遺伝子で見る日本人のルーツをポートレイト×DNAという角度からたどる壮大なプロジェクトです。 写真家としての表現に、民俗学・遺伝子学・人類学・などなど様々な学問が融合し、 アートとしてはもちろん、人間のロマンあふれる企画を通して、人々はみな平和のもとにあるということを響かせたいと思います。

プロジェクト本文

こんにちは!!

この企画にご興味をお持ちくださりありがとうございます。

私たちは、遺伝子で見る日本人のルーツ ~ポートレイト×DNA~ 事務局です。

写真家・伊東昌信のポートレイトを中心に、壮大な企画を立ち上げることとなりました。

日本人のルーツをたどるロマンあふれる企画です。

是非、皆様と一緒に実現できればと思いクラウドファンディングを立ち上げました。

▼遺伝子で見る日本人のルーツ ~ポートレイト×DNA~への経緯

このプロジェクトの中心メンバーである写真家・伊東昌信。

彼は、毎年世界各地へ写真取材の旅をしています。

そんな旅の途中で日本人に似ている民族がいるという印象を受ける機会が幾度かありました。

例えば、チベット族・ナバホ族・ホピ族・エジプト人などです。

いったいどうしてなんだろう?という純粋な疑問から、あれこれと辿っていくと、どうやらDNAや遺伝子が関連していることが見えてきました。

ポートレイトに、民俗学・遺伝学・人類学・などなどあらゆる学問が相まって、

アートとしてはもちろん、人間としてのロマンが詰まった作品に仕上がるのではという壮大な企画が立ち上がりました。 

         

▼どんなことをしていくの?

この企画を進めていく中で、yap遺伝子やDの染色体といった情報にたどり着きました。

日本人がもつ遺伝子であり、縄文人のDNAが受け継がれているのではないかという説があるそうです。

日本人(縄文人)と同じ遺伝子を持つといわれる人々のポートレイトを撮りおろし、
更にはDNAの情報と照らし合わせて、
視覚的にも科学的にもより確かな角度で日本人のルーツについて検証していきます。

■日本人に似ている民族をリサーチし、できるかぎり現地へ訪れてポートレイト撮影をいたします。

■DNAに関する研究機関や遺伝学等を掘り下げている方々とつながって、ポートレイトの被写体となった方のDNAや染色体を調査します。

▼最終的にはどんな形で表現するの?

■写真展の開催 <初回展示目標2020年秋>

→私たちの拠点である山陰を皮切りに・東京・関西・海外での写真展開催

→ポートレイトとDNA・染色体の情報を照らし合わせた展示

■写真集の作成

※写真は以前開催したポートレイト写真展の様子。

 

今までの個展は、伊東昌信の写真を各回テーマに沿って展示してまいりましたが、

この度の企画は、ポートレイト作品に加えて、現地で採取したDNAの情報を視覚的に展示します。

DNA情報を断定的に表現するというわけではなく、あくまでもアートという観点で、ポートレイトと組み合わせることで、見る方に『もしかしたら、彼らは日本人と同じルーツを持っているかもしれない』という想像をしていただけるような展示をイメージしています。

普段の展示よりも、一歩踏み込みながら、そしてご来場くださる皆さまのイマジネーションをプラスして、よりストーリーを楽しめる展示になります。

 

▼写真家・伊東昌信について

1980年島根県松江市生まれ。松江市在住。

2009年より独立、写真家として作家活動を開始。

フォトマガジン「EYE」主宰。

全ては1つである事。写真で表現していきます。

*********

1980年 島根県松江市生まれ。松江市在住。

2009年 独立、写真家として作家活動を開始。

2011年 タイ、カンボジア、ベトナム、中国、インド単身取材。

2011年 写真展「INDIA」開催。

2012年 写真展「ROOT OF THE ISLAND」開催。

2013年 第8回写真「I-WALL」展入選。

2013年 オーストラリア単身取材。

2013年 フォトマガジン「EYE」を創刊。

2014年 北インド単身取材。

2014年 島根広告賞総合部門銀賞受賞。

2015年 エジプト、イスラエル単身取材,。

2017年 アメリカ単身取材。

2017年 写真展「Native.」開催。

2018年 写真展「one’s」開催。

 

東京都、北青山、伊勢谷友介プロデュース

music bar「PR BAR」にて

同個展「one’s」開催。

 

現在、ポートレイトプロジェクト~セカイはワタシ、ワタシはセカイ~を展開中。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

▼資金の使い道

現在、伊東昌信のアート活動はほとんど実費で行っております。

しかし、「遺伝子で見る日本人のルーツ」においては、企画が壮大なだけに実費ではとても成功に到達できない内容となりました。

とはいえ、この企画が展示・写真集作成まで実現すると、多くの人に、

「セカイは一つであること」「人種という壁を越えて訪れる平和」を届けられると確信しているため、

なんとしてもカタチにしたいプロジェクトでもあります。

DNAに興味のある方、世界のルーツに興味のある方、平和を望む方、世界は一つであることを知っている方など、

この企画にご興味を向けてくださる方々にその情熱をご支援という方法でいただくことで、共にカタチにできたなら幸せです。

*使い道下記のとおりです*

海外取材における渡航費

取材前のリサーチ費用

DNA検査費用

取材後、手現像における費用

展示費用

写真集作成費

 

さっそく、7月30日~台湾での取材が決まっております。

その後も随時各地へ赴く予定になっておりますので、こちらでもご報告を続けてまいります。

※この度のチャレンジは、ALL IN方式をとっておりますが、達成しなくても実施いたします。

(もちろん!達成を目指しますー!!よろしくお願いいたします。)

▼リターンについて

【3,000円コース】

●サンクスレター(Photo card×5枚)

●伊東昌信写真集 新刊 サイン付き

【10,000円コース】

●サンクスレター(Photo card×3枚)

●伊東昌信オリジナル写真 銀塩プリント(額装無し)
→写真:キャビネサイズ(127×178)

※写真の選出はお任せください。(画像はイメージです)

●伊東昌信写真集 新刊から2号分 サイン付き

【30,000円コース】

●サンクスレター(Phhoto card×5枚)

●伊東昌信オリジナル写真 銀塩プリント額装 キャビネサイズ
→写真:キャビネサイズ(127×178㎜) 額;大四ツサイズ:(279×356㎜)
※写真の選出はお任せください。(画像はイメージです)
※サイズ(㎜数)は多少前後する可能性があります。

伊東昌信写真集 新刊から3号分 サイン付き

【50,000円コース】

●サンクスレター(Photo card×5枚)

●伊東昌信オリジナル写真 銀塩プリント額装 
→写真:大四つサイズ(279 x 355mm)額:大全紙サイズ(727×545mm)
※写真の選出はお任せください。(画像はイメージです)
※サイズ(㎜数)は多少前後する可能性があります。

●伊東昌信写真集 新刊から5号分 サイン付き

▼最後に

最後までお読みいただきありがとうございました!

どうか、この壮大でロマンあふれる企画が成功し、世界はやっぱり一つで、人々はみな平和のもとにあるということが響いていきますように。 

何卒よろしくお願いいたします。

  • 38126902 244031763086400 3857414131170672640 n.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    第一弾取材!台湾へ行ってきました。

    2018/08/06 20:52

    遺伝子で見る日本人のルーツ~ポートレイト×DNA~ 第一弾の取材で台湾へ行ってまいりました。 アテンドに、現地で活躍される日本人女性をお迎えして、原住民の方々がいらっしゃる地域を訪ね、賞味3日間の強行取材でありながら62名ものポートレイトを撮ることができました。 また、DNA調査に向けて...

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    日本人とよく似た特徴を持つ民族 その2<台湾原住民族>

    2018/07/07 11:52

    日本人とよく似た特徴を持つ民族をUPしていきます。これから撮り下ろしていく予定の民族でもあります。 【台湾先住民族(タイヤル族他)】台湾に暮らす16の民族。そのうち多くの民族が、日本人とよく似ている。yap遺伝子D1aを含有している可能性がある。 台湾人男性のY染色体を調査したところ、ハプ...

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    日本人とよく似た特徴を持つ民族 その1<アイヌ族>

    2018/07/06 11:06

    日本人とよく似た特徴を持つ民族をUPしていきます。これから撮り下ろしていく予定の民族でもあります。 【アイヌ族】北海道・樺太・千島列島およびカムチャッカ半島南部にまたがる地域に居住していた民族。 <日本と共通すると感じる点>●この世のすべてのものに魂が宿るという思想・アニミズム●自然崇拝 ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください