【限定先行発売】 マスク1枚に、ココナッツ1個分の果汁が使用されたBIO CELLULOSE MASKは肌の力を最大限に引き出します。 治癒遺伝子である HSP(ヒートショックプロテイ ン)の働きを活発にするCAROLE(カローレ)とともに、あなた本来の健やかで美しい肌を

プロジェクト本文


はじめまして、ALTURAの涌田と申します。このページをご覧いただき有難うございます。
 

我々は、お客様の健康だけでなく健やかな美しさを応援したいという思いから

2016年から大阪・東京・奈良県を中心に独自のBC理論(Body Core理論)を用いたトータルボディケアを

ご提供させていただいております。

弊社HPはこちら→http://altura.co.jp

 

そんな中で、お客様のお悩みで多く聞かれるのが

「肌荒れが起きやすい」
「一度肌荒れを起こすとなかなか良くならない」
というお悩みでした。

もちろん、私どもの施術を受けられるお客様ですから

日頃のお手入れを怠ることなく、むしろ一般的な美容意識よりもより高い美容・健康への意識を

お持ちになられており、人一倍お肌のメンテナンスはされている方々です。

現代の女性の大きなな悩みである

「しわ」「しみ」「そばかす」「肌荒れ」

本来人間の自然治癒力があれば

細胞のローテーションにより

軽減されていきます。

 

もちろん、

年齢とともに自然治癒力は下がっていきますが

現代の女性はあまりにその

自然治癒力が低下しているのです。
その原因は、ストレス・生活環境・食事等

様々ですが細胞の老化にはそれらの原因である

「活性酸素」が大きく関わっていることを

もちろん皆様ご存知でしょう。

 


あなたの化粧水・美容液・乳液は本当にあなたのお肌に浸透していますか?

バイオセルロースマスクは、

ヤシ由来のナノ繊維マスクです。

2~100ナノ(髪の毛の1000分の1、 一般的な不織布マスクの133分の1)のきめ細かい繊維で、

肌への浸透、密着性に優れています。
マスク1枚に、ココナッツ1個分(500ml)果汁が

使用され、それだけで保湿効果があるだけでなく

お肌につけた化粧水をお肌に確実にあなたの細胞の

深くまで浸透させます。

カローレは化粧水として、ヒトが持つ治癒遺伝子の働きを活性化することで

コラーゲンの産生を促進させ、炎症を抑え、活性酸素の除去を促します。

 

既存の化粧水や美容マスクの欠点は「使用して入れば肌が綺麗になる」ということ

しかし、それは本当にあなたのお肌を改善しているのでしょうか?

私たちのカローレ×バイオセルロースマスクはあなたの肌が真に健康で美しくなるために「美肌菌」を育てます。

そのメカニズムは

⑴バイオセルロースマスクは、ココナッツウォーターに酢酸菌を植え付けて作られています。
酢酸には、細胞を刺激してヒアルロン酸の産生の促進や過剰な免疫反応を抑え、炎症を抑える働きがあると言われています。
⑵カローレには、善玉菌が活発になる豆乳発酵液(乳酸菌生産物質)を配合しており、善玉菌のエサとなり善玉菌に活力を与えます。

  

 


・乾燥肌

・肌荒れが気になる

・エイジング化粧品を試してみたいけどどれがいいいのかわからない

・乾燥による小じわ・ちりめんじわで悩んでいる

・乾燥によるほうれい線、毛穴の詰まり

・乾燥によるくすみ

・紫外線のアフターケア

①洗顔後、化粧水などでお肌を整えた後、マスクを袋から取り出し、ていねいに広げます。
②額、目の周り、鼻の周り、両頬、あごの部分を手で押さえながらマスクを肌に密着させます。
③そのまま約20分間おいてから、マスクを取り除きます。肌表面に残った液は、やさしく手でなじませてください。

週に 1~2回のご使用をおすすめします。

【成分】 

 水、ダマスクバラ花水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、ヒアルロン酸Na、パルミチン酸 レチノール、レパゲルマニュウム、白金、アロエベラ葉エキス、グリコシルトレハロース、加水分 解水添デンプン、コーン油、ポリソルベート80、ポリソルベート20、ポリイソブテン、PEG-60 水添ヒマシ油、ポリアクリルレートー13、酸化銀、ホウケイ酸(Ca/Na)、エチルヘキシルグリセ リン、ココイルアルギニンエチルPCA、メチルパラベン

最後に

女性の健やかさ・美しさは社会全体を明るく照らします。
私たちは、あなたのお肌の悩みを解決するお手伝いをすることで

地域を、日本を少しでも明るくしたい。

その想いから、今回このバイオセルロースマスクとカローレを皆様にご提供することを決めました。

皆様からのご支援はさらなる製品の開発と、提供させていただくサービス・製品の品質向上に当てられます。

 

皆様からのご支援をお待ち申し上げております。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください