鬱病の私が、タイの日本語を学びたい人へ、日本語を教えに行く旅。

プロジェクト本文

はじめにご挨拶

はじめまして。

訪問いただきありがとうございます。私は、兵庫県に住む、れいかと申します。

私は1年前から鬱病を患い、一進一退を繰り返しています。現在は会社を辞め、自宅療養中です。

趣味は海外の人へ観光地の案内をすることです。月2回は海外の人に対しボランティアで観光地の案内をしています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

タイに住む、日本語を学びたいけれどお金がない人へ無料で日本語を教えることです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

私には海外に住む友人がたくさんいます。その中には、日本の文化が大好きで日本語を独学で学んでいる人もいます。私はそのような人と接して行くうちに、日本語教師になることを将来の夢として描くようになりました。今は、日本語教師資格取得のために勉強をしているところです。

私は将来、日本語教師として海外で働きたいと考えています。それも高額な学校ではなくボランティアとしてです。日本の文化に興味があり、日本語の勉強がしたいけれどお金がない、そんな友人達を助けたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

▼これまでの活動

今まで日本語を教えた人の国。

インド

イスラエル

マレーシア

デンマーク

カメルーン

インドネシア

イギリス

フィリピン

▼資金の使い道

海外渡航費

海外滞在費

教材作成費

▼リターンについて

生徒になった人からもらったサインと写真をプレゼントします。

▼最後に

海外には、日本の文化が好きで独学で日本語の勉強をしている人がたくさんいます!私は、そのような人たちを一人でも多く助けてあげたいです。また、将来日本語教師として働く私の夢を叶えるためにも、一人でも多くの方のご協力をよろしくお願いします!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください