目的:渋谷に関わる全ての人がハッピーになれるような経済圏を作り出し「渋谷を楽しくする」事が目的です。 渋谷のイベントを紹介するのと同時に、多くの人にSNSの機能を通して繋がり、フリーランスや起業家など、「新しく何か」に挑戦したい人が、繋がれるようなプラットフォームにしていきたいと思います。

プロジェクト本文

▼このプロジェクトで実現したいこと
世界の都市(ニューヨーク、ロンドン、パリ、渋谷)の実現を目指す。そして、渋谷に関わる全ての人がハッピーになるような経済圏を作り出し「渋谷を楽しくする」事が目標です。

*渋谷のイベントを紹介するのと同時に、多くの人にSNSの機能を通して繋がり、フリーランスや起業家など、「新しく何か」に挑戦したい人が、繋がれるようなプラットフォームにしていきたいと思います。

 

*現在の開発画面&サービス画面です。

https://g-miura.jp/環境としては、バックはXAMPPでPHPやワードプレスなど使っています。今後LPの変更や、iOSをReactNativeなどで実装して行くためにモックアップとデザインを勉強中です。

サイトの説明:ユーザーになることでユーザー同士で交流できたり、リアルタイムでしていることをつぶやけます。

 

 

 

ユーザー登録画面は海外のAPIを活用しています。今後、ソースの管理はgitで行って行こうと思います。*こちらの画面から必要事項を入力することで、サイトに登録でき、ログインすることで各種の機能が使用できます。

▼プロジェクトをやろうと思った理由
自分にとって渋谷という町は何なのか?と考えた時に「常に何かを発信し、何か新しい変化を生み出す」というフレーズが頭をよぎったからです。

なぜ、今、渋谷なのか―

・東京五輪2020年に向けて、渋谷の注目度が上がる

。渋谷で交流が増えれば、渋谷区としても日本としてもプラスになる。ので渋谷にはチャンスがあります。

▼これまでの活動
アメリカのシリコンバレーに行き、グーグルやフェイスブックといった企業を実際にみて価値観が変わり、SLUSH ASIAではアジアの中での起業の熱狂に魅せられたからです。

元々は公立小の教員をしており2020年のプログラミング必修科に向けてITに関心がありましたがチャレンジできる20代の内に別のフィールドに飛び込みたいと考えました。BOOKLABでの「ゆとり世代はなぜ転職を繰り返すか?」というイベントにも参加しましたが、自分みたいなケースも珍しくなく、今の若者にとって転職はむしろ自然なものです。頑張って教員を再び目指すという可能性もなくはないですが、今は新しい技術であったり、プログラミングといったものを深くやって、メシを食っていきたいという気持ちです。

▼資金の使い道

サービスリリース、プレス、広報、人件費、集客、サーバー、各種登記など。渋谷を楽しくさせるプロジェクト全般。

*資金の用途→現在のランディングページを改変します。(ロゴのコンペ&作成、チャットボットなど各種ツール導入)また、デザイナーの方とコラボして、サイト内に漫画を導入したいです。(25万前後)

さらに、PR Timesにプレスや広報を出したり、ユーザー同士の交流会も実施していきます(5万前後)

最終的には、iOSリリースとエンジニア採用&業務委託費にあてていきます。(25万前後)

▼リターンについて

新しくリリースしたSNS加入&編集権。オンライン(スカイプ等)で各種の相談(30分×2無料)、運営、広報のお手伝い(一回無料など。リクエストあればリターンを後日追加します。

▼最後に
宜しくお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください