群像青春ミステリー小説「darkside」を世に送り出したい。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。小説「darkside」の著者、uqと申します。渾身の一作を世に出すべく、ぜひ力をお貸しいただきたいです。

▼「darkside」~あらすじ~

”「お前は、才能があるな」”
 才能に憧れる者、才能をもてあます者、才能を研ぎ澄ます者。
 愛を貫く者、闇に溺れる者。
 才能とは、何とも美しく、それでいて容赦がない。
 これは、「才能」の二文字に翻弄される夢追う不器用な若者たちが繰り広げる、主要人物五人、それぞれの視点で描かれた群像青春ミステリー。

 クラブ「gravity」で起こったひとつの暴行事件が、五人を激動のラストへ繋ぐ。その者を輝かせたのは才能。その者を曇らせたのは才能。あの頃、誰もが無知で純粋で、ただまっすぐに夢を追う、綺麗な若者だった。誰が正義で誰が悪か、あなたに見極められるか。

【ソフトカバー四六版・原稿268枚・180頁予定】

※出版社側クラウドファンディング許諾済・リターン販売分取得契約済

▼プロジェクトをやろうと思った理由

「darkside」は、3年ほど前に執筆した、筆者uqによる最初の長編作品です。何度か新人賞への応募などもおこないましたが、なかなか噛み合う企画に出会えず、出版の機会は得られずにいました。(無料閲覧できるサイトで公開して少し注目された時期もあったので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。)

以降も何作か書いたのですが、やはり小説家になりたいという強い志を抱いていた頃に書いたこの処女作に深い思い入れがあり、今回のプロジェクトの主役にしようと考えました。

▼資金の使い道

大手出版社における「darkside」1,000部~の制作・出版

ネット書店、出版社提携書店200書店への配本。その他強力な特例展開(詳細公表不可)

大手新聞誌面、出版社ホームページ上における宣伝、マスコミへの献本案内。

重版決定時は資金不要。

これら条件すべて込みにての目標金額240万円(CAMPFIRE手数料17%込)となります。

▼最後に

ここまでの長文にお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

まとめますと「大手出版社から全国出版確約済みの小説の自費出版資金を支援してもらいたい」といった内容です。

自費出版サービスは少なくありませんが、中でも今作は、要審査の大手出版社において審査通過済み特例的有利契約あり立場ある担当者より前向きな評価をいただいている、といった点を期待値に変換していただければと思います。

もちろん、筆者個人の、熱い思いも汲み取っていただけると幸いです。

uq

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください