こんにちは。なごみすとです。
障害のあるもうすぐ20歳になる息子がいます。自閉症で知的障害がありますが、地域の小学校、中学校、高校、専門学校と通ってきました。コミュニケーションはほとんどとれませんが、友達や学校が大好きな男の子です。
今息子が通学している学校では、いろんなプロジェクトで地域の人たちと交流しています。絵が描く事が得意な息子は同じようにデザイナーを目指す学生さんと一緒にできることでイベントに参加しています。

障害があっても仕事ができて、いろんな人と関われる、社会参加するためにどうしたらいいか、とずっと考えてきました。そして福祉の枠ぐみではなく、普通の会社、法人を作って、なにか商材を作って一緒に売って行くという事業をしたいと思っています。
デジタルのコンテンツや、デザイン制作、キャラクター制作など、ちょっと手助けしてもらえば、いろんな可能性を持った障害のある人がたくさんいると思うのです。
今までも息子の描いた絵でグッズ制作や個展、グループ展などを行ってきましたが、法人化して、もう少し資金を増やして、学生さんやいろんな人と一緒に働ける場所作りを本格的に作りたいと思っています。

始めに作るものは冊子制作です、障害のある人たちが街にでて、いろんな人に買ってもらえるようなものを作ります。よくパンや手作りの商品を福祉作業所で売ったりしていますが、どちらかというと「ビックイシュー」のような販売方法で、売り上げの中で本人にマージンが入るようなカタチを考えています。

インクルーシブな会社、ハンディがあってもできることをして、働くことができるのは、ほんの少し誰かの手助けがあれば実現できます。
そんな夢を実現できるようにがんばりますので、よろしくお願いします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください