写真家・渡辺澄晴氏(1928年生)が、1960年代にNYで撮影した写真をデータ化し、後世に残します。その作品の一部は1965年に写真集になりましたが、欧米のオークションで12万円もするなど入手困難です。50年が経ったいま、未公開の作品も含めた新たな写真集を作り、アーカイブの構築と写真展を開催します。

プロジェクト本文

 
1960年代に「ニューヨーク」を撮影した、
数少ない日本人写真家の貴重な作品を後世に残したい ! 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

ー 1960年代の「ニューヨークの写真」を後世に ー

写真家・渡辺澄晴氏(1928年/ 昭和3年生)が、1962-64年の2年間にニューヨーク

撮影した写真(ネガフィルム)をデー タ化し、後世に残します。その作品の一部は

1965年に写真集になりましたが、現在では入手困難です。

50年が経ったいま、未公開作品も含めた新たな写真集を作り、アーカイブの構築写真

を開催。未来の表現者へ、そして当時の生活を知る文化的史料としても活用が期待さ

れます。

▼プロジェクトを立ち上げた理由

アーカイブの構築について

 写真のフィルムは時間の経過と共に経年劣化があり、保存環境によっては使用出来な

くなることがあります。渡辺氏の1962-64年における撮影は、もちろんデジタルカメラ

ではありません。放っておけば劣化し、再びプリントすることが出来なくなってしまい

ます。しかも、写真集に掲載しきれなかった未発表作品、多くの後世に“残すべき写真”が

ネガの状態で埋もれたままなのです。

 

 

 これらの写真を、ネガフィルムのクオリティーを十分に引き出せる世界最高水準のヨ

ーロッパ製のスキャナーによってデータ化したうえで、一コマずつレタッチャー(※1)

による調整を行い、アーカイバルプリント(※2)や、印刷可能な状態にしたいのです。

 つまり、この貴重な作品をデータ化し、当時の生活を知ることができる史料として、

そして当時のニューヨークを写し撮った数少ない日本人写真家の作品として未来に残し

たいのです。

※1)レタッチャー…レタッチ(データ調整)を行う専門家

※2)アーカイバルプリント…美術館収蔵など、

    恒久的に保存するための材料を使用したプリント。

 

 

 

写真集の制作について

 1962-64年に撮影された写真の一部は『ワシントン広場の顔』として、すでに写真集

になっています。しかし、この写真集は欧米のオークションなどに高額で出品されてお

り、(Dashwood Booksのウエブサイトでは、1,200ドル/約12万円の価格がついてい

るなど)現在は入手が難しい状況です。また、『ワシントン広場の顔』に収めきれなかっ

た作品の中には、まだまだ貴重かつ素晴らしい作品が埋もれています。

50年が経過した今だからこそ、大きく意味を持つ作品もあります。

 これらを掬いあげ、後世に伝えるによりふさわしい充実した写真集を制作したいので

す。制作には、数々の著名写真家の写真集を手がけてきた編集者の力を借ります。

リメイクとも言えますが、新たな写真集と表現した方が良いのかも知れません。

 

写真展の開催について

 より多くの方々に作品を目にしてもらう機会を設け、構築したアーカイブや写真集の

活用の充実をはかることを目的に、写真展(プリント展示&スライド上映)と出版記念パー

ティを開催します。

(東京・表参道に新たにオープンするギャラリーを予定しています。) 

 

 

 

ーーーーー1960年代のニューヨーク

 この頃のニューヨークは、戦後の好景気を受けて大きく成長していった時代でした。

ニューヨーク州の首都だけでなく、世界の、まさに「empire state」の首都へと花開い

ていったのです。

 また、自由主義、平和主義が叫ばれるなか、商業だけでなく、芸術の中心地として世

界の芸術家を魅了しました。彼らは賃料が安かった倉庫街にアトリエを構え作品を制作

したり、渡辺氏が通い詰めた「ワシントン広場」で、競ってパフォーマンスを繰り広げ

たりしていました。この街で、新しい芸術が生み出されていったのです。

現在、MoMA(ニューヨーク近代美術館)でも、実験的で学際的だった1960年代の芸術

を紹介する展覧会が開催されています。いかにこの時代の芸術が、熱をもっていたか、

今の時代にも新たな発見を与えてくれるかが分かります。

 

▼これまでの活動

渡辺氏について

 渡辺氏は、1962-64年の2年間にわたりニューヨークを撮影し、多くの写真を残しま

した。現地で生活しながら撮ったそれらの写真は、当時を生きたニューヨーカーの息づ

かいや街の様子を生々しく伝えてくれます。

 氏は、1990年と2013年にもニューヨークを訪れて撮影をおこなっています。それら

の写真についても、2014年に再び『ワシントン広場の顔』として新たな写真集にまとめ

ています。

 

渡辺澄晴(わたなべ すみはる):横浜生まれ。株式会社ニコン在籍時、写真家・土門

拳、木村伊兵衛、三木淳氏らと出会い、交流を続けるなかで、ニューヨーク滞在を機に

本格的な作品制作を開始する。著書に、『接写の技法』(1981年 研光新社)、

『実践ニコン・レンズマニュアル』(1984年 研光新社)、などがある。

日本写真作家協会名誉会長

 

▼資金の使い道

 いただいた資金は、ネガフィルムのスキャニングレタッチ費用、そして写真集の制

写真展開催費として利用させていただきます。目標額を超えることが出来た場合

は、出来るだけ多くのフィルムをスキャニングする他、当時(1962〜64年)の渡辺氏

撮影状況の資料を作成したいと考えております。

▼リターンについて

写真展会場にて、special thanks(ご支援者)としてお名前をパネル展示

写真集のSpecial thanks(ご支援者)枠に、お名前を掲載

写真展パーティにご招待 or オリジナルポストカードの贈呈

完成写真集の贈呈

アーカイバルオリジナルプリントの贈呈

以上のご用意をさせていただきます。

▼最後に

 私自身も写真家として活動しており、渡辺氏の2013年のニューヨークの撮影では、

一緒に街を撮影して回りました。氏は、かつてのニューヨークの記憶を探るかのように

街を歩き、ワシントン広場へも日に何度も訪れ、50年来の友人たちを探していたのを覚

えています。

※ 参考サイト http://www.jpa-photo.jp/topics/fumio-tanai/

 (ニューヨーク物語 8・11・17)

 

 自己資金は15万円 を準備しています。

1963-64年の作品は、「文化的史料」としても専門家の評価を得ており、是非このプロ

ジェクトを実現させたいと思っています。

 渡辺氏は現在もお元気で、この9月に88歳になられます。そのため、9月に展覧会 &

パーティを開催し、皆さまと共に、このプログラムの成功と渡辺氏の誕生日お祝

したいと考えています。 

ご支援のほど、どうかよろしくお願い致します。

  

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください