「STORYPAD ~クリエイターの才能と魅力を、データで後押しする~ 」 漫画家・小説家向けの編集者AIの開発を進めています。 10万作を超える漫画・小説の解析結果から、まるで専属の編集者のように、作品作りをサポートするクリエイター向けbotサービスです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。
編集者AIの開発を進めている、株式会社あれをこれしてです。

今回、CAMPFIREでは、応援者の皆さまと、編集者AIを作り上げていきたいと考えています。

クリエイターさま、サービスへの共感者さま、出版関係者さま、編集者AIの一般化に向け、応援よろしくお願いいたします。

▼このプロジェクトで実現したいこと

アイデアとストーリー作りをアシストする3つの機能があります。
・アイデア機能:「ヒット確率を効率化する」を目標に、ヒットに導くアイデア創出をサポート
・アナライズ機能:『類似作は多いか』『評価・読者評価は高いか』を可視化
・トレンド機能:ツイッター上の反響の可視化

※ストーリー作り、キャラクター作りのアシスト機能も公開予定
※精度の向上
※利用者のUIUXの向上

▼プロジェクトをやろうと思った理由

「コンテンツの根底にある、アイデアやストーリーを科学できるか。そして、作品作りをアシストすることで、クリエイターの選択肢を増やせるか。」

本事業を開始した背景には2つの理由があります。1つ目は、私はこの会社を設立する前に、せどりという、使わない大学の教科書や、ブックオフ等から安く仕入れた書籍を、アマゾン上で販売する事業を行っていました。

順調に成長していたのですが、ある時、知人の漫画家に、「クリエイターを否定する事業だね」と言われ、しばらくの間はその一言が心に残りました。

2つ目の理由として、単純にアニメやゲーム、漫画が好きで、事業として取り組めないかと探っていました。

▼これまでの活動

https://note.mu/storypad

ブログです。今後、継続的に更新していきます。

https://www.facebook.com/norisaka0522

個人のFacebookです。ここにも書き込んでいます。

▼資金の使い道

継続的な開発を続けていくための資金にします。プロジェクトの応援者と共に、サービスの改善点を探し、クリエイターの味方となるサービスにしていきたいです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください