プロジェクト本文

インバウンドにおける関空での利用率は年々上がっており、訪日外国人の入国者数は、全国の2位になっています。関空の近隣のりんくうタウンでは、訪日外国人が訪れることは少なくない状況です。日中、アウトレットやモールで賑わっているものの、夜は娯楽施設もなく、訪日外国人は暇を持て余している状態です。事実、近隣ホテルの稼働率は毎日90%と言われています。また、2年以内に2000室が増える予定となっています。

そこで、りんくうタウン駅すぐの星の広場で、8月下旬よりナイトカルチャーを開催して、主催者として、訪日外国人に喜んでもらいたいと思っています。

・ナイトカルチャー(日本らしい伝統的な催し物)

【場所:星の広場 スタート8月下旬】

内容として、忍者ショー・大道芸、大衆演劇など、更にマルシェ、物産展などの発展系まで考えています。

資金の使い道は、舞台や音響設備、広告宣伝費、出演者の誘致費などに使用させて頂きます。

今後、更に日本、大阪はますます注目されて、多くの訪日外国人が訪れます。その訪日外国人に対し、日本の伝統文化を伝え、おもてなしの精神を持って、お出迎えできればと思っています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください