文章を書くのが苦手な僕koukeが、小説を書いたりライティングしたりプロジェクトを作ったりしています。 このファンクラブは、Facebookグループを利用して、一から何かを作りたいというエネルギーだけでどこまでいけるのかを実験する場所です。

プロジェクト本文

▼はじめに

僕には、何もできることがありません。

これまでの人生で、何かをやり遂げたこともありません。

でも、やりたいことはたくさんあるんです。

その一つが、小説を書くことです。

もともと、文章を書くのが嫌いだった僕は、小説を書くこと依然に文章を書きたいとも思いませんでした。

それを変えたのが、僕の仕事の介護だったんです。

グループホームという施設に勤めていたころ、夏祭りの企画で歌を作ろうということになり、僕が歌詞を書くことに。

それまで歌詞なんて書いた経験もなく、でも無理やり書いているうちになんだか楽しくなってきたのです。

その夏祭りがきっかけで、僕はブログを始め、ブログで歌詞を書くようになりました。

それと同じ時期に、VALU(https://valu.is/kousuke122)というSNSサービスに出会いました。

僕はVALUで、小説を書くという決心をしたのです。

VALUがさらに僕を変えてくれました。

自分のやりたいことに蓋をしない。

そう思わせてくれたんです。

そして、kindleで小説を出しました。

おじいちゃんと(兵藤幸輔)

小説を書くことで、僕は自分を少し表現できるようになりました。

 

▼ファンクラブ開設

 楽しむこと、それが一番だと小説を書いていて思います。

楽しい気持ちの時に書いた文章は、読んでいて自分でも面白いと感じます。

そこで、その楽しい気持ちを共有したい。

その一つの手段として、Facebookグループを使ったファンクラブの開設に至りました。

 

▼ファンクラブの目的

今、koukeとして活動しているのは

VALU、ブログ、Instagram、Twitter

この四つです。

これらの活動を集約して、もっと面白いものを作れないか模索していきます。

そして、

楽しいを共有する。

面白いを考える。

アイディアを議論する。

この目的を実行するために、企画を作ります。

▼リターンについて

 Facebook非公開グループへ招待します。

Facebookのアカウントをお持ちでない方はご利用できませんのでご注意ください。

Facebookグループでは、ファンクラブの目的を遂行するために日々活動の報告を行っていきます。

▼プロフィール

kouke(兵藤幸輔)

生年月日:1990年1月22日

デイサービスで介護員として働いています。

VALUというサービスを知り、優待として小説を書き始める。

kindleで本を出版。小説を書く楽しさに目覚めました。

介護員をしながら、小説を書き続けています。

介笑ifプロジェクトとして活動もしています。

▼最後に

まだ、始まって間もないファンクラブですが、楽しいを追求していきたいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

▼注意事項

Facebookグループ内での、誹謗中傷、他人を傷つける発言、勧誘行為は止めてください。

お支払いはクレジットカードのみとなります。

支援していただいた後の、ご返金はできませんのでご了承ください。

Facebookアカウント必須です。

  • Kaiwalife  4 .jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    VALUでの連載小説更新しました。

    2018/09/23 20:48

    僕がVALUで週一回更新している小説、 「とんでもなく大きな壁という名のなにか。(仮)」 を更新しました! 今回はとにかく物騒な内容になってます。 更新後の後話もあります。 URLはこちら→https://valu.is/users/feed/2702125 VALUを始めて9か月...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください