山形県庄内地方の方言・庄内弁を後世に残していくため、2013年、2014年に制作した『庄内弁ドラマ「んめちゃ!」』。YouTubeにて2話合計で再生数13万回を突破。今回、企画・阿部彩人が地域おこし協力隊の拠点として暮らす酒田市・大沢地区を舞台に、最新話を制作するためにプロジェクトを立ち上げます!

プロジェクト本文

山形県庄内地方の方言「庄内弁」を、庄内の子どもたちがだんだん話さなくなっている現状があります。このままでは、「庄内弁」は100年後には消滅してしまうかもしれません。
「庄内弁」を後世まで残していくため、そして庄内地方の魅力をより多くの人達に伝えていくため、皆さんのお力をお貸しください!!

●企画者・阿部彩人ご挨拶

どうも皆さん、このページを見ていただいて、もっけです(訳:ありがとうございます&恐縮です)。日本の西海岸側にある山形県庄内地方、酒田市の八幡地域・大沢地区で2018年5月より地域おこし協力隊として活動している阿部彩人です。

▼大沢地区のシンボルである、山に草刈りで描かれた「大」文字をバックに撮影した写真です。

私は山形県酒田市の漆曽根という集落に生まれ育ち、高校卒業まで酒田で暮らしておりました。大学進学から東京に住み始めたわけですが、サラリーマン時代も合わせて19年間の東京生活にピリオドを打ち、協力隊の活動拠点である酒田市の八幡地域・大沢地区に移住しております。

●庄内弁ドラマ「んめちゃ!」制作のきっかけと、プロジェクトで実現したいこと

私が東京に在住していた2013年、2014年に山形県酒田市でのロケで制作した『庄内弁ドラマ「んめちゃ!」』という映像作品があります。現在、YouTubeにて2話合計で13万回を超える再生数となっています。

この作品を何故作ったかというと、酒田出身の歌手・白崎映美さんと東京で飲む機会があった際に伺った話で、白崎さんが酒田市の幼稚園に行った時に、幼稚園児がみんな標準語でしゃべっていると。今の庄内の子供たちが、だんだん、庄内の方言である庄内弁を話さなくなってきているという現状があるとのことでした。山形県庄内地方で千何百年という年月の中で育まれてきた方言・庄内弁は、世界中でここにしかない言語であり地域文化ですが、その白崎さんのお話を聞いた時に、「このままだと、庄内弁は100年後に消滅してしまうのではないか」という危惧を抱きました。

庄内弁には、標準語には無い表現性をもった言葉も存在します。例えば、冒頭にも使った「もっけだ」という庄内弁は、相手のしてくれたことを「もっけ」(稀有)なことと敬意を表して感謝の意を伝える言葉で、「ありがとう」と「恐縮です」が合わさったような言葉です。また、雨などで水に濡れた時に使う「やばち」は、「気持ち悪い」と「冷たい」の意味を包含した言葉です。

このような豊かな表現性を持つ言語である庄内弁を、映像に残して次世代に伝えていき、そして庄内の素晴らしさをもっともっと多くの人たちに広く知っていただくために企画・制作したのが、この庄内弁ドラマ「んめちゃ!」です。

もともと1話ずつの完結型で制作しており、第1話、第2話ともに「最終回」と銘打っておりましたが、YouTubeのコメント欄や、実際にお会いした人などから、最新話の制作を心待ちにするお声をいただいておりました。

私が2018年5月より酒田市での協力隊活動を通じて地域の小学生に触れ合う機会も増えてきた中で、改めて、庄内弁を話す子どもたちが少なくなってきている状況を感じており、庄内弁が消滅してしまうのではないかという危機感を、新たに募らせているところです。

また、大沢地区で暮らす中で、30代以上の方々からご年配の方々まで、とても美しい庄内弁をしゃべる方が非常に多いということも感じておりました。そこで今回、この庄内弁の文化を後世に残していくためにも、私が住んでいる大沢地区を舞台に、庄内弁ドラマ「んめちゃ!」最新話の制作に踏み切ることを決意しました。

撮影スタッフは、庄内弁に心を打たれた庄内好きな新潟県在住の皆さまが、第1話、第2話に引き続き酒田までいらしていただけることになりました!

そして、これまでの2話にもご出演いただいた、白崎映美さんもご出演いただけることが決定!

その他の出演者やエキストラ、制作スタッフ、脚本の庄内弁翻訳などは、大沢地区の住民の皆さまからも多大なるご協力をいただきながら、撮影に向けて準備を進めております。

白崎映美さんと、監督・脚本・主演の新潟在住・鈴木ナナ子からメッセージコメントが届いておりますので、どうぞ!

▼白崎映美さんからのメッセージ

東京でバリバリ音楽業界のWebサイト企画・制作会社で働いていた若者が、東京で地元愛を熱く語っていた。地元を盛り上げたい、東京の人たちにも知らしめたい、構想も語っていた。地元がいかに好きかびんびん伝わって、とても頼もしいと思った。

その彼が、カタチにしたもののひとつとして、庄内弁ドラマ「んめちゃ!」シリーズがある。仲間達と力出し合って作った力作。私は出演で協力させてもらい、見たよ!面白かった!と地元、全国の人達から声をかけてもらった。

その彼が、仕事をやめ、東京を捨て地元に帰ってきた!

本気モードバリバリだ。SNS等で見る彼は、生き生き、もう弾けまくっていて、地元愛が溢れまくって訛りまくって人と人と繋がりまくって、これはもう大拍手であります。

地方は楽しい!面白い!地方はわくわくで生き生き!

そんな現実また、未来を体現している。

そしてまた、仲間を募って「んめちゃ!」シリーズを撮るという。

もう、これはもう、世界にアピールしてもらおう。
オラ方の光る、クニを!
自由で豊かで贅沢でカッコいいオラがだの地元を。

私も協力するしかね~よの!
おもしぇやづができっぞ~~!

皆様も一緒に面白い未来、つぐりませんか。
どうぞよろしぐお願いします。

▼監督・脚本・主演 鈴木ナナ子からのメッセージ

大学の頃、東京の駒込にあった山形県庄内地方出身者の学生寮「荘内館」に友人を訪ね、そこで繰り広げられる庄内弁のやり取りを一言も聞き取ることができず、圧倒されると同時に、親密な仲間同士だけの暗号のように思われて、羨ましさにドキドキしたことをよく覚えています。

庄内弁ドラマをシリーズ化して3作目になりました。私が「荘内館」で出会ったあのドキドキを日本中の多くの人に味わってもらえるよう、そしてまた庄内弁をルーツに持つ方々にも、自身のカッコ良さに改めて気づいてもらえたらという思いで、作品に取り組んでいます。白崎映美さんは、内側と外側を繋ぐ最高のアイコンであり、こんなに愛される人を庄内が擁しているなんて、他県民からしたら(今更ですが私はただの庄内好きの新潟県民です)歯ぎしりするほど羨ましい事です。今回もご出演いただけることになり感謝に絶えません。白崎さんを大好きな、多くの地元の出演者の皆さんが集まって下さいますので、熱のこもった撮影現場になることでしょう。今から楽しみで仕方がありません。

第1話を撮った頃は、まさか、シリーズ化するとは思いもよらず、当時朝ドラで人気を博していた「あ◯ちゃん」にヒントを得て、地方で訛りながら頑張る女性の話という程度だったのですが、庄内の才能溢れる多くの方々が次々力を貸してくださるようになり、2作目は酒田市内のライブハウス「酒田hope」を貸し切って、多くのエキストラの皆さんとのライブシーンを撮影、設定的にも技術的にも飛躍していきました。3作目の今回は、大沢地区の皆さんを老若男女問わず大々的に巻き込んで、なんと庄内地方が日本政府と対立する一大スペクタクルに?!言葉の魅力、人の魅力に加えて、食の魅力や、自然の魅力、そして今回は初めて、こどもたちと、伝統芸能とのコラボレーションに挑戦です。

とは言うものの、庄内ファンが集まって作っている低予算の自主制作ドラマです。スタッフも出演者の方々も、身銭を切って尽力して下さっています。あたたかい芋煮をもう一杯、つや姫のおむすびもう一個を差し入れるために、そしてスクリーンの中の庄内弁に力がこもるよう、笑顔が120パーセントに膨らむよう、皆様のお力をお貸しください。

現在私のほうは、大沢の方々に依頼していた台本の庄内弁翻訳を受け取り、キャスティングを進めています。技術班はスタッフの配置や機材調達、撮影スケジュールの調整中で、寒くなる前に撮影を終えたいと思っております。ロケに応援に来て、一緒に盛り上げていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

▼出演者・スタッフ(敬称略)

・監督・脚本・主演(アキチャン役):鈴木ナナ子
・ユイチャン役:白崎映美
・ばさま:阿部たづ子
・出演者・エキストラ・庄内弁翻訳:大沢地区の皆さん
・撮影・編集:田澤直樹
・撮影アシスタント:吉田竜、冨樫良治
・アシスタントディレクター:齋藤佳那子
・衣装:池田しのぶ
・協力:大沢コミュニティ振興会、日本西海岸計画、大沢地区の皆さん、漆曽根1区・阿部家の皆さん
・企画・コーディネート:阿部彩人
・制作:庄内弁ドラマ「んめちゃ!」制作実行委員会

日本西海岸計画の池田友喜さんより、大沢地区の美しい風景をドローンで撮影していただきました。こちらの映像も、今回の庄内弁ドラマに使用させていただく予定です。

▼資金の使い道

・映像制作費用
└出演者交通費・謝礼
└映像撮影・音声・照明機材費・オペレート料
└映像技術・制作アシスタント費
└映像編集・仕上げ費
└スタッフ交通費
└衣装制作費・購入費
└撮影時スタッフ・出演者 食事代

・リターン返礼品調達・発送費用

▼リターンについて

ご支援金額は3,000円からになります。ご支援くださった皆さまには、もれなく、歌手・白崎映美さんの直筆サイン入りカード、庄内弁ドラマ最新話を含めた全作品を収録したDVD、エンドロールにお名前もしくはニックネームを掲載などの特典がございます。「All-In 方式」のため、目標金額を達成しなくても撮影は必ず実行いたしますが、身銭を切って尽力して下さっているスタッフ・出演者のために、ぜひご支援をお願いいたします!

【3,000円】

・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」第1話~最新話まで収録のDVD
・歌手・白崎映美さん直筆サイン入りカード
・エンドロールにお名前もしくはニックネームを掲載
・2018/10/8(月・祝)に大沢地区で撮影のクライマックスシーンへのエキストラ参加権(※10/6までにご支援いただいた皆様が対象となります)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」オリジナルステッカー
・お礼のお手紙

【6,000円】

・大沢コミュニティロゴ トートバッグ(中)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」第1話~最新話まで収録のDVD
・歌手・白崎映美さん直筆サイン入りカード
・エンドロールにお名前もしくはニックネームを掲載
・2018/10/8(月・祝)に大沢地区で撮影のクライマックスシーンへのエキストラ参加権(※10/6までにご支援いただいた皆様が対象となります)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」オリジナルステッカー
・お礼のお手紙

【10,000円】

・大沢地区産の美味しいお米 5kg
・大沢地区産の美味しい野菜
・大沢コミュニティロゴ トートバッグ(中)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」第1話~最新話まで収録のDVD
・歌手・白崎映美さん直筆サイン入りカード
・エンドロールにお名前もしくはニックネームを掲載
・2018/10/8(月・祝)に大沢地区で撮影のクライマックスシーンへのエキストラ参加権(※10/6までにご支援いただいた皆様が対象となります)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」オリジナルステッカー
・お礼のお手紙

【15,000円】

・大沢の民家にて大沢地区住民との語らい(※画像は大沢の民家のイメージ写真です)
(宿泊することはできませんので、宿泊先はご自身で別途ご手配いただく形になります。遠方から酒田市までの交通費・宿泊費は自己負担となります)
・大沢地区産の美味しいお米 5kg
・大沢地区産の美味しい野菜
・大沢コミュニティロゴ トートバッグ(中)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」第1話~最新話まで収録のDVD
・歌手・白崎映美さん直筆サイン入りカード
・エンドロールにお名前もしくはニックネームを掲載
・2018/10/8(月・祝)に大沢地区で撮影のクライマックスシーンへのエキストラ参加権(※10/6までにご支援いただいた皆様が対象となります)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」オリジナルステッカー
・お礼のお手紙

【30,000円】

・大沢「大」文字の山登り体験など、大沢地区住民のガイド付きで自然体験ご案内(※画像は大沢「大」文字の山の写真です)
・大沢の民家にて大沢地区住民との語らい(※画像は大沢の民家のイメージ写真です)
(宿泊することはできませんので、宿泊先はご自身で別途ご手配いただく形になります。遠方から酒田市までの交通費・宿泊費は自己負担となります)
・大沢地区産の美味しいお米 5kg
・大沢地区産の美味しい野菜
・大沢コミュニティロゴ トートバッグ(中)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」第1話~最新話まで収録のDVD
・歌手・白崎映美さん直筆サイン入りカード
・エンドロールにお名前もしくはニックネームを掲載
・2018/10/8(月・祝)に大沢地区で撮影のクライマックスシーンへのエキストラ参加権(※10/6までにご支援いただいた皆様が対象となります)
・庄内弁ドラマ「んめちゃ!」オリジナルステッカー
・お礼のお手紙

▼最後に

これまで、庄内弁ドラマ「んめちゃ!」の第1話、第2話の制作と公開を通じ、多くの皆さまにご協力いただき、そして様々な方々から嬉しい反響をいただきました。

今回も、庄内弁に魅せられて新潟から駆けつけてくれる監督・脚本・主演の鈴木ナナ子をはじめ制作・撮影スタッフの皆さん、東京からお越しいただき出演してくださる白崎映美さん、そしてこの撮影にあたり多大なるご協力をいただいている大沢地区の皆さん。たくさんの方々のお気持ちとお力添えをいただきながら、前作までの作品からさらに進化した、とびっきりに面白くて庄内地方の魅力があふれる映像をお届けしたいと考えております。

庄内弁そして庄内の素晴らしさをより多くの人達に伝えていくために、ぜひ皆さんのお力をお貸しください。そして、完成をお楽しみにお待ちください!よろしくお願いいたします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください