Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

【西日本豪雨災害】復興支援プロジェクト

5b42119c 0c08 4414 a0c5 7df00aae07a2.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
92,000円
パトロン数
14人
募集終了まで残り
終了

現在9%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2018-07-11に募集を開始し、14人の支援により92,000円の資金を集め、2018-09-24に募集を終了しました

西日本豪雨の影響により、大規模な浸水被害や土砂災害で被災された方々を支援する為、支援金を募集させて頂きます。 集まった支援金は地元倉敷をはじめ、各被災地へ支援を行うための支援活動費及び支援物資へと使用させて頂きます。

 

 

岡山県倉敷市真備町では猛烈な大雨により堤防が破れ大規模な冠水が起きました。

8日午前時点で少なくとも1千人が孤立しており、救助活動が進んでいます。

真備町地区の住宅は約9千戸、倉敷市はほぼ半数が今回の冠水で被災しました。

 

 

 

皆さんはじめまして。

この度、復興プロジェクト「TEAM.倉敷」を立ち上げました森 雅磯(まさき)と申します。

 ご挨拶の前に、西日本豪雨災害で被災された方々に心より御見舞申し上げます。

 このプロジェクトは、私の運営する株式会社YUMERiAL.GROUPS(ユメリアル.グループ)より発足し、様々な方へのお声掛けから皆様の賛同を頂きプロジェクトとして始動いたしました。

 7/7に個人的に支援物資を運搬するため被災地へ伺った際、本当に必要としている物が届いていなかったり、SNS等で気軽に情報が流せるが故に起きている情報の錯乱等、支援をするにも沢山の課題がある事を痛感しました。

正確な情報の拡散、必要な物資の情報集めによる的確な支援を行う為、沢山のボランティアメンバーと共にチームとして一丸となり被災地の皆様の力になれたらとの想いが発足のきっかけとなりました。

今までに仕事でのお付き合いをさせて頂いた方、地元の友人等へこの想いを伝えたところ、何か出来る事があるならば!何か出来ないかと思っていた!と立ち上がってくださる方が次々と声を上げてくださり、短期間で100名を超えるチームとなりました。

 みんなの力をひとつに。一丸となりTEAM.倉敷は皆様に貢献できる活動を行なって参ります。

 

▼メンバー紹介

梶田 篤 : 本部

山下 正志 : 広報

三宅 祐太朗 : 支援物資管理

高橋 和也 : 支援物資搬送

田邉 晃次 : 現地ニーズ調査

濱辺 龍志 : 現地スタッフ

清水 克彦 : 現地スタッフ

山下 晃平 : 炊き出し

藤原 豪隆 : 炊き出し

藤岡 琢也 : 情報管理

※この他にボランティアチーム・賛同企業など含めた約100名規模のチームとなりました。

 

 

  今回のクラウドファンディングでは、被災された皆様に必要不可欠な物を必要な場所に確実に支援をしたいと考えております。

 個人の支援物資からは集まりづらい蓄電器、発電機、スポットクーラーを始め、現地の声を最優先に必要な備品、消耗品等の費用を最初の支援金から捻出したいと考えております。

 今回よりも更に被害が大きかった東日本大地震では、被災された皆様が仮設住宅が出来るまでの集団生活の中で様々な犯罪も現実に起こっていました。

犯罪が起きてしまうのは、生活環境のストレスも大きく関わっていると思います。

「床がもう少し柔かかったら」

「生活音が気になって寝れない」等、

必要とされているものも、日々変化していくものだと思います。

その時々の状況を知る事で、確かな情報を集め、必要な場所と必要な人へ確実に支援をし、元の生活が送れるまでをゴールとして活動したいと思っております。

 

▼資金の使い道

蓄電器

発電機

スポットクーラー

必要備品及び消耗品:水・モバイルバッテリー・ティッシュ・オムツ・生理用品等

その他随時必要になった物

※目標金額に達さない場合もプロジェクトは必ず実行させて頂きます。

 (金額に応じて購入物の内容は調整させて頂きます)

※本プロジェクトは第三者への寄付を目的としたプロジェクトではなく、支援金として使用させて頂きます。

 

▼今後の活動

・必要備品・物資の手配

・情報収集、発信

・物資受け入れ、運搬

・炊き出し

・被災家屋の片付け・泥出し・家財道具の整理など

 

※倉敷市の公式サイトで、支援物資の受け入れを休止させていただいております。

と発表がありました。

私達も発表の内容は確認させていただいております。

しかしながら、まだ声の届いていない避難所があり、現在も受け入れをされている地域もあります。

この豪雨で被災したのは岡山県だけではなく、広島県を含め他県でも多くの被災地が確認されております。

立ち上げが倉敷の為、「TEAM.倉敷」という名前で活動をしておりますが、倉敷のみならず倉敷から市外、他県へも私達が出来ることをしていけたらと思っています。

避難所ごとに足りていない物資も違い、時間とともに必要な物も変わってきています。

また、ご協力いただいた支援物資に関しましては、分かりやすく仕分けをし、必要とされている場所に適切にお届け出来るよう努めています。

今後も行政やボランティアセンターなどの動きも把握・連携し活動していきたいと思います。

 

 

 

この豪雨で被災したのは岡山県だけではなく、まだ広島県を含め他県でも多くの被災者、被災地が確認されております。

岡山県から他県へも更に復興支援の和を広げて行く為の第一歩と思っています。

 

どうか皆様のお力を貸して下さい。

被災に遭われた皆様が少しでも前を向いて、以前と同じような生活に戻れるよう私達「TEAM.倉敷」一丸となり頑張って参ります。

 活動報告等は随時SNS等でも発信し、ご支援いただいた皆さまへお伝えさせて頂きたいと思います。

皆様のご支援、ご協力の程よろしくお願い致します。