2011年3月11日に発生した「東日本大震災」、多くの方が犠牲となりました。これは、今後、忘れてはいけないことです。そして、防災についての理解を深め、防災を進めていく必要があります。そこで、全国に3.11オリジナルカレンダーを配布するプロジェクトを立ち上げることとなりました。

プロジェクト本文

【ご挨拶とプロジェクトの紹介】

防災を伝える活動をしております、近畿消防情報センターと申します。

今年で、東日本大震災が発生してから、9年目となります。

あの日、一瞬にして多くの方が犠牲となりました、そして、多くの大切な物が失われました。

東日本大震災では、死者 約15,000人、行方不明者 約2,500人という大きな被害でした。

 

近畿消防情報センターでは、この東日本大震災「3.11」がどのようなものであったのか、

より多くの方に知っていただき、を目的とし、カレンダーを全国に届けるプロジェクトを立ち上げたい

と考えております。

 

【3.11カレンダーとは】

東日本大震災が起こったあの日にあったことや、復興に際して起こったことなどを写真とともに

カレンダーにします。カレンダーは2019年のものとなります。

※卓上カレンダーまたは壁掛けカレンダーとなります。

 

例)釜石の奇跡

【ご支援金の使い道について】

カレンダー制作費用、発送料、および広報媒体(新聞など)への掲載費用

【リターンについて】

3,000円  お礼のメール

5,000円  お礼のメール+完成品(カレンダー)1個

10,000円  お礼のメール+完成品(カレンダー)2個++ホームページに氏名掲載(希望制)

15,000円    お礼のメール+完成品(カレンダー)3個++ホームページに氏名掲載(希望制)

20,000円  お礼のメール+完成品(カレンダー)5個+ホームページに氏名掲載(希望制)

50,000円    お礼のメール+完成品(カレンダー)10個+完成品に氏名掲載(希望制)

【最後に】

本プロジェクトによって、今後、3.11をきっかけとし、防災が普及していきますことを

心より願っています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください