Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

「子ども会」を立ち上げるキックオフ会として映画「みんなの学校」を上映したい

5b2de1e1 d808 48f0 8554 3c480abd02aa.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
20,000円
パトロン数
3人
募集終了まで残り
終了

現在25%/ 目標金額80,000円

このプロジェクトは、2018-08-02に募集を開始し、3人の支援により20,000円の資金を集め、2018-08-16に募集を終了しました

自治会や町会区域に限定されることなく、地域の方々や児童や学生のお子さんがいるお母さん、お父さんたち、そして何より子どもたち自身が自分たちの無理なく関われる形で地域で活動できる「子ども会」を新しく立ち上げるため、そのキックオフとして「みんなの学校」の上映会とワークショップを実施したい!

 

▼はじめにごあいさつ

はじめまして!

流通経済大学3年の宇井江里奈です!

私たち「こども未来プロジェクト」は、流通経済大学の学生を中心に活動しています。

メンバーは福祉、保育、教職を学んでおり、子どもや地域について考える機会が多くあります。

その学びの中で、子どもたちが笑顔で心を許せるような空間を提供し、子ども×子ども、子ども×大学生、子ども×地域に人との輪を広げ、幅広い人間関係を築いていくことを目標としています!

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

「子どもたちが安心して多くの人と触れ合い、楽しめる空間はどうしたら作れるのか」

最近、子どもが被害者になる事件や事故をよくニュースで目にします。

子どもを見守る立場の人からしたら、子供を1人で歩かせたり、知らない人に話しかけられるのも不安になってしまうと思います。

私が幼いころは近所の交流も多く、母がいないときは、近所の友達の家でご飯をごちそうになったりしていました。

現在は、世の中が物騒になっていることもあり、そういった交流が少なくなってきています。

そこで考えたのが1行目の言葉です。

子どものみならず大人も新しい出会いや、笑顔が生まれる空間を作り、

地域で支えあい、松戸市をもっともっと住みやすいく子育てしやすい街にして行きたいと考えています!

▼プロジェクトをやろうと思った理由

「言葉だけでは伝わらないビジョンを目で見て感じてもらいたい!」

「映画をきっかけに自分たちの地域ではどんなことをしていくかを一緒に考えていくきっかけにしていきたい!」

と私たちは考えています。

現在「子ども会」が少なくなってきている中で、上映会をきっかけに子どもと地域のつながりや自治体・区域に縛られず、保護者にも安心してもらえる居場所づくりが今後必要だと感じています。

そのためのキックオフ企画として「上映会+ワークショップ」を実現したいと考えています。

上映会後は新松戸で子ども食堂を開催している団体とも連携して「こども未来プロジェクト」として活動していく予定です!

支援していただいた皆さんとも一緒に新しい「子ども会」の形を創り上げていけたら嬉しいです!

▼これまでの活動

私たちは、松戸市新松戸にある「みんなの食堂」で月に1度お手伝いに行っています。

また、そこで出会った子どもたちと一緒に地域で「駄菓子屋さん」を出店したこともあります。

子どもたちは活発で行動力があり、発想もとてもユニークです。

私たち大学生も刺激を受け、もっともっと子どもたちを笑顔にしていきたいと考えるようになりました。

       

               

▼資金の使い道

8/26(日)開催予定の「みんなの学校」上映会+ワークショップにかかる運営資金及び広報や場所代に当てさせていただきます。

 

▼最後に

私たちと一緒に子どもたちや地域を明るく、笑顔にしませんか?

私たちは一人では何もできません。

「一期一会」

この気持ちを忘れず、すべての人と出会い、関わっていきたいです。

ぜひ私たちにご協力ください!!