プロジェクト本文

1

はじめまして。オリジナルカードゲーム制作サークルpyx.is(ピュクシス)です。
今回私たちは、初めての作品となるオリジナルカードゲーム「ゆめ描き」の制作費の一部を集めたいと思ってCAMPFIREに投稿いたしました。
「ゆめ描き」はみんなでお話を紡いで、1つの物語をつくるゲームです。
私たちは、遊んでくれた人たちのやさしい心がつながり、より大きなやさしさになるようなゲームをお届けしたいと思っております。
その一環として、ご支援くださった金額の一部を用いて子どもたちへ贈り物をしようと考えています。
人と人の心がつながり、笑顔が増えていく。
それこそ夢のようなお話かもしれないですが、ご支援くださった方々のやさしさと私たちの気持ちが、新しい「やさしさ」の生まれるきっかけになればとても嬉しいです。



2

3

「ゆめ描き」はカードに描かれている夢(イラスト)を紡いでお話をつくるゲームです。
夢の世界の決まりどおりに自分の手札をなくしていきながら、素敵な夢をつくることを目的としています。

あなたの番が来たら、手札から1枚カードを選んで出します。
そして出したカードに描かれている夢を使って簡単なお話をつくりましょう。
お話をつくるときには前の人が使った言葉を必ず1つ使ってください。
また、すべてのカードには色々なシャボン玉が描かれています。
シャボン玉にはそれぞれ変わった決まりがありますので、その決まりどおりにお話をつなげましょう。

そんな風にして、どんどん夢がつながって大きくなっていきます。

ですが夢はやがて醒めるもの。
だれかひとりがうまく手札をなくすことが出来ればあがりとなり、今回の「ゆめ描き」は終わりとなります。

あなたが考えたお話とほかの人が考えたお話が繋がることで、思いもよらない、まさに夢そのもののような物語が生まれます。時には楽しく、時には不思議に……。
身近な人と「ゆめ描き」で遊ぶことにより、その人や自分自身の意外な一面が見つかるかもしれません。



4

5

「ゆめ描き」のカードには色々な夢が描かれています。楽しい夢、不思議な夢、現実的な夢、抽象的な夢……。
どの夢も、絵本のようなやさしい絵柄なので、見ているだけでも楽しめます。
「ゆめ描き」には「月のはこ」と「星のはこ」の2種類があり、それぞれ全く別の夢が描かれております。2つを混ぜればよりたくさんの人数で遊んだり、好きな組み合わせをつくったりできます。
また、カードの角を丸くすることでケガを防いだり、カードが長持ちする工夫をしたり、人にもカードにもやさしいカードゲームを目指しています。

※カードのイラストは制作中のため変更になる可能性がございます。



6

小さなお子様から年配の方まで遊べるようなやさしいルールなので、どこでもだれとでも遊べます。

7

お友達や恋人と。

8

子どもたちの遊びや家族の団欒に。



2_1

pyx.isは、2012年1月1日、某IT企業エンジニアのSyuと幼馴染のJinにより結成されました。
メンバーには社会人だけでなく学生もおり、それぞれが時間を見つけて活動しています。
サークルの主な活動として、毎週土曜日にwebミーティングを行い、各自の活動報告や今後の方針などを話し合っています。
また積極的にイベントを主催したり、ゲームに関するイベントに参加したりしています。

下記サイトに私たちについての詳細やゲームの詳しいルールなどを掲載しています。ぜひお越しください。

ホームページ:
http://circlepyxis.web.fc2.com/

ブログ:
http://circlepyxis.blog.fc2.com/

Twitter:
ピュクシス公式アカウント @pyx_is



10

・オリジナルメッセージカード
大切な人へのちょっとした贈り物にメッセージを添えられる、pyx.isオリジナルデザインのメッセージカードをお贈りいたします。

・ゆめ描き
11

pyx.isのオリジナルカードゲーム「ゆめ描き」を支援者様にお贈りいたします。
「月のはこ」と「星のはこ」の2種類があります。
※2,000円のリターンではプロジェクトサクセス後、「月のはこ」と「星のはこ」のうちどちらかをメッセージにてご指定いただけます。
※3,500円以上のリターンでは支援者様へ2種類をセットにしてお届けいたします。
※写真のカードは試作品のため一部に色が付いておりません。

・子どもたちへの贈り物
12

施設で暮らす子どもたちへ「ゆめ描き」をお贈りいたします。
プロジェクトサクセス後、子どもたちへの贈り物を「月のはこ」と「星のはこ」からリターンに設定された個数分、メッセージにてご指定いただけます。
「ゆめ描き」を贈りたい施設がお決まりの方は、ご指定いただけます。

・ばぁくのお茶会Special
13

「ばぁくのお茶会Special」に支援者様と支援者様の大切な方1名の計2名様をご招待!
「ばぁくのお茶会Special」ではpyx.isメンバーとお茶を飲みながら、「ゆめ描き」やその制作過程で生まれた未公開ゲームを遊べます。
一緒に素敵なティーパーティーを楽しみましょう!
日時:2013年11月中旬頃を予定
場所:都内某所

※25,000円のリターンではpyx.isオリジナルグッズのスペシャルセットをおみやげとしてお渡しいたします。
※参加人数が10名を越える場合、複数回に分けての開催となり、開催時期が11月上旬から下旬程度まで前後する可能性がございます。その場合は改めて詳細な開催日程をメッセージにてお送りします。



14

私たちは「ゆめ描き」を通して、やさしさや思いやりを持った方が少しでも増えれば良いなと思っております。

毎日の生活は忙しく、つい余裕をなくしたり、ギスギスしたりしてしまいがちです。

たとえば電車に乗るとき、我先に乗り込む人を見て、みなさんはどう思われますか?
先日も電車に乗っていると、降りる人に逆らって乗り込もうとしている人がいました。
しかし、よく見ると降りようとしていた人も、その人のために少し道をあけていました。
どうやら乗り込もうとした人は体調が悪く、どうしても座りたいようでした。
それまでは「降りる人が先」というマナーが大切だと思っていましたが、時にはやむを得ない事情を気遣う思いやりを持つことも必要だなと感じました。
それ以来、マナーだから、決まりだからというのではなく、周りの人への思いやりを持ち、よく考え行動することが大切だと思うようになりました。

ですが、自然にそれを行うことはなかなか難しいものです。
どうすればそんな風に相手を思いやることができるのでしょうか?

一番の近道は、周りの人とふれあうことだと思います。
そして、人とふれあえる身近な遊びがある事に気がつきました。
それが「カードゲーム」です。

カードゲームは、二人以上で遊ぶものです。
また、相手との協力や競争をしてこそ、楽しめるものです。

たとえばトランプの大富豪(大貧民)では、あがった順に高い地位に就けます。
最も高い地位である「大富豪」になった人にはボーナスが与えられ、次の回にその人より早くあがることは難しくなりがちです。
そこで、2位以下の人たちが協力して1位の連勝を防いだり、ほかの人のカードを予測したりしながら、1位を目指していきます。
その際、相手の思いもよらない行動に上手く対応することも大切でしょう。

いずれにしても、遊んでいる間は自然と相手を意識することになります。
そしてゲームを終えたとき、相手との仲はゲームをする前よりも深まっていることでしょう。
このように相手のことを考え、仲を深めることが、人を思いやるきっかけになるのではないかと考えています。
私たちが作る「ゆめ描き」もそんなゲームの1つになることを目指しています。

人にやさしくできる方は、ポジティブな気持ちであることが多いそうです。
顔を合わせて楽しく遊ぶことで、子どもに限らず忙しい大人も、今より少しやさしい気持ちになれる1つの「遊び」として、ゆめ描きを応援していただければ幸いです。



15

CAMPFIREへの投稿準備をしていたとき、児童養護施設の関係者からこんな話を伺いました。
子どもたち同士のコミュニケーションツールとして一緒に遊べるようなものが必要というお話です。
そこで、私たちにできることを考えたところ、施設の子どもたちへ「ゆめ描き」を贈ることを思いつきました。
いくつかのリターンに子どもたちへの贈り物を含めましたので、ご賛同いただける方はよろしくお願いいたします。
また、施設の関係者で「ゆめ描き」をご希望の方はご連絡ください。
プロジェクトサクセス後、「ゆめ描き」を優先してお贈りいたします。

pyx.isというサークル名には化粧箱という意味があります。
私たちの活動が、みなさまや子どもたちへのささやかな贈り物になれば幸いです。
ご支援よろしくお願いいたします。

※カードのイラストは制作中のため変更になる可能性がございます。
※子どもたちへの贈り物は、支援物品と施設のマッチングを行っている団体を通して、最適な施設にお贈りいたします。
※子どもたちへの贈り物を含むリターンでは、プロジェクトサクセス後にお送りするメッセージへの返信にて、贈り先をご指定いただけます。
※「ゆめ描き」をご希望の施設の関係者は当サークルまでご連絡ください。可能な限り優先してお贈りいたします。

  • 活動報告

    プロジェクト終了のご挨拶

    2013/09/25

    こんばんは pyx.isです 先程、プロジェクトが終了いたしました 残念ながら成功には届かず、目標金額の約半分にとどまるという結果になりました ご支…

  • 活動報告

    プロジェクト終了前最後の活動報告

    2013/09/24

    こんばんは pyx.is代表のJinとSyuです 今日で目標のほぼ半分の支援が集まりました 募集終了まで、とうとうあと1日です 現在のペースですと、約20…

  • 活動報告

    「ゆめ描き」をあそんでいただいた感想をまとめました!

    2013/09/23

    泣いても笑ってもあと2日となりました! どうすれば、まだ実際にできていないカードゲームの魅力を伝えられるのかと考え、 これまでにゆめ描きを試遊し…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください