▼はじめにご挨拶

はじめまして。

おいけファーマーズの代表をさせて頂いております白井雄太と申します。

おいけファーマーズは和歌山県日高郡日高町小池を中心に活動する

若い農業家グループです。主にお米の生産を手がけております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

お米も獲れたてが一番美味しいということをみなさんに知ってもらいたい。

収穫から発送までを最小限にして、みなさんのお手元にお届けしたい。

おいけファーマーズはこのプロジェクトでお米の産地直送に挑戦したいと思っております。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

おいけファーマーズは高齢化による担い手不足におちいった、

耕作できていない田んぼをお貸し頂き再生させ、若い世代により

農業を活性化させるべく発足したグループです。

まだまだそういった田んぼも多く、若い人を雇う資金がない為

みなさまのご協力いただくためにプロジェクトを立ち上げました。

▼みなさんお米はいつどこで買っていますか?

いつ? お米が無くなった時? どこで? スーパーとか?

お米はいつでも購入できて、季節は関係ないと思っていませんか?

お米も農産物です、野菜や果物同様、収穫の季節があります。

お米もやっぱり新米収穫したてが美味しいんです。

▼新米って?

みなさんは知っていますか?

新米と古米の区別には明確な差はないのです。

獲れて何ヶ月というのも購入する人にはわかりません。

何ヶ月も経っても新米と表示されるものもあります。

本当の収穫してすぐのお米をみなさんに感じていただきたい。

▼新鮮な新米の美味しく食べるには

収穫してまもないお米は、中に含まれる水分量が多く

お米を炊く際には炊飯器等の表示の水の量では多すぎます。

炊くお米の量にもよりますが炊く際の水の量はぐっと減らして

炊いてください。新鮮さがそこにあります。

▼只今発育中です

秋の収穫時期までまだまだ遠いですが、和歌山の自然の恵みをいっぱい

にあびて只今発育中です。

 

▼収穫時期、リターンの発送について

収穫時期は9月~10月にかけてになります。

収穫し、乾燥させたお米を玄米の状態にて袋に詰めたものを

収穫するそばからすぐ発送させていただきます。

順次発送の為、到着時期はみなさんバラバラになります。

早ければ9月に到着いたします。

▼資金の使い道

調達した資金は今後のおいけファーマーズの運営資金に充てさせて頂きます。

▼リターンについて

2016年産のキヌヒカリ玄米30kg1袋をお届けします。(画像の袋は変更

する場合がございます。)

10kgはこの画像の3分の1のサイズになります。

複数の場合、同じく玄米30kg×数量をお届けいたします。

▼最後に

日本人にとってお米はなくてはならないものだと思っております。

TPPにて海外のお米もこれから流通していくでしょう。

でもおいけファーマーズはこれからもお米を作り続けていきたいと

思います。

どうか、ご協力お願い致します。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください