好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイターが共演する夢のトークイベント「おバカ創作研究所」から誕生した『ドバトパーカー』。着ると鳩のようになり、街中で存在感を消せるパーカー。しゃがんで膝をすっぽりパーカーに入れて首を振って歩けば、どこにでもいるドバトのように見えます。

プロジェクト本文

「いますぐドバトになって存在感を消してしまいたい!」と思う事、ありますよね?

そんな誰にでもある願望を叶えるアイテムです。

団地に飛んでくるドバト。誰もその存在を気にはしません。

 

しゃがんで膝をすっぽりパーカーに入れて首を振って歩く事で、どこにでもいるドバトのように見えます。

 

 腕を羽のように折り畳むと袖の柄が合うように設計されています。

 

後ろはこんな感じ。どこにでもいるドバト。ストリートに馴染みすぎるスタイル。

視線を感じさせない無表情なドバトの顔がさらに存在感を薄めます。

綿密に設計された羽の柄。

【サイズ】

着丈68.5㎝ 肩幅47㎝ バスト(1周)116㎝ 裾幅(1周)94㎝ 袖丈61㎝ 

【生地】

T/C裏毛(綿90% ポリエステル10%)

※商品の色は照明やブラウザの関係で実物と多少の違いが生じることがございます。
※プリント位置により、柄の出方が異なる場合がございます。予めご了承下さい。

 

ザリガニワークス

 

Twitter:https://twitter.com/zariganiworks

武笠太郎、坂本嘉種によるマルチクリエイティブ会社。「コレジャナイロボ」や「自爆ボタン」「土下座ストラップ」など、玩具の企画開発、デザインを軸にしながら、「ごはんかいじゅうパップ」「弾神オドロッカー」「石膏ボーイズ」など、キャラクターデザイン、作詞作曲、ストーリー執筆等、ジャンルにとらわれないコンテンツ制作を広く展開。コレジャナイロボは2008年度グッドデザイン賞受賞。著書「遊んで暮らすコレジャナイ仕事術(パルコ出版)」「超玩具発想法 ザリガニワークスのスーパートイ工房(東京ニュース通信社)」。

  

好き勝手なモノ作りで知られるクリエイター“乙幡啓子”“現代美術二等兵”“ザリガニワークス”をレギュラーに、毎回ゲストを迎えておバカ創作で共演するトークイベント。

共通テーマによる宿題発表では「蟻塚えんぴつ削り器」「ハトヒール」 「八つ橋ダウンジャケット」「カップヌードル食ってる風ネクタイ」など数々の名作を生み出している。

自分の「おバカ道」を信じて突き進むうつけものたちがお送りする、おバカのものづくり最前線!是非その目でお確かめください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください