プロジェクト本文

はじめにご挨拶

皆さん、こんにちは。フィエスタラティーナ実行委員の杉田 泉です。今回、8月5日にフィエスタラティーナを開催します。
 
【FIESTA LATINA(フィエスタラティーナとは?)】

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

市民参加型ラテンダンスパーティーです。明るい北九州、小倉の街を全国へ発信する新しい街を作り「小倉のイメージアップを図りたい。」と北九州のラテン音楽愛好家有志を中心に、2015年度より開催しました。

今年度も各大学の留学生やJICA等海外からの研修生をお招きしています。

昨年度までに、動員数”約1万人”を突破しました!

 

 

【フィエスタラティーナのコンセプト】
『ラテン音楽とダンスで北九州を元気に!』を合言葉に、”入場料無料”の、子供からお年寄りそして外国人までも気軽に参加できるラテンのお祭りを毎年開催し、北九州の一大イベントとして定着させたい。

 


【そもそもラテンダンスとは・・・?】
そこには言葉も国も地位も関係ありません。対等に向き合った二人が、ダンスを通して、コミュニケーションを取り合います。始めて出会った人も、始めてラテンダンスをした人も“あっという間に、笑顔”になってしまうのが最大の魅力です♪また、楽しいと同時に、「相手を喜ばせたい」の気持ちが互いにキャッチボールになると、大きな喜びの渦を作る、そんなダンスです。

 


【実施概要】
主催:フィエスタラティーナ2017実行委員
内容:ラテンバンドを中心としてのライブステージ
ラテンダンスショー
ラテンダンスのワークショップ
飲食ブースの出店

また、本プロジェクトは、2018年8月5日に『わっしょい百万夏祭り』との共催を予定しております。

 

 

▼資金の使い道

【資金使途と本プロジェクトについて】

目標金額 ¥300,000

本プロジェクトで集まった資金が、フェスタラティーナ開催に向け、必要な総予算約¥100万円の一部に充てさせていただきます。

予算内訳は以下の通りです。

出演者費:20万円
音響機材:30万円
会場設営費:20万円
備品購入費:10万円
その他:20万円

▼リターンについて

サルサレッスン体験や、様々なリターンをご用意いたしました。ご予算に合わせてお選びいただければと存じます。

 

【一致団結し、協力し合う、日本人らしい小倉の街。】
今回の開催場所は、九州の玄関口・北九州の中心地である、“小倉”です。小倉城の城下町としての歴史を感じる街でもあり、森鴎外をはじめとしたさまざまな文豪を生んだ文学の街でもあります。

そして何よりも・・・北九州市はこれまでに公害や高齢化など日本が直面する課題に他都市に先駆けして取り組み、これまでに各段の成果を上げてきました。公害を克服したのは、市民・企業・行政、“一体”の取り組みの成果でした。

公害を乗り越えた経験から、環境未来都市として全国・世界的に注目されている北九州市。今回は、ラテン音楽を通して、北九州市民がさらに元気に、そして、笑顔になっていただきたいと思います!そして・・・北九州市が目指す、「誰もが暮らしたい街」「誰もが活力ある街」へ!

 

【環境未来都市である北九州のモデルを全国へ世界へ。】
観光地にスポットライトを当てなくても、暮らしやすさで人が集まり、注目されることで、他の公害、高齢化で悩む都市にも良い影響ができるのではないか。と、思っています。フィエスタラティーナの成功のために、どうか、皆さまの力をお貸しいただけたら嬉しいです。応援どうぞよろしくお願いいたします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください