東京レインボープライド2018が5月5日(土)、5月6日に開催されます。全国各地から年に1度しかないこのイベントにたくさんの方が来場します。2017年の来場者数は約11万人。ではこの2日間でどのくらいの仲間と交流できるのでしょうか?日本全国からたくさんの人が集まるこの機会に大人数で交流しませんか?

プロジェクト本文

東京レインボープライドとは?

『東京レインボープライド』は、 性的指向や性自認(SOGI=Sexual Orientation, Gender Identity)のいかんにかかわらず、差別や偏見にさらされることなく、より自分らしく、各個人が幸せを追求していくことができる社会の実現を目指すイベントの総称です。
『パレード』『フェスタ』をメインイベントとし、ゴールデンウィーク期間中には『レインボーウィーク』キャンペーンを実施しています。
これらのイベントを通して、「“性”と“生”の多様性」を祝福する場を提供しています。

 
当事者・理解者により多くの仲間を作りたい

このプロジェクトをご覧いただき誠にありがとうございます。初めまして、こんにちは。友寄佳人(ともよせかなと)です。

 

 

僕は沖縄生まれ沖縄育ちの24歳で、上京して千葉県に3年ほど住んでいます。上の写真は全て僕です。僕は女性の体で生まれましたが、現在は手術を受け定められた法律の下、戸籍を女性から男性に変更しました。

 

 

僕は【イチゴイチエ】という屋号を個人事業主として取得しました。このイチゴイチエという屋号の由来はその名の通り、「一期一会、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということ」という意味に加えて、ロゴカラーであるレインボーはLGBT当事者・理解者にとって、有意義な存在になろうということでこのロゴ、屋号にしました。

 

 

屋号を取得した後から「LGBT's(http://lgbts.site)」という LGBT情報メディアを立ち上げ、LGBT当事者や理解者に役立つような情報を毎日必ず1つ配信しています。ツイッターアカウントは日に日にフォロワーが増え、そんなに多くはありませんが3000人を突破しました。

 

 

LGBT情報サイトやツイッターアカウントを開設してから、毎日のように「相談や悩みを聞いてほしい」と当事者やそのパートナーや家族の方からメッセージが送られてきます。

 

 

 

そのごく一部ですが、紹介したいと思います。

 

僕に相談や悩みを聞いてほしいという方の約7割の方に共通する1つの問題が周りに話を聞いてくれる当事者や理解者がいないということでした。それはとても心細く孤独を味わうことではないでしょうか?

 

 

まだ自分が何者かわからなかった当時の僕には、周りに同じ境遇の方や理解してくれる方が沢山いました。そのお陰で割とありのままの自分で過ごせたのかもしれません。もちろん理解が難しい方もいました。

 

でも理解してくれて話を聞いてくれる、そんな人が1人でもいれば孤独に悩まされることはないのではないでしょうか?

 

今回、東京レインボープライドという大きなイベントに参加します!という地方に住む方、都心に住む方、かなりいると思いますが、このイベントに参加してどのくらいの仲間と交流できるのでしょうか。1人?2人?5人?

 

僕はこの絶好な機会を利用させて頂いて、普段知り合うことのない多くの仲間と交流すべく大交流会を開催したいと思います。

 

自分に何かきっかけを作ってくれる人、年老いてもずっと笑いあえる友達、生涯ともにしていくパートナー、もしかしたらこの大交流会で出会えるかもしれません。

 

これが僕の理想とする「イチゴイチエ」です。

 

 

 

僕は極度の人見知りです。普段はネットの中で生きています。そんな僕に連絡をくれた方への感謝の気持ちと精一杯の機会をプレゼントしようとこの大交流会を開催を決意しました。

 

是非、皆さんに足を運んで頂きたく思います。

 

 

 

皆様から集められた資金の使い道を下記に掲載します。

■CAMPFIRE手数料:資金の17%

■大交流会の会場代(募集締切日である4月21日決定した参加人数によって会場となる場所を決めます。渋谷か新宿となります)

■参加者さまのお食事代

■参加者さまの飲み物代(時間内飲み放題にします)

■交流会中のビンゴ大会備品

■交流会中のビンゴ大会景品

 

※仮に人数があまり集まらなかった場合でも交流会は実施いたしますが、ビンゴ大会がなくなるかもしれません。

 

 

僕はこの【東京レインボープライド2018終了後の大交流会】に並々ならぬ情熱があります。

 

「この大交流会に参加して良かった!」と参加者全員に行ってもらえるように努力は惜しみません。

 

応援よろしくお願い致します。沢山の方のご参加を心からお待ちしています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください