「かわいいワークウェアが欲しい」そんな想いから、DIYクリエイターとして大活躍中のNegoちゃんとファッションデザイナー兼DIYインフルエンサーAJIKOのコラボブランド「N’LIFE」から3WAYサロペットワークパンツをお届けします。

プロジェクト本文

<はじめまして、AJIKOです>

Decoro株式会社のファッションデザイナーとして、色んなブランドさんと一緒にものづくりしています

 

 

そんな私がファッションデザイナーになったキッカケですが、小学生だった私は、毎日のように「新しい服が欲しい」「もっと違う洋服を着たい」といつも母親にせがむ子供でした

 

母親も元からファッション好きで、自分の洋服を作ったりするのが大好きな人で

休みの日に時々親子で買い物に行っては、家族だからこそ言える意見を、服を何枚も試着しながら、2人でブツブツ言いもって買い物に出掛けたのを今でも鮮明に覚えています

 

 

小学生の卒業時、もちろん卒業文集の将来の夢の欄には堂々と「デザイナー」と書いちゃいました

高校から短大へと進むも、その夢は捨てきれず悶々としながら短大時代を過ごしました
そして、周りが就活をする中、一大決心をし就活をせず服飾専門学校へ行く事を決めました

ここが私の一つ目の分岐点かも…。

 


ただ、幼い頃から、服の仕事がしたいと考えつつも、インテリアにも常に興味がありました

父方の祖父が、宮大工だったせいもあってか、実家にはいろんな工具が揃い

私の父親は昔からDIYや細かい作業がとても得意で
そんな両親から産まれ育った私は常に「物作り」に携わった環境で育てられました

そして自然に自分の中で「fashion &DIY」のセットが私の生活リズムの中の一つのカテゴリーになっていったのです
  

<Negoちゃんとの出会い>


 

ファッションとインテリア

全く違うものだと考えがちな分野

でもよくよく考えると

2つとも「ライフスタイル」に密接した分野
 

専門学校を卒業し、ファッションの仕事に携わりながらでも

でも心の片隅にはいつもインテリアをやりたい気持ちが残ってました

そして、そのあやふやな気持ちの中の空間を埋めるべく、DIYを始める事になります

 


 

そしたらそしたら…。


とにかく楽しいっ!

おもしろいっ!

奥が深いっ!

めっちゃ生活が便利になる!


って事に気付いた私は、もっといろんな事を知りたい!勉強したい!

とSNSに自分の家の中を投稿し始めました

 

 

インテリア好きな人と交流をしたかったし、他の人のDIYを見てみたかったから

そうして、自分のリノベーションした家の中の写真を投稿して行く中で

DIY好きな人やインテリア好きな人と繋がりを持てるようになり

気づけば、ありがたい事に1.4万人の方にフォローして貰えるまでになりました。

 

 


そんな投稿をしていく中で、Negoちゃんと知り合う事になります…。
 

  

<コラボブランド「N'LIFE」作った経緯>
 

 

Negoちゃんは、DIY業界では知らない人がいない程で、つるじょメンバーでもあり

WSの講師やテレビ出演など、多岐にわたって活躍をしているDIYトップクリエイター。

プラス、WEARに自分のその日のコーデなどを載せて発信するファッション好きでもあります。

 

※Negoちゃん自宅


そんなスゴイNegoちゃんに恐れ多くも私が突然「ブランド作ってみいひん?」と声をかけたのがキッカケで繋がるようになりました。

Negoちゃんなら「fashion &DIY」のカテゴリーを深く掘り下げてかわいくて萌える物作りが出来ると思ったからです。

でも…お互い、アカウント名(Instagram)は知ってるけど、どんな人なんやろ?…と疑問を抱きながらの初顔合わせ。

結果は…。

昔から友達デシタカ?ぐらいに意気投合。

 

私が思った通りの人でした。

そしてそこからfasshionとDIYを融合させたブランド作りが始まるのです。
 

※つるじょとは


フェイクグリーン業界では知らない人はいない、いなざうるす屋さんが、大阪市鶴見区にある倉庫をリノベーションをして実店舗を作る際に

全国から選びぬいたDIYクリエイターを結集させたグループの名称

 

※WSの様子


普通の倉庫を劇的に変身させたことが話題を呼び

様々なイベント等を全国各地で開催している。


オリジナル企画や、テレビ出演、企業等の依頼イベントなど多岐にわたる。

(Negoちゃんはそのつるじょメンバーの1人)

つるじょ 

<「N'LIFE」とは>


 

「N'LIFE」

Fasshion×DIYでライフスタイルを可愛く表現したい…

忙しい女性達の気持ちを上げていきたい…

家事を楽しくこなしたい…

たまの休日にかわいい服を着て出掛けたい…

 

そんな思いからブランド名が出来上がりました。


N→Next Life

N→Natural Life

N→Negoのデザイン


そんな言葉達にNが頭文字に使われているのも、 ブランド名の由来。

そんなライフスタイルに密着していきたいブランドだからこそ

「 人との繋がり」が1番たいせつだと思っています。

 

 

DIYを通じて今まで知らなかった人達とコミュニケーションが生まれ

横の繋がりが産まれていく。

そんな人との繋がりを、WS(ワークショップ)と言う形で6/ 末に開催。


Negoちゃんに講師をしてもらい

DIYに興味がある、 難しそうだけどやってみたい、もっと腕を磨きたい…

などなど様々な思いを持つ人が集まり「物作り」 をしていくワークショップ。

 


 
6/末に開催した「N'LIFEプチフェス」では

WSに加え、ハンドメイドのアクセサリーや雑貨、グリーンなど

色んな物づくりをしているクリエイターさん達の作品販売も同時に開催しました。

 

 

物作りは苦手だけどインテリアに興味がある人も来て頂いて、作品やWSを通して色んな世界観を持った人達とのコミュニケーションも生まれました。

DIYを通じて、 いろんな方向性や価値観を持った人達が集う場所を作っていきたい

「N'LIFE」が今後もやっていきたいコトの一つです。
 
  

<ランチにもいけちゃうワークウェア>

  

 

 このサロペットパンツには様々なデザインポイントがあります。 

 

 

 

 

リボンベルトを外して他のベルトでカスタマイズしたり

 

 

前身右脇と後身左脇のウエストベルト部分に「Dカン」 をつけているので、

そこにバンダナやタオル、 工具入れなど、いろいろ引っ掛けられるようにしました。

 

 

Dカンを大きめにして様々な大きさに対応するようにしたのもポイント。

もちろん、 何も引っ掛けなくてもそのままでポイントになるのでオシャレです 。

 


後ろポケットを少し下に付ける事で、 ヒップの大きさが気になる人や、下着ラインが気になる人にカモフラージュ出来るような仕様に。

後ろウエストベルト直下に、V字の切り替えを入れる事で、ヒップをシャープに見せる嬉しいデザインもプラス。

 

 

そして、サロペットパンツでもあるけれど、

肩紐は外して着たいと言う方の為に、肩紐は全てボタン付けにし、

取り外し可能になっています。

 

様々な身長差を考慮し、 ボタンホールを3段階にしてるのもポイント。

前後に3段階のホールを開けているので、 自分だけのバランスが作れます。

 


そのままストレートで履いたり、折り返しても履けるように、

裾の折り返しを深くして、 折って履いても生地の裏が見えないような工夫も。


 

 

 DIYをすると、汚れるし、汗もいつも以上にかきます。

やっぱり、かわいいワークウェアはいつまでも綺麗に着たいもの。

だから毎日の洗濯にも耐えれるように、 少し厚めの素材を使用しました。

プラス、 洗濯を重ねる事でいい意味での「ユーズド感」 をだしていける素材にしています。

 

 

色目はどんな服にも合ってオールシーズン着れるように、

少しくすんだカーキ

チャコールにも見えるブラック

誰にでも挑戦しやすい色です。

 

 

 

女性にとっては一番気になるお腹周り

後ろをゴム仕様にする事で幅広く着て頂けます

少しヒップにゆとりを持たせて、DIYをする時に動きやすいような仕様です

また、後ろウエストから下着が見えないように股上を少し深めにしました

 

 

太もも周りにも少しゆとりを持たせて、

膝から下をフィットさせる仕様にすることで

履きやすいのにスタイルを良く見せる効果があります。

 


こんな風に、Negoちゃんと私の「こーだったらいいな」

と言う思いをつぎ込んだのが、今回のサロペットパンツ

NegoちゃんがInstagramでコーディネートも紹介してるので、そちらも参考にしてみてくださいね。

 

(@nego_ code)

  

<最後に>
 

主婦として生活していく中での自分の時間をなかなか持てないのが現実。

自分よりも先に家族の事を考え自分の事なんか後回しの女性。


また、毎日仕事を一生懸命こなして、たまの休日には自分の時間を持ちたい。自分を磨く時間が欲しい女性。

N'LIFEは、そんな様々な女性のライフスタイルに「DIY」を通じて繋がりを持ちたいのです。

N'LIFEと繋がって、楽しい、おもしろい、テンション上げ上げのコミュニティに、ぜひ参加して頂きたいです

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください