始めに・挨拶

こんにちは、岡山理科大学サッカー部の副務の小野大輝です。この度は私たちのプロジェクトにご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。初めに岡山理科大学サッカー部についてご紹介し、私たちの考えに多くの方が共感していただければ幸いです。

岡山理科大学サッカー部について

以前の岡山理科大学サッカー部は、公式戦で1勝もできないような弱小チームでした。監督や指導者もおらず、練習の質も低い状態でした。この現状を打開するために、当時のキャプテンが奮起し、岡山理科大学の副学長であり、西南FCを立ち上げ、九州大学選抜の監督を務めた秦敬治先生にサッカー部の監督を依頼しました。 秦敬治先生は、サッカー部を変えたいというキャプテンの熱意と、現在の環境で熱心にサッカーに取り組む学生たちの姿を見て、共にサッカー部を改革することを決意してくださいました。さらに、秦先生の呼びかけで、現在の日本代表監督である森保監督がサンフレッチェ広島の監督を務めていた時に分析コーチとしてJ1優勝に貢献した久永啓先生、浦和レッズが天皇杯を優勝した際のフロントスタッフであった林恒弘先生という強力なスタッフが加わりました。

その結果、サッカー部は劇的な成長を遂げ、1年で中国リーグ2部準優勝を果たし、現在では中国リーグ1部昇格、天皇杯、総理大臣杯全国大会出場を目標に日々練習に励んでいます。この急速な成長の背景には、理科大学の特長を活かし、試合や選手のデータをテクノロジーで収集・分析し、長所を伸ばし短所を克服する取り組みがありました。また、サッカー以外にもSDGsに目を向け、地域の清掃活動やカンボジアへのサッカーボールのプレゼントなども行っています。

現在のサッカー部は「NEXTFOOTBALL」を掲げ、他の大学サッカー部には真似できないチームを目指しています。


プロジェクトについて

今回のプロジェクトでは、小学生以下の子ども達のサッカーの発展・育成のために使用するサッカーゴールやサッカーボールなどの備品・消耗品の購入を考えています。そしてこのプロジェクトで購入したサッカーゴールやサッカーボールなどの備品・消耗品を利用し、今回新しく作られた人工芝のグラウンドで、子どもたちを対象にサッカースクールやサッカーフェスティバルなどのサッカーができる環境を作りたいと思っています。

このプロジェクトが成功することを前提に現在、学生が主体となり子ども達を対象にサッカーフェスティバル企画しています。また、子ども達にサッカーの楽しさをうまく伝えるために多くの学生がキッズリーダー養成講習を受講しています。プロジェクトが成功し環境が整い次第、実行しようと思います。

プロジェクトが成功し備品・消耗品が購入することができ、サッカーができる環境を提供できるようになった際のミッションは、『小学生以下の子ども達にサッカーを通じて、体を動かすことの楽しさを知ってもらい、スポーツを通して心身の健康を保つ』ことです。学生主体で実行し、体を動かす楽しさを伝え、コミュニティを広げる場にもなります。また、学生にとっても成長の機会といたします。


スケジュール

2024年6月中旬 物件契約完了

2024年7月 クラウドファンディング終了

2024年8月  理大フェスティバル・サッカースクール

2024年9月下旬 リターン発送・派遣 

 

資金の具体的な使い道

サッカーゴール1セット:30万円

マーカー・コーン:2万円

ミニゴール:5万円

ビブス4セット:2万円

4号級サッカーボール30球:2万5000円

手数料:7万5000円



リターンについて

リターンについてはプロジェクトを終了後、令和6年9月からを予定していおります。 


最後に

このプロジェクトを成功させるためには、多くの賛同者を集めることが不可欠です。岡山理科大学サッカー部は、学生の主体性を大切にし、新しいことに挑戦し続けます。最後までご覧いただき、ありがとうございます。もしよろしければ、共に岡山県のサッカーを盛り上げていきませんか?

支援金の使い道

集まった支援金は以下に使用する予定です。

  • サッカーゴール1対、マーカー、コーン、ミニゴール1対、ビブス4セット、4号級ボール50個

※目標金額を超えた場合はプロジェクトの運営費に充てさせていただきます。

あなたもJFAクラファンで
プロジェクトに挑戦してみませんか?
無料掲載をご検討の方はこちら

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください