Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

世界を旅する保育士になりたい!

709a0791 12 original  1 .jpg?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
107,500円
パトロン数
27人
募集終了まで残り
終了

現在107%/ 目標金額100,000円

このプロジェクトは、2018-11-03に募集を開始し、27人の支援により107,500円の資金を集め、2018-11-18に募集を終了しました

けいせんせいが旅をして、世界中のこどもやおとなに出会い、こどもにやさしい世界をつくっていくプロジェクトです。

こんにちは!けいせんせいです!

「ワクワクすること」をテーマに色々な活動をしています!

そして今回は「世界を旅する保育士プロジェクト」を企画します。

この企画は私が日本や世界を旅をして、こどもやおとなと会い、保育を行い、保育の価値観を広げ、人と人をつなげる企画です。

企画を通して、たくさんのこどもやおとなが毎日がより楽しくになって、より自分にあった保育を発見して、「自分らしくあること」を大切にできたらうれしいです。

さらに、旅先で出会った世界中の人が国や地域を超えて、「こどもをみんなで育てる」「こどものために地球を大切にする」「こどもにやさしい世界をつくる」という意識を持ってくれたらうれしいです。




【なにをするの?】

1.保育を行います。
保育が必要な方の手助けになります。保育の人手が足りてない人のサポート、保育はできているけれど自分にあった子どもとの関わり方がわからない人のサポートも行います。私はこどものきもちに寄り添い、そのこどものありのままをたいせつに関わります。こどもと同じ目線に立ち、共感したり、こどもを信じて見守ります。そういう保育の在り方を行動で伝えます。

2.保育について語ります。
よりよい保育をできる方法や環境づくりについてお話をします。地域や分野を超えて、保育に関する色々な人や場所に出会い、その体験を直接お伝えすることで、1人1人にあった保育や実践者の情報をお伝えすることができます。そして、こどもとおとなにとってよりよい保育環境を選んだり、作ったりするきっかけになります。また1時的に見るからこそ気づく視点(こども・おとな・場の特性について)をお伝えして、よりよい保育環境にするヒントもお伝え出来ます。

3.保育の情報を発信します。
色々な場所や地域の保育の現状をSNSで発信することで、保護者や保育者がこどもや自分にあった保育を知ったり、より広い視野で保育について考えたりすることができるようになります。また子育てしやすい環境に移住したり、そういう場所を身近なところで見つけるきっかけにもなります。

 


【目的】

この企画は私が「もっと色んなところを旅して色んなこどもやおとなに会ってみたい!」というわくわくするきもちが一番の動機です。


私がこの想いを大切に活動することで、こどもたちが「おとなになっても好きなことをしていいんだ!」と未来にわくわくするようなおとなの姿を見せます。また出会うこどもの声を聞いていきます。こどものきもちにもっと寄り添い、ありのままを認めて共に育つ関わりをします。そういう在り方をおとなに伝えます。

 

そして、子育てのサポートをしたり、保護者がよりよい保育に出会うきっかけをつくります。保護者と保育についてお話します。また、その人が本当にありたい姿に寄り添います。こどもに関わるおとながこどもだったことを思い出して日常をさらにわくわくするお手伝いができたらと思っています。私は旅先で多くの保護者、保育者、保育環境に出会うので、色んな生き方、保育者としての在り方に触れて出会った人の保育観を広げ、自分にあった保育を見つけるきっかけになります。

 

 


さらにこの企画によって私が出会った世界のこどもやおとなたちがつながり、より平和なこどもにやさしい世界になると信じています。「こども1人を育てるには村全体の協力が必要だ。」ということわざがあります。こどもを育てるということは、子育てを通して人がつながるということだと思っています。それは世界という視点でも言えることで、子育てを世界の人が協力すれば世界平和につながると思っています。



【これまでのストーリー】

こどものころから表現や自然、そして冒険することが大好きでした。

大きくなるにつれて人の目がきになって好きなことができない時期もありました。でもこどもはぼくに素直で自分らしくあることを教えてくれました。

そして保育士になってこどもたちと自分らしくあり続けられる世界をつくっていきたいと思って活動をしています。

 

自然のなかで保育する「森のようちえん」

 

こどもの自由な表現を見守り、それを生活に取り入れる「こどもデザイン」

 

こどももおとなもつくることを楽しむ「えほんフェス」

 

保育士向けのこども体験ワークショップ「おとなのほいくえん」

 

また自分自身も好きなことにどんどんチャレンジしています。

 

そのチャレンジの1つに6月に「けいせんせいの0円保育旅」という企画をしました。

 

ただ、0円で保育士が旅をできるのかという企画でした。

 

旅では地域や場所を超えて色々なこどもや保護者の方、そして保育を仕事にしている人に出会いました。


そのなかで日常の保育のお手伝い、イベントでのサポートの依頼や、保護者の方からの相談、保育団体などの見学や情報の共有、私の旅での学びの共有ができました。また私を通して人がつながったりもしました。

私はこの企画が色々な形でたくさんのこどもやおとなたちによろこんでもらい、社会に貢献できていることを実感できました。

そして、これをもっと広い地域で行ったらもっと多くの人と出会い、多くの情報を共有できると思いました。

保護者はどうしても情報が少ない人が多くなっています。

なぜなら現代社会では子育てをしていては、行動範囲が狭く、時間も少ないのが現状だからです。

そのなかで保護者は子育ての方法や環境を選ぶときに自分が知っているなかでの選択をしています。

それが自分や子どもにあっていなくてもです。なぜなら他の選択肢を知らないからです。他の環境を知らないと自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

でも本当はたくさんの選択肢があります。その中から選べばもっと幸せになれるかもしれません。

そのために私が全国を周り、子育てに困っている人、よりよい子育てをしたい人に出会いに行きます。

そして、子育てをサポートしたり、保育のお話をして新しい方法や環境に出会い、子育てをより良くするためのきっかけづくりになったらと思います。

出会った人が、「こんな子育てもあるんだ」「こういう環境もあるんだ」と気づき「じゃあこうしてみよう」「この人に出会ってみよう」「ここに行ってみよう」などの行動をするきっかけになったらと思います。

保護者が必要としていた保育者の人や環境につながるきっかけになるとうれしいです。

 

こどもを見ると人は優しくなります。こどもに見せたい姿、伝えたいことを考えるとみんなが想いあって、助け合うようになると思います。

なので、国や地域、立場を超えて、多くの人が世界のこどものことを考えるきっかけづくりとなることがこの企画の大きな目標です。

「地域や国を超えて子育てをみんなでする」「みんなでこどもにやさしい世界をつくろう」というメッセージも伝えていきたいと思っています。

旅する保育士が世界のこどもやおとながつながるきっかけをつくれたらうれしいです。


【資金について】


旅での生活費や交通費等に使用します。

 


【行きたいところ】


・日本各地

・オーストラリア
・タイ

・台湾
・ニュージーランド
・ハワイ



日本の、世界のこどもたちに会いに行きたいです。
こどもたちにやさしい平和な世界をつくっていきたいです。


応援よろしくお願いします!