死と向き合う時、大切な人との関係が終わってしまうような悲しい気持ちになることもあります。確かに死は必ず訪れます。しかし、大切な人との関係は決して終わりません。Dearmond[ディアモンド]は遺骨や人の髪からつくられるダイヤモンドリング。生死をこえて、大切な人との関係をつなぐ指輪です。

プロジェクト本文

【リターン追加・刻印対応追加のご案内】

お手元に遺骨や髪の毛などがない方へのダイヤモンドを、ご用意しました。

4月25日に公開させていただいた、Dearmondですが「大切な人といつまでも寄り添って生きていくという想いに共感し、購入を検討しているが、どうしてもお手元に遺骨や髪の毛がない」とのお問い合わせを複数いただきました。

私たちがこの指輪に込めたメッセージは、「生死をこえて、大切な人との関係をつなぐ」ということ。そこに深く共感してくださり、この指輪にそれぞれの想いが込められるとしたら、もし遺骨や髪の毛がお手元になくダイヤモンドを0から創れないとしても、Dearmondを身につけていただく方法を考えたい!と思い、どうにか形にできないかと検討しました。

そして、この度プロジェクトメンバーで協議した上で、お手元に遺骨や髪の毛がない場合でも、Dearmondをご購入いただけるよう新しいラインナップを、リターンとして追加させていただきます!ダイヤモンドの数量の関係で、現状ご用意できるのが5名さま分となります。


勿論デザインはそのままで、ダイヤモンドだけが変わるという仕様になります。

------------------------------------------------------------------------

・ダイヤモンド:カナダ産のエシカルダイヤモンド(サイズ:約2mm)
*ジュエリーブランドHASUNAで取り扱いをしているダイヤモンドを使用。
*メレダイヤのため、鑑定書、鑑別書、産地証明書は付きません。予めご了承ください。

・金額:¥180,000(税別)

------------------------------------------------------------------------

にて、対応させていただきます。


また、大切な人とのつながりをより感じていただけないかと検討した上で、お名前などを刻印できるように致しました。こちらは、遺骨や髪の毛からダイヤモンドをつくられる場合でも、同様に刻印可能となります。

------------------------------------------------------------------------

【使用可能文字】文字数:10文字以内
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
0123456789
&,to,-
あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをん
※濁音・破裂音も対応可能です。
※書体は、ゴシック体・筆記体等からお選びいただきます。(英字・日本語により使用できる書体が変わりますので詳細はお問い合わせください)

------------------------------------------------------------------------
Dearmondのダイヤモンドは、身につけた人にまっすぐに向くように設置されています。だから、あなたが指輪を見る時、ダイヤモンドもあなたを見つめます。また、円をつなぐようにダイヤモンドが埋め込まれたデザインは、「一度切れそうになった縁をつなぎなおしたい」「生死をこえて大切な人といつまでもつながっていきたい」そんな想いを表現しています。


もし、お手元に遺骨や髪の毛がなく諦められていた方も、再度ご検討いただけたら幸いです。

 

はじめまして。ページをご覧いただきありがとうございます。Re.ing[リング]の松村と申します。

このプロジェクトは、日本初のエシカルジュエリーブランド「HASUNA」と、ビジョンクリエイティブ集団「NEWPEACE」が、合同でスタートした

「指輪を通じて、多様なパートナーシップのあり方を問い直す」プロジェクトです。

 

突然ですが、友達や同僚から「指輪を買った」と聞いた時、皆さんはどんなことを想像しますか?多くの方は、“結婚”や“婚約”、あるいは“恋人”という言葉が浮かぶと思います。薬指に光る指輪を見れば、この人にはパートナーがいるんだな、と思いますよね。

僕たちにとって、指輪は関係性=パートナーシップの象徴です。身につけることで、相手の存在を感じたり、想いを込められたり、祝福されたり。そんなあたたかいパワーを感じられるのは指輪ならではだと思います。

僕たちRe.ing[リング]は、指輪がそんな幸せな関係性の象徴だとしたら
それは1対1の男女のためのものだけではないのでは、と考えました。

本来人と人、人とものの関係性や、パートナーシップの形も、一つではないはず。
指輪を通じて、たくさんの幸せな関係性が祝福されるような世界をつくることができたら・・・。
そんな想いで、指輪のあり方を見つめ直すことから始め、2018年中に、9つの指輪ブランドの立ち上げを目指しています。

 

その一つが、「生死をこえてつなぐリング」。遺骨や髪の毛からつくられたダイヤモンドが輝く、世界でたったひとつの指輪です。

大切な人を亡くした経験は、きっとみなさまにもあると思います。

僕の場合は、おばあちゃんでした。5年前に亡くなりました。病気だったわけでもなく、その日もいつも通り元気だったので、本当に突然のお別れでした。

 

社会人になった姿も、結婚式も見せてあげられなかった。もし今見せてあげられたらどれだけ喜んでくれただろう。それを思うと、今でも悲しい気持ちになります。

でも、きっと僕以上に悲しい想いをしたのはおじいちゃん。長年寄り添ってきた大切な人が、突然いなくなる。その悲しみははかりしれません。

おじいちゃんは、本当におばあちゃんのことを大事にしていました。

おばあちゃんの代わりにご飯をつくったり、おばあちゃんが疲れてそうだったら肩を揉んであげたり。おばあちゃんが体調を崩した日にはつきっきりで看病していました。また、年に1回必ず2人で旅行に行っていました。思えば、僕はおばあちゃんがおじいちゃんに対して怒っている顔を見たことがありません。

そして今でも、おじいちゃんのおばあちゃんへの想いは変わっていないように思います。

月命日になると、おじいちゃんは必ずおばあちゃんに会いにお墓へ足を運びます。そこで、自分のことや僕たちのこと、親族のことを話しているそうです。僕もたまに一緒に行くことがありますが、おじいちゃん帰るときにはいつも「またくるね」と優しく声をかけます。

そして、今のおじいちゃんの携帯電話の待ち受けは、おばあちゃんとの写真。そんなおじいちゃんの姿を見ていると、たとえ離ればなれになっても、2人はずっと夫婦なんだと改めて思わされます。

おじいちゃんはこの写真を携帯の待ち受けにしています。

そんな2人の関係性を、新しく指輪でつなぐことができたら、悲しいお別れも、少しだけ前向きな気持ちで受け入れることができるんじゃないか。「生死をこえてつなぐリング」をつくろう、とプロジェクトが立ち上がった時、最初に思ったことはそんなことでした。

お別れは確かに悲しいことです。でも、それによって今までの関係性がなくなるわけではありません。そこに指輪でつながるという選択肢があれば、変わらない想いを形として持つことができる。お墓に行けなくても、大切な人をすぐ近くに感じることができる。それはとても素敵なことではないでしょうか。

それに、いつか誰もがその命を終える時がきます。そんな時、大切な家族に「いつまでも近くにいるよ」という気持ちを、指輪と一緒に残すことができれば、その先もずっとつながっていけると思うのです。

 

そんな想いでつくったのが、生死をこえてつなぐリング「Dearmond」。Dearmondは、遺骨や髪の毛からつくられたダイヤモンドが輝く、世界でたったひとつの指輪です。 

遺骨や髪の毛からダイヤモンドができるの!?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。特殊な技術といくつもの工程を経ることで、それは可能になります。今回はハートイン・ダイヤモンド様のご協力もあり、こうしてDearmondをつくることができました。

ハートイン・ダイヤモンド様は日本を含む世界10カ国以上にてサービスを展開、これまでに数々のダイアモンドを生成された実績をもつ会社です。

Dearmondで使用するダイヤモンドは、

1.必要炭素量の分析

2.炭素の抽出

3.黒鉛化

4.ダイヤモンドの生成

5.職人によるカッティング・仕上げ

の5つの工程によって、生成されます。
約4ヶ月という時間をかけて、美しいダイヤモンドは出来上がります。

詳しいダイヤモンドの製造工程はこちらからご覧いただけます。

 

なお、Dearmondで使用するダイヤモンドは、鮮やかなブルーが輝きます。

 

今回のチャレンジでは、3つだけリターン(ご購入枠)としてご用意させていただきました。ひとつひとつの製造に時間がかかるものため、どうしても数量限定でのご用意となることご理解いただけますと幸いです。

また、これだけの時間と技術を必要とするため、金額が120万円という高額にはなりますが、僕たちはそれだけの価値がある指輪だと信じています。

Dearmondのダイヤモンドは、身につけた人にまっすぐに向くように設置されています。だから、あなたが指輪を見る時、ダイヤモンドもあなたを見つめます。また、円をつなぐようにダイヤモンドが埋め込まれたデザインは、「一度切れそうになった縁をつなぎなおしたい」「生死をこえて大切な人といつまでもつながっていきたい」そんな想いを表現しています。Re.ingのプロダクトデザインを支えるNOSIGNER代表の太刀川さんを中心に議論を重ね、このデザインにたどり着きました。

生死をこえて大切な人とずっと一緒に生き続ける、そんな生き方にDearmondが寄り添っていければと願っています。

 

改めて僕たちのプロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。

僕たちのゴールは単に指輪を売ることではなく、指輪を通じて多様なパートナーシップ、生き方が祝福される世界をつくることです。そのため、1つだけではなくたくさんの多様な関係性の側に指輪があったらな、という想いで開発をしています。2018年中に、以下のスケジュールでどんどん指輪を世の中に送り出して行くこと。それが今の目標です。



また、1人でも多くの人に僕たちの指輪や想いに触れてもらえる機会をつくりつづけていきたいと思っています!

実際の指輪の購入以外で頂く支援金については

■指輪の開発・量産資金
■指輪をご試着いただける場をもつための費用
■パートナーシップのあり方を見つめ直すための座談会やイベントの実施費用
■パートナーシップに関するインタビュー記事の制作、発信などの費用

など、Re.ingのこれからの活動費として使用させていただきたいと思っています。少しでも共感いただけましたら、ご支援いただけると嬉しいです。SNSでシェアいただく、取材をしていただくなど、パトロンになる以外の形のご支援でももちろん嬉しく思います。僕たちは、みなさんと一緒に、このプロジェクトを大きくしていきたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

【Dearmondのリターンをお選びいただく方へのご案内】

●返品・不良品について
商品には常に万全を期しておりますが、商品に不備があった場合や配送中の事故等で破損が生じた場合、また異なる商品がお手元に届いた際は、送料弊社負担で速やかにお取替え(場合によってはご返金)させていただきます。

商品到着日より7日以内にメールにてご連絡ください。
それを過ぎますと、返品、交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

また、ご注文内容や商品の状況によっては返品に応じられない場合もございます。

※返品に応じられないケースの例
・ ご支援者様が商品を破損させた場合。
・ イメージと違うという理由で返品を希望する場合


●返品送料について
・商品に不備があった場合や配送中の事故等で破損が生じた場合、また異なる商品がお手元に届いた際は、送料弊社負担とさせていただきます。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください