私たちは日本代表クラブチームは今年11月にオーストラリア メルボルンで開催されるアジア大会出場します。目標はメダルを取ることが目標です!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして。ご観覧いただきありがとうございます。徳永拓也 と申します。

皆さま、『デフ(Deaf)』とは何かご存知でしょうか?
デフ(Deaf)=聴覚に障がいを持つ人、です。
デフバスケットボールは、聴覚に障がいを持つ人が行うスポーツで、ルールはバスケットボールと全く一緒です。

私たちはデフバスケットボールが持つ力を信じています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

・アジア大会にかかる遠征費
・デフバスケットボールを通じて日本のバスケを盛り上げていきたい!

▼プロジェクトをやろうと思った理由

私たちはアジアNo.1クラブチームを決めるアジア大会への出場を決めました。オーストラリア、台湾、フィリピン、香港、インド、ニュージーランドなど強豪揃いがいます!

メンバーは社会人や学生で構成されるアマチュアチームです。日本の歴史を変えるべく、日々練習に励んでいます。

しかしながら、オーストラリアで大会が開催されるため、個人の旅費・宿泊費・食費やその他経費の一部である約30万円以上が必要となります。
個人の活動費用のほとんどを私費と一部スポンサー様から少し出してる多いですが簡単に海外遠征の予算を組めない体制にあります。

このような状況を踏まえて今回、クラウドファンディングを活用させていただき、私たちエンペラーズを応援してくださる皆様にご支援をお願いすることに決めました。

アジア大会期間

2018年11月20日〜25日になります。

 

▼これまでの活動

【大会経歴】
・過去全国聾あ大会優勝経験多数(エンペラーズ)

・過去ミミリーグ大会優勝経験多数(エンペラーズ)

▼資金の使い道

アジア大会で必要な費用に使用させていただきます。(旅費、宿泊費、食費など)

▼リターンについて

各リターン一覧参照。

▼最後に

日本のバスケ界を取り巻く環境は厳しい状況ですが、デフバスケットボールから日本を盛り上げていければと思っています。
皆様の応援・支援なくては実現出来ません。どうか宜しくお願い致します。

お忙しい中最後までお読み頂き有難うございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください