ドラムを叩きながら鍵盤ハーモニカを吹き倒すふーちん(チャラン・ポ・ランタン/Libera Cielo/ジンタラムータ他)と、Tuba吹きながら足でキーボードを操るギデオン (Sigur Rós, Orquesta Libre, シカラムータetc.) からなる『ふーちんギド』。

TubaとDrumという組み合わせながら、決してテクニカルな音楽にならぬよう、メロディーを大切に、常に新しい事、身体の限界に挑戦してきた2人は、昨年、newアルバムEarthlings地球人を発表しました。生まれた国、年齢、性別、様々な違いがある2人も、共に、この地球上に生きる地球人。そんな2人が『人類は皆一つである』ということを、音でグルーヴで表現したのがこのアルバムであり、私たちの音楽のテーマでもあります。

Summartónar 2018 について

そして今年、フェロー諸島最大の音楽祭Summartónar 2018より、3回の公演を行うべく招待されました。このフェスティバルでは、諸島のあちこちで世界中の作曲家やミュージシャンが集まり、ライブが行われています。ふーちんギドはライブのみだけではなく、現地の作曲家やバンドとのコラボレーションにより楽曲制作を行うという貴重なプロジェクトを依頼されており、これは『違いがあっても皆同じ地球人であり、共に音楽を愛し、その音で通じ合う事が出来る」という私たちの想いを表現できる大きな機会なのではないかと考えました。

しかしながら、フェロー諸島への渡航、宿泊費がなければ、このプロジェクトは実現できません。皆様のお力をお借りして実現させ、また私たちの音楽を広げていきたいです。

更にソーファーサウンズ(コンサートオーガナイザーであり、ユニークな空間でのライブ企画に取り組んでいる)に依頼したところ、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンでの公演も企画して頂ける事になりました。皆様から多くの支援が頂けましたら、フェロー諸島に加え、北欧をまわるヨーロッパツアーを行います。ギデオン作曲のYoung and Finnishをフィンランドで演奏できたら!!とワクワクします。

目標金額を越えましたら、このプロジェクトで得る事になるであろう、アイデアやエネルギーを共有できる「JAPANツアー」、3rdアルバム制作も行います!!!

ご支援いただいた方には、ふーちんギドから特別なプレゼント(リターン)があります。

 

またこのプロジェクトはAll in方式で行う為、目標金額に達しなかったとしても、できる範囲でプロジェクトを進め、支援して頂いた方々へのリターンも実施致します。(既にSummartónar 2018 への出演は決定しております)

 

 

  

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください