ゲンキのジュモン』DVDパッケージ内に社名/ロゴが入れられる権利
◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(10セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内に社名(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ

【プロジェクトも応援しながら、社会貢献も!】という方はコチラ↑

◎幼稚園/保育園に歌う海賊団ッ!の公演をプレゼントする権利+その公演にご招待
(※公演先の選定やスケジュールは、協議の上、決めさせていただきます。)
◎『ゲンキのジュモン』DVDパッケージ内に社名/ロゴが入れられる権利
◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(10セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内に社名(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ


【プロジェクトも応援しながら、小規模小学校に芸術鑑賞会を届けたい!】という方はコチラ↑

◎小規模小学校に歌う海賊団ッ!の公演をプレゼントする権利+その公演にご招待
(※公演先の選定やスケジュールは、協議の上、決めさせていただきます。)
◎『ゲンキのジュモン』DVDパッケージ内に社名/ロゴが入れられる権利
◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(10セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内に社名(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ

【4/22のコンサートにオリジナル海賊衣装で出演したい!】という方はコチラ↑

◎4/22のコンサートに、オープニングとエンディングに出演できる権利
◎特注の海賊衣装もプレゼント
◎『ゲンキのジュモン』製作DVDプレゼント(10セット)
◎『ゲンキのジュモン』DVD内にお名前(ネーム指定できます)がずっと残るクレジット記載
◎歌う海賊団ッ!船長からのお礼メール
◎オリジナル動画メッセージ

 

 

【4/22 コンサート概要】

「ファインフィールドフェスティバル2018」

2018年4月22日(日)

宇都宮市文化会館大ホール

(栃木県宇都宮市明保野町7-66)

028-636-2121

※コンサートの情報はコチラのQRコードから ⇓

 

 

 

虐待のない未来 世界中の子育てを笑顔にするために!!

 

よろしくお願い致します!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください