千葉県船橋市にある珈琲店『竜と月』。 小さい店ながらこだわりを持った珈琲をより沢山の方々にお届けする為、是非皆様のご支援をお願い致します!

プロジェクト本文

▼ご挨拶

当ページをご覧頂きありがとうございます!

初めまして、珈琲店『竜と月 』店主 松尾 成竜と申します。

私はバル,ビストロなどの飲食店を4年程経験した後、大好きな珈琲についてもっと学びたいと思い都内珈琲店に2年勤務致しました。そして珈琲の魅力を通じ、もっと沢山のお客様に喜んで頂きたいという思いから、昨年12月、千葉県船橋市の新船橋という駅近くに小さな珈琲店を開きました。

▼竜と月について

竜と月という名前は、自身の「竜」という漢字と母が好きなモチーフである「月」から名付けました。お客様へ一杯毎に丁寧に淹れる珈琲へのこだわりは守りつつ、昼はランチでのお食事、夜はお酒とちょっとしたおつまみで楽しんで頂けるようにと周辺の方々のニーズに合わせながら営業しております。 

当店HP https://www.ryutotsuki.com/

▼当店の珈琲について

取引先珈琲会社

・山下コーヒー株式会社

1925年創業の老舗の珈琲会社。数多くの珈琲専門店への卸しを行っています。当店ではこの会社の売りの一つである紀州備長炭100%で焙煎された豆を数種類卸してお店にて独自の配合によりブレンドしております。特徴としては、まず炭火焙煎からくる甘く豊かな香り、苦み、酸味、コクのバランスの良さ、ミルクとの相性も非常に良く、ブラックで飲まれる方も、そうでない方も喜んで頂ける様に仕上げています。

炭火焙煎豆とは…

文字通り炭火でじっくりと焙煎する事ですが、通常火を付けたりする際にガスで直接温めるなど一部簡略化されている事がほとんどです。しかし、こちらの会社は火をおこすところから始まり火力の調節なども手作業で行われています。その為、焙煎ムラなどが生じますが、遠赤外線によりふっくらと香り豊かに焼き上がり、炭が燃焼時に発する大量の一酸化炭素による強い還元作用が働き、通常の焙煎豆よりも酸化がしにくいのが特徴となっています。

豆に対する更なるこだわり…

卸した焙煎豆に対して当店ではハンドピックを行い、出来る限り抽出に悪影響となる豆を取り除きます。

当店の珈琲は自家焙煎珈琲ではありません。もちろん、自家焙煎の方が利益が出ます。そして自分の手で作りあげる珈琲が最良であるならばそうしたいところですが…今のところ焙煎に関しての技術は持っていない為、やっておりません。ですが、この珈琲が現段階で皆さまへご提供出来る最良のブレンドコーヒーと自信を持っております!

 

▼リターンについて

目標額を上回る場合には、可能な限りリターンのバージョンアップも考えております!ですが、まずは目標達成!!目標額の達成が無い事には皆様へのお返しも出来なくなってしまいます…。何卒、ご支援の程宜しくお願い致します!

▼このプロジェクトで実現したいこと

周辺地域にとどまらず、より多くの方々に当店の珈琲を飲んで頂き、珈琲の美味しさを広く知ってもらいたいです!さらに、お届けする珈琲豆がお客様の元に届いた時に喜んで頂けるような、パッケージにしたいとも考えております。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

正直な話、珈琲店,カフェという業態は良いお店でも客単価の低さ,回転数の少なさが原因となり利益の創出が非常に難しいのが現状です。特に小さな資金から始める個人事業主は続けていくのも必死なお店も多く、実際当店も大きな事を新規でやりたいあったとしても、資金が足りないという状況でした。どうにか打開して、やり遂げたい!その思いから当プロジェクトで支援を募ろうと考えました。

▼主な資金の使い道

パッケージング材料費

ショッパー作製費

ラベリング機材購入費

web関連への掲載広告費

など

▼最後に

小さくまだまだ未熟な珈琲店では御座いますが、より多くの方に喜んで頂ける様にこだわりを忘れず日々精進して参ります。一人でも多くの方のお力添え、宜しくお願い致します!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください