1.良寛会館の運営による良寛さんの玉島での足跡を後世に伝えます 2.第3回津軽三味線・津軽民謡全国大会/第2回岡山県民謡全国大会in倉敷の開催により、音楽を通して文化交流を広げていきます

プロジェクト本文

▼このプロジェクトで実現したいこと

1.NPO法人きびの国観光協会では、2017年4月に「良寛会館」を設立しました。
200年ほど前に、倉敷市玉島の円通寺にて良寛さんが12年間修行しましたが、地元の方を含め、多くの人がその事が忘れてしまっております。「良寛さん修行の地」としての歴史を風化させないために良寛会館設立に至りました。良寛さんが紡いできた「慈愛の心」を現代、後世に伝えることがこのプロジェクトの目的の1つであります。

また、良寛会館設立に際し、良寛さんの故郷である新潟県出雲崎町と地域間交流事業を開始する契約を締結いたしました。良寛会館を地域間交流の拠点としていくことで地域を活性化していくことがこのプロジェクトの2つ目の目的であります。

良寛会館の詳細はこちらをご覧ください。

2.NPO法人きびの国観光協会では、【音楽の溢れる街、玉島】をスローガンに、倉敷市玉島の地域活性化に取り組んでおります。そしてこのたび、平成30年10月6日、7日に『第3回津軽三味線・津軽民謡全国大会in倉敷』、10月8日には『第2回岡山県民謡全国大会』を開催するに至りました。
今後も、この全国大会を通じて、音楽を通した文化交流を広げていくことがこのプロジェクトの目的です。

第3回津軽三味線・津軽民謡全国大会in倉敷の詳細はこちらをご覧ください。

▼資金の使い道

資金は、良寛会館運営/全国大会開催のために利用させていただきます。

▼リターンについて

290万円:1.良寛会館のネーミングライツ(1年間)(例:京セラ良寛会館、ヤフー良寛会館、など)、
 2.全国大会の名称のネーミングライツ(今年度大会のみ)(京セラプレゼンツ津軽三味線・津軽民謡全国大会in倉敷など)

10万円:1.全国大会プログラムへ広告掲載(表2,3,4/1ページ)、2.全国大会チケット10枚提供

5万円:1.大会プログラムへ広告掲載(1ページ)、2.大会チケット5枚提供

2万円:1.大会プログラムへ広告掲載(1/2ページ)、2.大会チケット2枚提供

1万円:1.大会プログラムへ広告掲載(1/4ページ)、2.大会チケット1枚提供

5千円:大会プログラムへ広告掲載(1/8ページ)

3千円:大会プログラムへ広告掲載(1/16ページ)

【目標金額が集まらない場合でも、当プロジェクトは実行させていただきます。】

▼最後に

良寛さんの歴史を風化させず「慈愛の心」を後世に伝えていくため、そして音楽を通じて文化を未来に残していくため、我々は活動しております。何卒ご協力のほどをよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください