現在、日本の学校教育はICT化を推進しているものの、利用可能なアプリケーションが高額かつアプリケーションを使うための訓練が必要なこと等から十分に実施できていません。そこで、フリー教材を開発し、利用方法を訓練するセミナーを開催したいと考えています。まずは数学に特化した教材開発を行いたいと考えています。

プロジェクト本文

▼プロジェクト概要

はじめまして。水島文典と申します。工学系の大学院出身で、現在は数学の講師をしてます。

私自身はプログラミングを高校の時から行っており、GeoGebraというフリーウェア上でJavascriptを用いて数学の教材を開発しています。

数学教員仲間にも私が開発した教材を勧めたいのですが、現状は自分が利用できるレベルでしか開発する時間がありません。

そして、学校教育のICT化が推進されていながら、多くの数学教育の現場では未だに黒板でグラフや図形を表現し、表現できない部分を子ども達に想像させるという、子ども達にとって非常に困難なことを要求しています。これでは、これまでの教育の歴史と同じく、数学嫌いを量産するだけです。

以上のことを踏まえ、CrowdWorks等を使って外注でアプリケーション開発を依頼し、開発したアプリケーションを使える数学教員の育成を行い、日本そして世界の未来に向けて、少しでも多くの数学好きを生み出したいと考えています。

少しでも多くの方からのご助力、お待ちしております。

 

▼資金の使い道

以下のことに使う予定です。

・外注で数学の教材の開発(¥500,000~)

・教員用セミナーの開催(¥500,000~)

・問題の版権問題の対応(¥500,000~)

# 問題の版権問題が解決できない場合、フリー教材を活用します。

 

▼リターンについて

リターンは以下の通りです。

・開発した教材の提供(簡単な利用方法メモ付き)

・教員用セミナーの招待(Skype等も利用)

 

▼プロジェクトのプラン

・アプリケーション開発期間:資金が集まってから1年

・対象学年:中学数学(Must)、高校数学(時間的余裕があるだけ実施)

・教材:特定の検定教科書(版権が解決した教材が対象)

・問題に関する版権問題の対応:各出版社と話し合い

 

・教育セミナー実施期間:1年後以降(中学の教材開発が終了次第、実施)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください