『辛坊治郎×岩本光弘』スリルと夢にあふれる対談トークショー開催!!小型ヨットで太平洋横断に挑むも、鯨に船底と夢を破られる。遭難劇から5年。折れそうになる岩本さんの支えになってくれたのが「あん摩」の仕事。ロマンとスリルあふれるお二人のトークが皆さんの夢と勇気と感動を呼び覚まします。

プロジェクト本文

▼対談トークショーの概要

辛坊さんはテレビやラジオで名を馳せておられるあのニュースキャスターです。

岩本さんは米国サンディエゴであん摩クリニックを経営する全盲のヨットマン(元筑波大学附属盲学校教員)。

二人は2013年に小型ヨットで太平洋横断に挑みますが不運にもクジラに船底と夢を破られてしまいます。遭難劇から5年。折れそうになる岩本さんの支えになってくれたのが「あん摩」の仕事だったそうです。

この体験に根ざしたロマンとスリルあふれるお二人のトークは、閉塞感がただようプロのあん摩師の世界に、夢と勇気と感動を呼び覚まし、元気を吹き込んでくれるに違いありません。

▼はじめにご挨拶

皆様はじめまして。あん摩マッサージ指圧コンテスト2018実行委員会です。

7月28日(土)、「あん摩マッサージ指圧コンテスト2018」(一般財団法人 一枝のゆめ財団主催)が東京竹橋のマイナビ本社パレスサイドビル9階を貸し切って開催されます。

国家免許を持つ腕利きのあん摩マッサージ指圧師が集い、プロフェッショナル最高峰の座を競うわが国初のチャンピオンシップです。

市民の目とプロの目で選ぶ「あん摩プロ日本一」。その栄冠は誰に輝くでしょうか。

「辛坊治郎×岩本光弘トークショー」は、このワクワク・ドキドキのステージに花を添えるメイン・イベントとして企画されました。

 

◆ 講演者のご紹介

辛坊治郎さんはテレビやラジオでお馴染みのあのニュースキャスターです。

岩本光弘さんは米国サンディエゴであん摩クリニックを経営する全盲のヨットマン(元筑波大学附属盲学校教諭)です。

二人は2013年に小型ヨットで太平洋横断に挑みますが不運にもクジラに船底と夢を破られてしまいます。

遭難劇から5年。

失意のどん底から立ち上がった岩本さん。来年の春、太平洋横断に再チャレンジするそうです。

命の危険を冒してまで彼を大海原にいざなう信念とは何か? 

折れそうになった彼の心を支えてくれた「あん摩」の魅力とは? 

そして、辛坊さんをダブルハンドの冒険に駆り立てたものは何だったのか? 

「辛坊治郎×岩本光弘トークショー」は、夢と勇気と感動を呼び覚まし、皆様に元気を吹き込んでくれることでしょう。

 

◆4月13日に届いた岩本さんからのメッセージを紹介します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013年、ニュースキャスターの辛坊さんと太平洋横断に挑戦し、鯨とぶつかり、救命いかだで11時間漂流した後、海上自衛隊に救助されて今年で早くも5年となります。

サンディエゴの自宅に戻ってからも、どうして自分はこのような夢を持ってしまったんだろう、私がこのような夢を持ちさえしなければ辛坊さんをはじめ多くの方々にご迷惑をかけなくてすんだのに、大切な税金を使ってしまい申し訳ない。

そんなことを考えながら、しばらく家から外出できないくらい精神的に落ち込んでいました。

しかし、多くの人たちから励ましのメッセージやメールをいただき、少しずつ自分の脚で立ち上がることができるようになりました。

そして来年の春、太平洋横断にもう一度挑戦することにしました。

失敗してもいい、成功するまでチャレンジし続けるんだ、というメッセージを若い人たちに送るために。

                           岩本光弘

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「あん摩マッサージ指圧コンテスト2018」を企画した背景は以下のとおりです。

あん摩マッサージ指圧師は、国家免許であることや300年以上も民間に根づいている実績などから超高齢社会の大切な医療資源として活躍が期待されています。

ところが今、整体やリラクゼーションなど国家免許を持たない業者との激しい競争に押されて、すっかり元気をなくしているのが現状です。地域に11万人もいるプロのあん摩師が生き生きと活躍すれば、地域の医療は大きく改善・充実することでしょう。

あん摩を生業とする業者、とりわけ視覚障害者業者の生活(2015年分の年収の中央値は128万円:藤井調べ)も向上するはずです。

そのためにも業界に活気と賑わいを呼び戻したい。

私たちのこの切なる願いの実現に一役買ってもらおうと「辛坊治郎×岩本光弘トークショー」を企画しました。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

あん摩マッサージ指圧師だけでなく、日本中の老若男女に夢と勇気と感動を与えたい。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

現在のあん摩・マッサージ・指圧の市場は、整体やリフレクソロジーなど国家免許を得ずにあん摩・マッサージを行う違法な業者が急増しています。

その影響を受けて、近年、経営難に陥るあん摩師が続出するようになりました。

とくに、患者宅への移動や保険事務に困難な視覚障害者の経営状況は深刻で,やがては日本の風土が育んだ貴重な職業文化が廃れてしまいかねません。

この状況を打破し、あん摩マッサージ指圧師に夢と勇気と感動を与え、業界に活気と賑わいを取り戻すことによって、地域の医療が充実・活性化されることを確信してやみません。

こうした危機感や地域医療への想いがプロジェクトを着想するに至った動機です。

▼これまでの活動

あん摩マッサージ指圧師の世界に活気と元気を吹き込むことを目的としたこの種の講演会はめずらしく、業界でも初めての試みだと思います。

▼資金の使い道

会場費、運営費(岩本さんの米国と日本間の航空代金を含む)として使わせて頂く予定です。

▼リターンについて

協力いただいた皆様には、一枝のゆめ財団からのお礼状、

「辛坊治郎×岩本光弘トークショー」の入場券を贈呈いたします。

また、同時開催するマッサージや健康に関するミニ講演会など、当日行われる様々なイベントの参加券の贈呈などを準備しております。

なお、当日来場できない方のために「辛坊治郎×岩本光弘トークショー」の動画視聴権を贈呈いたします。

このプロジェクトは目標金額に達成しない場合でも実施いたします。

▼最後に

元気が失せかけたプロのあん摩師と業界に夢と勇気と感動を与えたい。

「失敗してもいい、成功するまでチャレンジし続けるんだ、というメッセージを若い人たちに送るために。」。

岩本光弘さんの言葉を添えつつ、多くの方々からのご支援を、心よりお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください