士業×ITで士業を進化させていく「士業テック」コミュニティを提供します。勉強会や情報交換、横のつながりを広げるだけでなく、コミュニティ内で新しい仕組みづくりやビジネスの創造を行っていける場を作りましょう!

プロジェクト本文

・士業の仕事にはまだまだ非効率なところがあって、スタートアップとかと組んだらもっと進化しそうだよね。

・士業って、それぞれの事務所が効率性を上げるツールを作っているけど、それが共有できたら面白いよね。

・士業と士業の領域に興味を持つ起業家・ビジネスマンが集まったら、なにか新しいビジネスが生まれそうで面白いよね

・AIとか機械学習とかに士業は怯えているわりに、あまり新しいもの生まれないよね。

ある弁護士と、士業の業務に近い領域のスタートアップ2社が話しているときに、そんな話で盛り上がりました。
士業やスタートアップ、士業の領域での事業に関心のある方が集まることで、さまざまなノウハウやアイデアが共有されるだけでなく、一緒に新しい仕組みづくりやツールの開発をしたりする場があれば、もっと士業が進化していくのでないかと。

そこで、士業やスタートアップ、士業の領域での事業に関心のある方を集めたオンラインサロンを作ることになりました。

勉強会や情報交換、横のつながりを広げるだけでなく、コミュニティ内で新しい仕組みづくりやビジネスの創造を行っていける場を一緒に作っていきましょう!

▼コンテンツ内容

最新の動向・ニュースや、他の士業事務所がどういうことをしているのかなどを学ぶ場を提供します。
また、場合によっては、クラウドファンデングや、サロンメンバー内で出資しあったり、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルを繋ぐことで、実際にビジネスとしてツールの開発をすることもしていきたいと思います。

オンラインコンテンツ

・非公開Facebookグループへの招待

・Facebookグループ内での情報交換の場の提供

オフラインコンテンツ

・ゲストを呼んだセミナーや勉強会の開催(月1回程度)

・情報交換や横のつながりを作る交流会・イベントの開催(不定期)

その他

今後、アクセラレータープログラムを運営している会社、ベンチャーキャピタルなどにもご協力頂き、ピッチイベントや資金調達の場も提供していく予定です。
また、東京以外の地方での分科会やオフ会等の開催も検討していきます。

▼こんな人に入ってほしい!

・士業の領域で新しいことをしていきたい人

・なにか事業を作りたい人、起業したい人

・単におもしろいことをしたい人

▼運営者プロフィール

YouTubeやセミナー開催などで積極的に情報を発信している弁護士と、相続や事業承継などの士業と密接に関わる領域で事業をしているスタートアップ2社により共同で運営をいています。

北・長谷見法律事務所
企業法務を中心に、 離婚・男女問題に取り組む。「士業全体のレベルアップ」を提言。業界外からも講師を招いてセミナーを多数開催。

株式会社FP-MYS
相続×Fintechサービスを開発。相続を「争続」にしないという理念のもと、相続税の計算が誰にでも簡単にできる「LettePla(レタプラ)」を運営。

Mart Creation株式会社
事業承継や相続に関する情報を発信するメディア「BIZTORY」を運営。また、M&Aのマッチングサービスや、士業などと提携した様々なWebサービス、士業向けマーケティング支援のサービスなどを提供。

また、その他、アクセラレーターを運営する会社、ベンチャーキャピタル、各種士業事務所等にご協力頂いています。

【注意事項】

・活動は原則Facebookの非公開グループを中心に行いますので、参加にはFacebookアカウントが必要です。

・途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。

・サロン内で共有される情報は、SNSへの投稿やシェア厳禁とします

・領収書の発行は承っておりません。

・特定の会員への誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・Facebookアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなどFacebookアカウントがアクティブでないと判断される場合、入会をお断りする場合があります。

・当該Facebookグループの承認には、原則3営業日以内に承認させて頂きます。

・保険の営業をされている方に入会頂くのは問題ありませんが、サロン内での営業活動は厳にお控えください。

【よくある質問】

Q.士業でなくても参加できますか?
A.全く問題ありません。

Q.東京圏以外に住んでいても参加できますか?
A.全く問題ありません。

Q.参加条件などはありますか?
A.ありません。士業やITと無縁の方でも、大丈夫です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください