"Pole Theater Japan"はショーのストーリーや衣装など、エンターテイメントとしての完成度の高さを競う大会で、 ポールダンスを初めて見る方でも存分にお楽しみいただけます。 優勝者には世界一を決定する"Pole Theater World"への挑戦権が授与されます。

プロジェクト本文

▼Pole Theatre Japan 開催概要

Pole Theater はオーストラリアのポールダンサー ミシェル・シミーが2013年にシドニーで創設し、

現在アメリカやイギリス、オーストラリアなど世界20カ国で行われているポールダンスの国際大会です。

エンターテイメントとしての完成度の高さを競う大会で、ポールダンスを初めてみる方でもお楽しみいただける大会です。日本大会の"Pole Theater Japan"は今年で4度目の開催となります。

2016年のコメディ部門の優勝チーム"Water Polers"は世界大会である"Pole Theater World"にも出場し、

見事優勝し世界一の称号を勝ち取りました。

・当ページのメインビジュアルをクリックすると"Water Polers"動画が流れます。

開催日時:8月17日 (金)
会場:マウントレーニアホール渋谷
東京都渋谷区道玄坂2-29-5 渋谷プライム6F

大会のHPを見る

前日に同会場にて、ポールダンスのスキルやスポーツ性をより重視した

アジアNo.1のポールダンサーを決定する"Asia Pole Champion Cup"を開催いたします。 

 

-ポールダンスの見どころ-

ダンスや回転技に加え、トリックと呼ばれるアクロバティックなポーズや技が盛り込まれています。

ポールを使用し、空中で行われる柔軟性や筋力の必要な難易度の高い演技に目が釘付けになります。

また、衣装や音楽など様々な表現ができるのもポールダンスの魅力です。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

ポールダンスを通して、自由な世界観を表現できる舞台を重視する"Pole Theatre"の思想に魅力を感じ、

日本での開催を決意しました。年々参加者が増えるとともに、出演者のポールダンススキルはもちろん、

ショーのストーリーや衣装などエンターテイメントとしてのレベルもアップしていてポールダンスの表現の可能性の広がりを感じています。

Pole Theatre Japan 2017の出場者

 

▼これまでの活動

東京六本木・中目黒にてポールダンススタジオPolishを運営しています。

また、国際的に行われているポールダンスのエンターテイメントイベント"Pole Theatre"の日本公演である

"Pole Theatre Japan"を年に1回主催しています。

2018年よりアジアのポールダンサー向けの国際大会"Asia Pole Champion Cup"も開催します。

スタジオPolishのHPを見る

 

▼資金の使い道

大会の運営費用(会場費用・設営費用・販促物作成費用・優勝者への賞金)、

海外審査員の招致費用として使用させていただきます。

 

▼リターン

①お礼メールの返信:3,000円
②観覧セットB:10,000円(B席チケット1枚)+お礼メール
③協賛パック:30,000円(B席チケット2枚・公式HPのスポンサー欄へ貴社のロゴ掲載とHPリンク)

ご参加いただける方は是非直接会場にお越しいただき、ポールダンスを見ていただきたいです!

観覧チケットは当日受付にてお渡しいたします。

ご支援よろしくおねがいいたします。
 

 

 

 

  • Ptj2018
    活動報告

    いよいよ今週開催となりました!

    2018/08/12 15:54

    もっともエキサイティングなポールエンターテイメントショーが 今年も日本で開催されます♪ コメディーからアートまで幅広いポールダンスのショーを見れるのがPole Theatreの見所です。   クラウドファウンディングの期限も残りわずかとなりました。 ご支援よろしくお願いいたします!

  • 5b64f7dd 3644 4562 ae3f 7cec0abd02aa
    活動報告

    出演者情報を紹介しています♪

    2018/08/04 09:48

    大会出場者は公式Facebookページにて紹介しています^^ ぜひご覧ください♪ 公式Facebookページを見る  

  • 5b628271 1734 4729 a29e 32dc0aba8295
    活動報告

    パンフレットが完成しました♪

    2018/08/02 13:02

    大会のパンフレットが完成しました♪ 当日会場でもお配り致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください