このプロジェクトの目的は、パソコンやスマートフォンで利用できるアバターを作成するアプリを開発することです。 アバターの外見で重要なのはやっぱり顔。 コスメを選んでメイクする感覚で、細かいところまで自分の好みの顔を作れるアプリが欲しい!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

ここをご覧くださってありがとうございます。アプリ開発を行うForest in Mind(フォレスト イン マインド)です。

フォレストインマインド Twitter

人工知能やプログラミングなど、少しとっつきにくそうな技術を、手軽に楽しく使える道具に仕立てたい、そんな思いで活動を始めました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで、チャットや動画の作成に使えるアバターを、楽しく作ることができるアプリを作りたいと思っています。

アバターの外見を自分の好みに合わせて作りたいと思ったとき、決まったパーツの組み合わせでは物足りない、でも1から全部作り上げるのは大変。特に顔は注目される部分ですから、思い通りの顔が作れたらうれしいものです。そこで、見慣れた道具である「コスメ」を取り入れることはできないだろうかと考えました。

メイクを経験したことがある方なら、やり方次第でどれだけ「変身」できるか想像できるかもしれません。そうでない方も、ぜひ「変身」の楽しさを感じていただけたら…と思います!

▼資金の使い道

プロジェクトが成立したら、資金は2つの用途に使用します。

ひとつはもちろんアプリの開発作業。開発に必要な機材(開発用ソフトウェア、テスト用のパソコンやAndroidスマートフォン、iPhoneなど)の購入費にあてます。

もうひとつは、開発報告や使い方のガイドを兼ねて、YouTubeなどで公開する動画の作成費用です。バーチャルYoutuberの誕生を見守ってもらえたら光栄です。

▼リターンとアプリの一般公開(販売)について

このプロジェクトで作成したアプリは、将来的に一部有料のアプリとして一般公開することを予定しています。ご支援くださった皆様には、リターンとして一般公開前からアプリを利用できるようにするほか、支援額に応じた有料部分の提供を行う予定です。

アプリ製作開始から一般公開まで

8月:プロジェクト始動!

目標金額を達成することができましたら、さっそくアプリ製作に取り掛かります。

製作は「Unity」という、PCやスマートフォンだけでなく、ニンテンドー3DSなどのゲーム機でも採用されているアプリ製作用ツールを利用します。本格的に製作が進むのは機材等が揃った後になりますが、PC版・スマートフォン版共通の基本機能から組み立てていきます。この期間中も、もちろん製作状況は積極的にご報告いたします。

 

9月中旬:動画公開開始

アプリで作ったアバター、動いている場面のおひろめです!

この時点ではまだちょっとぎこちないかもしれませんが、制作報告だけにとどまらない楽しい動画を目指します。パトロンの皆様のあたたかいご声援をおねがいいたします。

リターンの欄にもある通り、この動画内では一定額以上ご支援くださった皆様のお名前(またはご希望のメッセージなど)を記載いたします。

 

10月~11月中旬:アプリの微調整・テスト期間

アプリの製作も佳境に入ります。マウスで、タップで、それぞれの版で快適に操作できるように微調整は欠かせません。メイクだって仕上げは大事。より楽しいアバター作りを体験していただくため、いくらかのお時間をいただきます。

 

11月下旬:パトロンの皆様へアプリをお届け

お待たせいたしました!アプリのダウンロード方法をお知らせいたします。アバターに皆様の手で命を吹き込んであげてください。きれいになったアバターは、スマホで撮った写真やムービーの中に登場させたり、製作に使った「Unity」を利用している他のアプリと連携させたりしてください。

製作期間中でも、アプリをお届けした後でも、「アバターにこんなことをさせたい!」というご要望がありましたら教えて下さるとうれしいです。可能な範囲でとはなりますが、ご意見を取り入れて機能を増やしていきたいと思います。

 

 2019年1月~:Google Play/App Store等へ登録の申請→登録完了次第、一般公開・有料機能の提供開始

パトロンの皆様へアプリをお届けした後は、一般公開そして有料機能の提供へ向けての作業を開始いたします。公開は、おなじみのGoogle PlayやApp Storeで行いますので、審査などの時間がかかることになります。おそれいりますが、有料機能のご利用が可能になるまでお時間をいただきます。

有料機能では、ご挨拶に書いた「人工知能」の技術を取り入れていくことを計画しております。アバターをVR世界への案内役として、またあなたのパートナーとしてお役に立てる存在にできたら…ぜひ末永くアプリとお付き合いください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください