Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

今も大きな不安の中にいる子ども達・・ 熊本地震で被災した子ども達に心のケアを!

573b118d 17d0 4933 97d3 2e850ab99010.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
217,000円
パトロン数
23人
募集終了まで残り
終了

現在27%/ 目標金額800,000円

このプロジェクトは、2016-05-18に募集を開始し、23人の支援により217,000円の資金を集め、2016-07-01に募集を終了しました

「Kumamoto for KIDS」は熊本地震で被災した子ども達の心のケアをするために設立されました。今なお余震が続き、大きな不安の中で過ごしている子ども達に、安心して遊べる場や機会を提供し、子ども達の心を和ませる活動を実施していきます。

今回の熊本地震では広い範囲において、多くの人たちが甚大な被害を受けました。そして度重なる地震で本当に怖い思いをした子ども達は、今なお余震が続く中で、建物の中にいることに怯え、大きな不安の中で過ごしている状況が続いています・・。

壮太くん(1歳)は、家の中でちょっとした物音(風で窓がカタカタっと揺れる音や電話の着信音など)にビクッと身体を硬直させて、大泣きするようになりました・・。

一美ちゃん(5歳)は、お母さんと少しでも離れると、とたんに不安な表情になり、赤ちゃんのように抱っこをせがむようになっています・・。

俊彦くん(9歳)は、日中は元気な様子で遊んでいますが、夜が近づくにつれだんだんと表情が硬くなり、自宅で寝られるにも拘らず、家で寝ることを恐れて今も車の中で寝ています・・。

※上記はスタッフの子どもや、被災地で直接伺った話です。いずれも仮名です。

「Kumamoto for KIDS」は保育士、幼稚園教諭、自然体験活動指導者、子育中の親などが集まり、被災地の子どもたちの目線で支援活動するために設立されました。今の熊本の子ども達が置かれている状況に強い危機感を抱き、子ども達が安心して遊べる場や機会の提供と心のケアを急務と考え、活動を開始しています。

「Kumamoto for KIDS」は熊本県菊池郡大津町で平成14年から子どもたちの自然体験活動を実施している「野遊び体験活動研究会」が中心メンバーです。これまでに「森のようちえん」や「野遊びキャンプ」等、未就学児や小学生が自然の中で様々な体験をするための活動を行ってきました。今回の熊本地震を受け、同じように子ども達のために活動してきたグループや個人の有志達が声をかけあい、「私たちだからできる支援活動」をするために集結しました。

Kumamoto for KIDSは大津町を拠点とし、地震の被害が大きかった西原村等で次のような活動を行って参ります。これらの活動を通じて、被災した子ども達の心のケアをしていくと共に、子ども達だけでなくご家族の皆さんが心を和ませ、ホッとできるような時間を作っていきたいと思います。

※被災したご家族はこれらの活動に無料で参加していただけるようにいたします。

 

①森のようちえん

対象:被災地の2~6才未就学児

場所:熊本県菊池郡大津町

森のフィールドに初めてやってきた子ども達は、最初のうちは表情を強ばらせていますが、里山の豊かな自然にふれあううちに、見る見ると元気になり、時間を忘れて遊び始めます。森の中で思いっきり遊びながら、子ども達の心を少しずつ和らげていければと思います。

  

 

②くまもとフォーキッズキャンプ

対象:被災地の小学生

場所:熊本県または近隣県の安全で自然豊かなフィールド

被災した小学生の子ども達を対象に、自然体験キャンプを開催します。被災地から離れ、いつもとは違う時間と空間を与えることでリフレッシュしてもらいたいと思います。詳細が決まり次第、FBページでご案内いたします。

 

③おもいきり遊び隊 

対象:被災地で子育て中の親子

場所:被災地の避難所周辺等

キャラバン隊が被災地に赴き、ご家族でゆっくりとお茶やお菓子を楽しんでいただきたいと思います。子ども達が楽しい時間を過ごせるような遊びの企画も準備していきます。

 

④くまもとフォーキッズコンサート

対象:被災された全ての皆様

場所:被災地の避難所、大津町、熊本市等

くまもとフォーキッズに協力していただいているアーティストによるコンサートを開催します。

 

Kumamoto for KIDSの活動に対して、これまでにデビッド・マシューズさん(ジャズシーンを代表するアレンジャー)、中沢けんじさん(「思い出がいっぱい(H2O)」のヒット曲を持つシンガソングライター)、鈴木大介さん(武満徹氏から「かつて聴いたことがないようなギタリスト」と評されたクラシックギタリスト)他、多数のアーティストからもご支援、ご賛同をいただいております。

  

 

被災したご家族の多くは、今回の地震で家を失ってしまいました。そのため、現在の避難所での暮らし、今後建設される仮設住宅での暮らしが、これから長期に渡って続いていくものと思われます。そのため本活動は最低でも半年から1年の期間、実施していくことを予定しています。(以降の活動については復興状況を見定めながら、決定していきます)そしてこの活動を継続的に行っていくためには、ある程度の活動資金(被災家族のための様々な支援、スタッフ移動のためのガソリン代、人件費、その他運営資金等)が必要です。今回、クラウドファンディングで募らせていただく資金は、これらの活動を実施していくために使わせていただきたいと思っております。

私達の活動はKumamoto for KIDSのfacebookページで日々更新してお伝えしていきます。

→ https://www.facebook.com/kumamotoforkids/

 

●お礼のオリジナルカード

デザイナーYone氏がKumamoto for KIDSのために書き下ろしてくれたかわいいオリジナルイラストカードです(^^)Kumamoto for KIDSからのお礼のメッセージを添えてお送りいたします。

 Yoneホームページ http://yone.in/

   

●大津町特産のカライモ(さつま芋 )2㎏

熊本県菊池郡大津町の特産であるカライモ(さつま芋)を秋の収穫(11月頃)に合わせて、お送りいたします。美味しかですよ~(^^)

    

●上益城郡甲佐町のパン工房ふうさんの梅酒カステラ 300g

震源地の益城町から15㎞程に位置する甲佐町は地震後のメディアにほとんど取り上げられませんでしたが、地区によって大きな被害がありました。パン工房ふうさんの家屋も半壊してしまい、かろうじて無事だったパン工房で、再建に向けて梅酒カステラを焼いてます!刻んだ梅と梅酒の香りが心地よく、大人がホッとするお菓子です(^^)/

    

●上益城郡(益城町・御船町)のお茶 100g

ここ熊本には、名水百選にも選ばれる豊富な地下水があり、キレイな水と太陽によって育まれた豊かな自然があります。阿蘇の麓の大自然に育まれた、香り豊かな「肥後茶」をぜひお試しください。

     

 ●Kumamoto for KIDSオリジナルTシャツ

デザイナーYone氏がKumamoto for KIDSのために書き下ろしてくれたかわいいオリジナルTシャツです。

    

●オリジナルエコバッグ 

デザイナーYone氏がKumamoto for KIDSのために書き下ろしてくれたかわいいオリジナルエコバッグです。

     

●Kumamoto for KIDSの活動見学への送迎~ご案内を受ける権利

出資してくださった方が私たちの活動見学できるように、熊本での送迎やご案内(熊本空港・熊本空港までの移動費、現地滞在費は自己負担です)をいたします。Kumamoto for KIDSの活動日は、第1・3土曜日(おもいっきりあそび隊)と第1・3日曜日(森のようちえん)を基本としていますが、月によって活動日が変更する場合があります。ご案内する日については直接、調整させていただければと思います。

   

 


熊本の復興に向けた取り組みは始まったばかりです。今後、中長期的にいろいろな側面からの支援が必要となっていきます。私達Kumamoto for KIDSは、被災した子ども達やそのご家族の皆さんが、少しでも心を和ませ、元気を取り戻していけるように支援して参ります。子ども達の地震への不安がなくなり、心を落ち着かせて家族でゆったりと過ごせるようになる日が一日も早く来ることを願いながら活動して参ります。皆様、何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。