自己紹介

株式会社動輪堂、代表取締役の宮地正幸と申します。動輪堂では「鉄道ファンによる鉄道ファンのための鉄道DVD」を旗印に、これまで「ザッツ新快速」「近鉄プロファイル」など撮り下ろし走行系ブルーレイ・DVD作品や「よみがえる総天然色の列車たちシリーズ」などアーカイブ映像系DVD作品や、鉄道系テレビ番組等を数多く製作してきました。


このプロジェクトで実現したいこと

2024年6月に事実上引退したJR西日本の381系電車の活躍を記録したブルーレイ・DVD作品「国鉄特急形電車381系 やくも・最終章」(仮題)の発売。


プロジェクト立ち上げの背景

特にコロナ以降に顕著となったサブスクや無料動画の台頭により、DVD市場が大幅に縮小。私たちがメインに製作してきた鉄道関連作品も例外ではなく、一方で製作費も高騰し、商品を発売しても全く採算が全く取れない状態となりました。旧作の販売やサブスクを逆手に取った配信等の収益でなんとか事業自体は継続してきましたが、新作の継続リリースが大変難しくなっています。動輪堂では撮影を終え仕上げを待つばかりにも関わらず、発売に踏み切れずにいる鉄道DVD・BDをいくつも抱えています。これらの作品を心待ちにされているファンの皆さんに少しでも早く、少しでも多く届け、今後の製作継続に筋道をつけたいと考えています。

そんな作品の中で今回いち早く発売に至りたいと考えているのが「国鉄特急形電車381系 やくも・最終章」(仮題)です。381系は日本初の自然振り子式電車として1970年代に中央本線でデビュー。カーブが多い同線や紀勢本線の高速化に貢献。伯備線を経由して岡山ー出雲市間を結ぶJR西日本の特急「やくも」がその最後の活躍の場となっていました。しかし2024年6月、381系電車はその輝かしい歴史に幕を下ろすことになりました。

今回のプロジェクトは、この381系の最後の活躍を記録し、後世に伝えるためにブルーレイ・DVD作品を制作・発売するものです。鉄道ファンの皆様や、381系に思い出を持つ方々にとって、この作品は懐かしい日々を振り返る貴重な記録となるでしょう。また、次世代にこの素晴らしい電車の歴史を伝えるためにも、ぜひご支援をお願いしたいと考えています。

現在の準備状況

ブルーレイ・DVD作品「国鉄特急形電車381系 やくも・最終章」(仮題)は、最後の国鉄特急形電車となった381系の姿を高画質4Kカメラで記録した走行映像で綴る作品です。2020年に撮影を開始。永らく定番だった「ゆったりやくも色」に加え、引退が近づくにと次々と復刻された「国鉄色」をはじめとする様々なカラーの列車たちを追いながら、定期運用を終えた2024年6月の「お迎えセレモニー」や車両基地公開時の映像までの撮影を行い、すべての収録を終えました。現時点では仕上げ作業に取り掛かる準備と、クラウドファンディングの状況を見ながら、発売の可否と、発売時期についての詰めを行いたいと考えています。現在は素材の準備も整い、いつでも編集作業を開始できる段階です。撮り下ろし映像を中心に、過去の貴重なアーカイブ映像など、多岐にわたるコンテンツを盛り込み、より深みのある内容に仕上げるべく準備を進めています。

運転最終日までを追った本作の性格上、ファンの方々には極力鮮度の高いうちに見ていただき、381系の最後の勇姿を多くの人々と共有できることを心より願っております。そのため2024年9月か遅くとも10月の発売を目指したいと考えています。


リターンについて

完成したブルーレイまたはDVD商品(税込定価5,500円・予定収録時間110分)と、動輪堂ウェブサイトでさらに1枚以上の商品が購入ができるポイント利用権の明細を送付する予定です。

スケジュール

7月上旬 編集開始

7月下旬 録音〜仕上げ作業

8月中旬 原版動画 ディスク原版製作〜プレス工場入り

9月上旬 クラウドファンディング終了

9月中旬 リターン発送

9月下旬 発売

集めた資金は主に仕上げ作業費と原版製作費に充当


最後に

ブルーレイ・DVD作品「国鉄特急形電車381系 やくも・最終章」(仮題)は、作品を待望される皆様の期待にお応えすべく、クラウドファンディングの状況や結果に関わらず、2024年9月か遅くとも10月には、たとえ持ち出しになっても発売を実現したいと考えております。その間、クラウドファンディングの状況を精査しながら、編集等仕上げ作業を進行しますが、その状況がもし芳しくなかった場合は、発売の中止・返金を検討しなければならない事態となる可能性もあり、同作品の発売は行なったとしても、今後の製作活動が継続できるかどうかお約束ができない状況に陥る可能性もあります。

皆様のご支援によって、このプロジェクトを何とか成功させ、今後、撮影済み作品の発売や、これまで企画のみで着手できていない作品の製作など、業務継続への筋道がつけられるよう、心よりお願いする次第です。


支援金の使い道

集まった支援金は以下に使用する予定です。

  • 仕上げ費 原版作成・プレス費

※目標金額を超えた場合はプロジェクトの運営費に充てさせていただきます。

エンタメ領域特化型クラファン
手数料0円〜 企画からリターン配送までお任せプランも!
無料掲載をご検討の方はこちら

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください