社会課題の解決をみんなで支え合う
無料掲載をご検討の方はこちら

プロジェクトオーナーの手数料の負担は一切なく、支援者さまからのご協力費(12%+税)により運営しています。

ネクストゴール60万円に挑戦!(4/19追記)

この度は「みんなが生きやすい世界を描く絵本プロジェクトにご関心、応援いただきましてありがとうございます。

皆様のご支援のお陰で目標金額40万円を達成いたしました。

ここまで来られたのはたくさんの方のご協力のおかげです。本当にありがとうございます!!!

このプロジェクトの目標は「障がいに対する差別・偏見を無くし、誰もが生きやすい社会をつくること」です。

つきましては、絵本の製本方法を上製本にするためネクストゴール60万円に挑戦いたします!

現在絵本の製本方法は簡易製本(中央をホッチキスで留める製本です。パンフレットや週刊誌で使用される方法です)を考えております。ですが、簡易製本は耐久性が低く、図書館や学校で幼い子が何人も読むと長持ちしません...

そこで上製本へのネクストゴールに挑戦いたします。上製本は、ハードカバーとも呼ばれる、厚紙の入った硬い表紙の本に用いられている製本方法です。一般的に絵本と言われて考えつく形でもあります。上製本で丈夫な強い絵本にして、これから生まれる子どもたちにもこの絵本を読んでもらい、誰もが生きやすい世界に近づけたいです!

あと数日ですが、引き続きご支援と拡散よろしくお願いいたします!

たんぽぽくらぶ

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


プロジェクトの実行者について

たんぽぽくらぶは、高校生が主体となり、障がいへの理解を深めるために2022年11月から活動を始めた団体です。私たちは誰もが生きやすい世の中をつくるために力を合わせています。いままでの活動は下のInstagram ・ X(Twitter)のリンクからご覧いただけます。

たんぽぽくらぶ Instagram

たんぽぽくらぶ X(Twitter)


このプロジェクトで実現したいこと

私たちの目標は、さまざまな特性を持つキャラクターが登場する障がいをテーマにした絵本を作成し小さなころから障がいについて知る機会を提供することです。

障がいについての理解を深めるためには、幼少期から身近な場所で触れる機会が重要だと考えます。絵本は子どもたちにとって身近な存在であり、絵本を通じて障がいについての理解を広めることができると考えています。


障がいをテーマにした絵とは?

タイトルはガラクタやまのひこうきさん

あらすじ 

主人公のうさぎさんが通う「たんぽぽ幼稚園」では、決まった日々の繰り返し。「こんなのじゃつまらない!」と幼稚園を飛び出してたどり着いたのは、裏庭のガラクタやまでした。そこでは飛べなくなってしまい自信をなくしたひこうきさんが泣いていました。うさぎさんはお友達と協力してひこうきさんを直そうとしますが...


実は、この物語に登場するキャラクターたちは、それぞれ「障がいの特性」を持っています。しかし、彼らはそんな自分たちの”特徴”をおかしなこととは思わず、皆それぞれの”個性”としか思っておらず、互いに自分が得意なことを活かして目的を達成しようとがんばります。

例えば、主人公であるうさぎさんにはADHDの特性があります。注意欠如・多動性が見られるADHDですが、このお話ではそれを「行動力」としてポジティブな捉え方に変換し、お話のきっかけとなる重要な役割を担っています。

また、飛べずに悩んでいたひこうきさんは、うつ気味のキャラクターとして登場します。最後にひこうきさんが飛ぶかはグループ内でも話し合い、私もうつ病の当事者としてどんな結末を迎えるべきかとても悩みました。熟考の末、飛べないことにしました。周りからの応援はとても力になると思いますが、それだけでうつがすぐに治ることはありません。この絵本でそれぞれのありのままを受け入れることが重要だというメッセージが伝われば幸いです。

画材は障がい者雇用で有名な日本理化学工業様の「キットパス」を使用するなど、細部までこだわりを持って制作しております。


プロジェクト立ち上げの背景

身近な人の発達障がいをきっかけに、日常生活の中で障がいを持つ人々が直面する様々な生きづらさ偏見を目の当たりにしてきました。これらの問題は理解の不足から生じる場合が多く、社会全体で障がいについての理解を深める必要があると感じました。

そこで私たちは、絵本を通じて子どもたちに障がいについての知識や共感を育む機会を提供することで、将来的にはより包括的で理解ある社会の形成に貢献したいと考えました。


これまでの活動と準備状況

主催者であるたんぽぽくらぶは、障がいへの理解を深めるために活動を始めた団体です。

私たちは、誰もが生きやすい世の中を実現するため、高校生が主体となりこれまでに以下のような活動を行ってきました。

養護学校教諭の方や指定障がい福祉サービス事業所の方へのインタビュー・障がいについてお話を聞く会養護学校教諭の武田様とお話させていただきました

障がいについての勉強会

高校生向けイベントの主催

雑誌 コロンブスへの掲載

地元ラジオ局(あすラジ)への出演

地元イベントへの出展

現在はこのプロジェクトの絵本作成に力を入れています。

絵本作家のラーワーちひろ様にもご協力いただきました。ラーワーちひろさん Instagram


リターンについて

このプロジェクトへのご支援いただいた方には、特別なリターンをご用意しております。

目玉として私たちが制作した絵本をお届けします。他にもイメージキャラクターである「ぽぽんたぽぽんたや作品内のキャラクターの限定缶バッチ2個・ステッカー・たんぽぽくらぶサポータ認定名刺をお送りいたします。5名様限定でキャラクターと似顔絵のリターンもございます。 目標金額を上回った場合はこれからの活動経費にさせていただきます。

またInstagram・X(Twitter)にて作成プロジェクトの進捗状況や活動状況をいたします。どのリターンも、私たちの活動へのご支援に感謝の気持ちを込めております。


実施スケジュール

プロジェクトの実施スケジュールは以下の通りです。
・制作開始日:2023年2月(作成中)
・絵本の完成予定日:2024年7月
・リターンの発送予定日:2024年8月
プロジェクトの進捗状況に関しては、定期的に更新情報を配信いたしますので、ご安心ください。


最後に

このプロジェクトにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。私たちは、障がいをテーマにした絵本を作制し、小さなころから障がいについての理解を促す場を提供したいと考えています。皆様のご支援があれば、私たちの活動をさらに広げることができ、多くの人々に届けることができます。ぜひ、私たちのプロジェクトにご協力いただき、共に社会をより良くしていきませんか?皆様の支援をお待ちしております!よろしくお願いいたします。


追記:同じ山形県新庄市の地域開発グループ WATSさんにお知らせ動画を作成していただきました!ぜひご覧下さい♡ →https://youtu.be/61SMjlazl_Q?si=5wyqIARx9X-5HPSs">WATSさん制作 お知らせ動画(YouTube)

支援金の使い道

集まった支援金は以下に使用する予定です。

  • 広報/宣伝費

  • リターン仕入れ費

※目標金額を超えた場合はプロジェクトの運営費に充てさせていただきます。

  • 2024/07/11 18:05

    こんにちは!たんぽぽくらぶです!前回の活動報告から時間が空いてしまい申し訳ありません。この場で無事クラウドファンディングが終了できた事のご報告とお礼が出来ていませんでしたので、今更ながらお礼をさせてください!まず、無事クラウドファンディングを終了することができました。本当にありがとうございまし...

  • 2024/04/19 17:04

    こんにちは!たんぽぽくらぶです!本日目標金額を達成しました!!!!!!本当にありがとうございます!最初はどこにでもいる平凡な高校生が40万という大金をあつめられるのか...?という気持ちでいっぱいでした。毎日、たくさんの方に協力してもらったのに達成できなかったらどうしよう、申し訳ないなあと思っ...

  • 2024/04/18 08:00

    こんにちは!たんぽぽくらぶです!季節はすっかり春ですね〜 新庄も桜が綺麗です♪そうこうしているうちにクラウドファンディングもあと1週間...!緊張しますね... こっちにもサクラ咲きますように!!いよいよラストスパートということで、出すべきか迷っていた絵本のラストを概要に追記しました!このラス...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください