「青の都」と呼ばれる古都サマルカンドなど、ウズベキスタンには日本にない魅力がたくさんあります。 この魅力を多くの人に伝えるフォトブックを作成し、ウズベキスタンに興味を持つ人を増やしたいと考えています。

プロジェクト本文

数ある案件の中から、このプロジェクトに興味を持って頂きありがとうございます。

トモヒロです。

これまで多くの国を旅して来ましたが、初めて中東の国にチャレンジします。

相棒のEOS 70Dとともにウズベキスタンの素敵な魅力を伝えるフォトブックを作りたいと考えています。

※写真はオーストラリアで私が撮影した写真になります

皆様ご支援よろしくお願いいたします。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

これまではヨーロッパや中東アジアを中心に旅をしており、ネットでの情報収集も容易でしたが、この度、中東への旅を計画するにあたっては、情報不足を強く感じることになりました。

2018年2月10日までは観光目的でもビザが必要であったこと、また、中東という国柄の関係上、渡航しようと思う人が少ないことが原因だと考えています。

しかし、今回の旅計画でウズベキスタンのことを調べていくうちに、ウズベキスタンは親日国であり安全な国ということを知りました。

ウズベキスタンの正しい情報が世の中に伝わる状態にない、そう感じたため、今回はウズベキスタンの実情(魅力も魅力とは言い難い面も)をお伝えできるフォトブックを作成しようと思いました。

▼リターンについて

ウズベキスタンの魅力を詰め込んだフォトブック(個人作成)をお届けします

▼資金の用途

航空機料金 85000円 ➕ 現地滞在費20000円 ➕ α(フォトブック作成代金)

▼渡航時期

2018年9月

▼最後に

私も中東には少し不安があります。

ただ、逆にそんな私だからこそお伝えできる魅力もあると思います。

皆様ご支援よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください