現在、アマゾンkindleで電子書籍化されている「キングファイアシリーズ」は日本および周辺国で採用されている星や曜日の、”日”、”月”、”火”、”水”、”木”、”金”、”土”を自在に操る能力者たちがニューヨークを舞台に死闘を繰り広げる、SFアクションです。これを英語翻訳し、世界中で発表します。

プロジェクト本文

大根人(ペンネーム)と申します。ハリウッド映画の題材となるような小説を書いております。自分の作品が最終的にハリウッド映画になることを目標にしています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

現在、日本語で書かれ、amazonサイトで販売されている「キングファイアシリーズ」第2、3作を専門の方に英語翻訳して頂き、世界で通用する書籍として、販売したいと思っています。同時に概要でも書きましたが、同シリーズは”日(太陽)”、”月”、”火”、”水”、”木”、”金(属)”、”土”を自在に操る異能者たちが米国、ニューヨークを舞台に死闘を繰り広げるSFアクションで、ハリウッド映画の題材となると自負しております。本プロジェクトが実現した際は、これを武器に映画化を働きかけたいと考えています。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

最終的に映画化されるためには、言語が壁となります。キングファイア第1作は既に英訳化され、販売しておりますが、このシリーズは三部作であり、最終の第3作までやらないと、完結せず、むしろ、第3作がこのシリーズの核心です。そのため、皆様のお力添えで、3部作を完成させて頂きたいと考えた次第であります。

▼これまでの活動

2012年に「神様がくれた六十分」という書籍でデビュー致しました。その後、本プロジェクトにてお願いしている「キングファイアシリーズ」3作、「湘南江ノ電夏物語」、「視聴率を上げる15の法則」、「大根人_短編集1」をamazon kindleサイトにて販売しております。現在は「キングファイア」をはじめとした海外を舞台にした、ハリウッド映画の題材となる作品を書き続けています。

▼資金の使い道

基本的には翻訳者に支払う費用(200万円)、および、米国ハリウッドに売り込むためのキングファイアの宣伝費用(50万円程度)、渡米のための準備費用(100万円程度)として活用させて頂きたいと考えております。

▼リターンについて

英訳化された書籍(英語版)に著者のサインをつけて、送りたいと考えています。金額に応じた、特典として、物語の肝となるミサンガ(著者オリジナル発注)を、お送りしたいと思います。

▼最後に

非常に不躾ではございますが、皆様のお力添えを頂き、日本から世界に出て行こうと考えておりますので、宜しく、お願い致します。米国ハリウッド進出の第一歩を皆さんと歩んでまいりたいと思います。

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    キングファイアシリーズの値下げ(5月5日まで)

    2018/04/15 19:27

    アマゾンジャパン(Amazon.co.jp)のkindleサイトで販売している「キングファイアシリーズ」3部作の価格をそれぞれ設定価格ギリギリの税込100円に設定させて頂きました。皆様に負担を強いるようなことになり、申し訳ありませんが、どうか、日本語版ををご覧頂き、ハリウッド映画の題材になるよ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください