ミセス・インターナショナル日本代表選考会にて見事グランプリを受賞! 7月16~21日に開催されるアメリカの世界大会に向け、渡航費・滞在費など、多くの費用が必要です。 世界大会の大きな目的はチャリティー活動、コンテスタントは自費のため、私の世界一への挑戦とチャリティー活動にご支援頂けませんか?

プロジェクト本文

■自己紹介&社会貢献■

ミセス・インターナショナル 2018 日本代表 本田恭子(ほんだきょうこ)です。

現在は25歳で、家庭とモデルのお仕事を両立し、今年度からはミセス・インターナショナル2018日本代表として7月にある世界大会を控えながら、国内外で社会貢献活動を行なっていきます。

 

私は14歳から美術(デザイン・日本画)を学び、学芸員・教員免許(中学校教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状)を持っていることが強みです。



日本大会でのスピーチ審査にて、美術から学んだ自身のプラットフォーム、"心の強さ"を伝え、

子どもたちに絵を描くことを通して笑顔を与えること、最終的には"自分の学んだことを後世に伝えていく"ことを社会貢献の目標としております。



私は今の時代、少しだけ早く結婚することを決断しました。

年齢は関係なく、結婚しても成長できるということ、既婚女性のバイタリティ溢れる活動・社会進出家族の素晴らしさを同じミセスとして支援・社会貢献していくことも目標であります。

また本戦には、ミセスの活躍や輝きを支える存在である配偶者も参加することがこの大会の特色です。


■ミセス・インターナショナルとは?■

アメリカ、ウェストバージニア州に本部を置く、33年の歴史がある21歳~56歳までの既婚女性を対象としたコンテスト。

高いモラルや倫理スタンダードに基づく運営を行い、各分野で活躍する世界中のミセス達を応援し、社会貢献しながらさらに輝くことができる機会を提供することを使命としています。


■ミセス・インターナショナル2018 世界大会■

  

・開催地:ウェストバージニア州チャールストン(アメリカ)
・世界大会日程:7月16〜21日(16〜19日→pagent week、20・21日→本番)

pageant weekは、各国や地域の家庭のあり方や習慣、価値観などを学び合い、ミセスの精神を高め、各国の代表としての発信を行い、ローカルコミュニティとの絆を深め、世界中から参加のミセス達との友情を築きます。

⬇︎ミセス・インターナショナル公式サイト
https://www.mrsinternational.com/

⬇︎ミセス・インターナショナル日本公式サイト
https://www.mrsjapaninternational.com/


 ■世界大会でのチャリティー活動■

世界大会では本戦前のガラパーティにて、各国のお土産を提出し、それをオークションにかけて1番高い値段で取り引きされます。

そのお金は、Red cross(赤十字)という団体に寄付されます。

※日本からのお土産は只今、検討中。


■資金用途について■

今回、目標としている150万は、渡米資金と、世界大会までの日本での活動・準備資金の一部です。
集まったお金は以下の用途で使わせていただきます。

◉渡米資金◉
・大会エントリー費・・・27万
・渡航費(日本↔︎チャールストン)・・・50〜60万
・滞在費・・・25万

 ◉日本での活動・準備資金◉
・移動費(愛知↔︎東京)・・・30万
・衣装費・・・20万
・レッスン費 (英語・ウォーキング・ヘアメイク・スピーチ等)・・・20万

その他(広告費・宣伝費・写真・動画撮影・チャリティーオークションの日本土産・通訳費・大会用ヘアメイク道具・リターン費・送料等)


支援金で全てをまかなうつもりはありません、不足する分を補っていただきたく、支援金によって環境が整うこと、世界に向けての準備がしっかりできること、それによってパフォーマンス力が上がること、
最高のコンディションを持って世界大会に望み、グランプリを目指す所存でございます。

 

■最後に■

最後に、私の目標はとても大きいですが、結果だけにこだわるのではなく、この経験と学びを将来の子どもたちに繋いで糧にしてもらいたい気持ちが強いので、それも踏まえてぜひご支援・ご協力をいただきたいと思います。



ご覧いただきありがとうございました!

 

 

※リターンに記載してあるウォーキングレッスンですが、こちらの都合上、レッスンを行えなくなってしまいました。大変、申し訳ございません。ご質問等ありましたら、個別にお問い合わせ頂ければと思います。皆さま今後ともよろしくお願いいたします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください