「今、心から好きと言えるお家に住めていますか?」 お部屋探しは判断基準となる情報が非常に少ないです。実体験に基づいたクチコミを集め、無料で公開することで、引っ越しで後悔することを無くしたい。サラリーマンエンジニアの私ですが、本気でプラットフォームを作ります。ご協力お願い致します!

プロジェクト本文

 ▼はじめにご挨拶

このページをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。

初めまして!都内でWebエンジニアをしております、yuuと申します。長文ではございますが、ぜひ最後までお付き合い頂けますと幸いです。

突然ですが、あなたは今、好きなお家に住めていますか?我慢して住んでいませんか...?

急にごめんなさい。笑

もし、今の家に全く不安がないのであれば、きっとあなたはとても幸せです。

ただ、そうでない人もたくさん居て。だから一人一人に良い部屋を届けたい。そのために必要なWebシステムを開発します。こんな事してる奴がいるんだってことを多くの人に知ってほしいし、願わくば応援してほしい。

そんな想いでプロジェクトを公開しました。

▼たった数十分の内見で、数年間住む物件を探す難しさ

最近のお部屋探しは、ネットで物件を探し、不動産会社に行かずに契約してしまうケースも増えてきました。遠方に住んでいる方や、お部屋探しに時間を割けない方からしたら便利ですよね。

ただその反面、実際に引っ越しをしてから後悔すると感じるケースが多いです。

理由は、ネット上の情報には巧妙な営業表現が潜んでいるから。実際に物件の内見をしたとしても、たった数十分、家を見てその場で問題点を見つけ出すのは至難の技です。

後述しますが、私も物件選びに関しては多くの失敗をしてきました...。

自分が住む家にいくつか不満を見つけてしまうと、どんなに穏やかな時間を過ごしていても、心のどこかでモヤっとした感情が生まれちゃうんですよね。

この「引っ越しをしてから後悔してしまう」なんてことを0にしたい。今から1人でも多く、引っ越しで後悔してしまう人を救える環境を、社会全体で作っていきませんか。

 ▼「この部屋は悪い」と言える営業が居ない=ユーザーによる評価システムが必要

これ、かなり問題です。

Amazonで買い物するならユーザーのレビューをみてから決められると安心ですよね。高い買い物なら尚更。商品を買ってから「失敗したなあ」って思いたくないのが普通だと思います。

じゃあお家のレビューは?って考えたときに、今パッと出てくるサイトってないんですよね。めちゃくちゃ高い買い物だし、何年も付き合っていくものなのに...!

また、不動産仲介業者が公開する物件情報は、ひじょーーーに残念ですが、誇張表現が結構多いんですよね。しかも営業さんもトークが上手いので、私なんかはすぐ鵜呑みにしてしまいます...笑

それに不動産仲介業者が公開する賃貸情報の多くには「記載情報に誤りがある場合は現況優先」とあり、これがあることで、極論を言えば情報を盛ったりもできちゃって。こんな事がまかり通ってしまっているのも全部、家の評価システムがないことが問題なんです。何か家に嫌なところがあって、それを理由に引越しをしたとしても、それが表に出てくることってまず無いんですよね。

それと最近よく思うのですが、不動産業界ってあんまりクリーンじゃない。そもそも!なんですか礼金って。敷金は返ってこないし共益費は謎だし他にも仲介手数料に更新料に、出て行くときにも解約の違約金が掛かったり...... 理不尽が過ぎます!笑

少し話が逸れましたが、引っ越しをするには、多くのお金もエネルギーも必要とします。それでも良い家に住みたいと思って引っ越したのに、住んでみてから悪いところに気づいちゃったらイヤですよね。

こういった状況を解決します。まずは家を評価できるインフラを作ります。それによってお部屋を「あやふやな情報を元に選ばされる」から「口コミを見て選べる」ようにします。

評価を「見える化」し、一人一人が良いお部屋に住めますように。

▼自己紹介

遅ればせながら、改めて自己紹介をさせて頂きます。 

現在、都内の企業にてWebエンジニアとして働いております、24歳yuuと申します!

私は引っ越しで失敗することがほんとーーに多いです。笑

「どうしたら自分にとって100点のお部屋を見つけられるだろうか?」その答えが、お部屋探しのインフラを整備し、自分でサービスを作り流通させる、というものでした。

私がお部屋探しで悩んでいる時、よく不動産の仲介営業職の方に言われていたのが「100点のお部屋なんてものは存在しないよ」という言葉でした。でも、これは私の経験ですが、住む所で妥協すると絶対後悔しちゃうんですよね

これから、皆が後悔のないお部屋探しが出来るプラットフォームを、数十年先を見据えて作っていきたいです。

必ず良いもの作りますので、是非、応援よろしくお願い致します! 

▼作成するサイトのイメージ

以下の画像は、私がザクっと作ったデモページです。プロジェクトを開始できる算段がついたらデザイナーと連携し、デザインを1からすり合わせるので、イメージが大いに変わる可能性があります。

核となるのは口コミの投稿・閲覧機能。

PC・スマホどちらから見てもシンプルで使いやすいサイトにします。

※ 画像はあくまでイメージです。サイトの仕様に関しては今後変わる可能性があります。 

▼資金の使い道

資金が多ければ、それだけ工数を増やすことができる=良い開発ができます。

目標金額は、最低でもこれだけ集まれば、自分のお金と時間を捻出してギリギリやっていけるというラインで設定しました。ただ、私も可能な限りのリソースをこのプロジェクトに注ぎ込み尽力しますが、それでも圧倒的にお金と時間と人手が足りません...!

・開発費用(UIデザインやコーディングの一部機能の外注費用など)

・運用費用(改修や機能改善、サーバー、ドメイン費用など)

・広告費用(作って終わり、では意味がありません!)

皆様のご支援を、主に上記用途で、大切に使わせて頂きたいと思っております。

▼リターンについて

① お礼のメール + サイトリリースのご連絡 + あなたを無期限でスペシャルユーザーとして登録します!(3000円)

② お礼のメール + サイトリリースのご連絡 + あなたを無期限でスペシャルユーザーとして登録します! + 1.5ヶ月毎に進捗のご連絡(5000円)

③ お礼のメール + サイトリリースのご連絡 + あなたを無期限でスペシャルユーザーとして登録します! +  1.5ヶ月毎に進捗のご連絡 + お電話でのお礼 + 都内でお食事会(10000円)※ 別途交通費他が掛かります

④【SpecialThanks】直筆のお手紙 + サイトリリース後に指定された場所に赴き、開発用PCで成果物をお見せしながら解説 + ①〜③のリターンすべて + one more return!(120000円)※ 別途交通費他が掛かります

リターンにつきまして、何か質問等ありましたら、お気軽にご連絡くださいませ → yuu.lit.w@gmail.com

▼最後に

最後までご覧頂き、誠にありがとうございます!

主観的な表現などもあったかと存じますが、それも私の情熱の賜物とご理解頂けますと幸いです。今回のプロジェクトは、私の人生を大きく左右するほど、大きな挑戦だと思っています。

「小さな声が上げられるサービスが必要になってくる」 By. 入家一真

良い家に住めたら、そのことを他のみんなにも是非伝えてあげるべきです。

良くない家に住んでしまったら「何が良くなかったのか」を大家さんにもお部屋を探してる人にも伝えてあげるべきです。

引っ越しに失敗しちゃっても、その経験を共有できるコミュニティがあれば「今度失敗してしまうかもしれない誰か」を救うことができると思うんです。憂さ晴らしに嫌だったこと全部書いて、引っ越し失敗した人が少しでも救われた気分になるなら、それも良いと思うんです。

そんなプラットフォームを作ります。

▼最後の最後に!本プロジェクトのStep2を少しだけ

家を貸す人(評価★5)「月5万でどうですか」

家を貸りる人(評価★4)「いいですね!じゃあ来週からお願いします」

時代は信用社会へと遷移していきます。賃貸の契約って極論、大家さんが「ここに月5万で住んで良いよ。でも備え付けのモノ壊しちゃったらそれは補填してね」でOKだと思うんですよね。

でも、大家さん側の目線に立ってみると「ちゃんと毎月お金を払ってくれるかな...?」「モノ壊すような乱暴な人じゃないかな...?」「クレームがきたらどうしよう...」なんて不安は尽きないですよね。だから、何かあった時の保険という大義名分で、今の引っ越しのスタイルだと費用がめちゃくちゃ掛かるんです。

でも、それはもう昔のお話。お金周りの心配は「その人の信用」で判断出来るようにすれば良いし、クレームに関しては賃貸の情報を正直に公開することでミスマッチは軽減できる。お部屋を探す側も情報(クチコミ)が多けれ多いほどリスクを回避できる。

次のStepでは、信用を見える化して「今まで何も問題起こしてない人だから割引しよう」みたいな、大家さんも契約の時に安心できるシステムを作ります。面倒な手続きは、全てテクノロジーで自動化します。また、仲介業者に頼らない=中間マージンが無くなることで賃貸契約のコストが下がり、大家さんも居住者もどっちもハッピーになる。

こっちの方が、シンプルで素敵だと思いませんか。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください