新潟県三条市で活動するちょっと変わったお教室があります。その名も『65歳以上の劇団』 控えめな人が多い地域に「もっと身近にエンターテインメントを」とシニア世代のための演劇教室立ち上げ、まちなか交流広場ステージえんがわを拠点に月曜日と木曜日の午前中、週2回集まって演劇を楽しんでいます。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして、『65歳以上の劇団』代表の岡田美香です。

新潟県三条市で演劇活動をしています。

幼い頃から演劇の世界に憧れて、二十歳の時に劇団トマト座に所属、全国の子ども達にお芝居を届けるプロの舞台女優になりました。400ステージ以上の舞台公演を経験し、二十五歳で舞台を降り結婚を機に新潟県三条市へ。子育てが少し落ち着いた頃、今のわたしに出来ることで舞台と関わろうと少しずつ演出や外部講師をするようになり、日常生活の中にエンターテインメントがもっと身近に感じられるような活動をしたいと、平成28年にシニア世代のための演劇教室『65歳以上の劇団』を立ち上げました。

地域の人が当たり前のように演劇に触れる機会をつくろうと、まちなか交流広場のステージえんがわを拠点に屋外での練習をしています。

ステージえんがわ施設案内はコチラ 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 2年間はたくさんのサポートしてもらいながら、なんとか地域に演劇活動の種をまくことができました。3年目はいよいよ自分たちで育てていく時期となり、運営や公演にかかる費用のためにこのプロジェクトを立ち上げました。

ステージえんがわでは、真夏と真冬の期間はシニア世代のお身体を考えて稽古をお休みしています。メンバーから「稽古場があれば天候に左右されずに活動ができる」との希望があり、それも叶えてあげたいと思っています。

▼これまでの活動

2016年4月に活動スタート

にいがたソーシャルデザインアワード2016がっとぎっとぐっと賞

「強いこだわりを感じる、独創的な活動」としてぎっと賞を受賞しました。

メディアの密着取材(NHK新潟)関東甲信越でも放送されました。

 (↑ドラマチックにベタな女より)

新聞やTVなど多数掲載してもらえたおかげで、認知度はグッと増えました。

(新聞掲載7回、メディア4回(密着取材2社)、ラジオ3回)

(↑ステージえんがわで公開通し稽古)

ホールで公演するだけではなく地域の方に演劇を身近に感じてもらえるよう、どこからでも見えるステージえんがわで活動も行っています。

(↑サンタ養成学校)

稽古中にとてもよい表情を見せてくれる時がありグッときます。

(↑最高齢84歳の看板女優)

2年間で行った自主公演4回、公演依頼8回

(↑永遠の少女より)

普段なら絶対にしない!?格好も舞台では堂々とできます。

人前に出て活き活きと演じてるシニア世代の姿は、同世代には特に!驚きと勇気、元気を与えています。

夏休みには子ども達を対象に、ステージえんがわとのコラボ企画『怪談ナイト』をお届けしました。

(↑地元に伝わる怪談を公演)

2018年は、今までよりも時間をかけて作品作りをしています。

 

 ▼このプロジェクトで実現したいこと

『65歳以上の劇団』の稽古場を借りる。

県外の人たちと繋がり、ファンを増やしたい。

全国で活躍されているシニア劇団の人たちと繋がり、演劇を通じた交流をしていきたい。

▼資金の使い道

◎稽古場、拠点を借りる。

◎公演にかかる費用(小道具、衣装、照明)

◎演技指導や歌唱指導をしてくださる先生の謝礼

(今までは代表の私が演出してきましたが、もっと高みを目指して学べる環境をつくってあげたいので、外部講師の人をお呼びするために使います。)

▼最後に

演劇教室『65歳以上の劇団』は、メンバーからの月謝で動いています。3年目を迎え少しずつ人数も増えてきましたが、まだ目標額には届いていません。この活動を継続していくために、支えてくださる方をお待ちしております。

『65歳以上の劇団』のファンに、そして岡田美香のファンになってください。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください