北海道でセラピー犬を育成し、活動範囲内で障害を持つかたや高齢者施設でのセラピー活動を行いたい。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

セラピードッグとしてハンデキャップを持つ方や高齢な方の気持ちに寄り添う活動を行っていきたいです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

障がい者入所施設、高齢者入所施設はもちろん、障害者就労施設や様々な場所でセラピー活動を行いたい。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

飼育している犬にセラピー犬として適応できると考えたことと、就労支援施設で支援員として働く中で動物介在療法の有効性を感じたため。

▼資金の使い道

ジュニア期・アダルト期のしつけ費用1匹1回あたり3000円
↑しつけ教室20回程度必要かと。
↑上記教室からCAPP育成コースになると無料で講習が受けられる。
↑交通費として1回あたり500円程度

動物介在療法についての周知パンフレットの作成 2万円~3万円

動物介在療法についてのホームページの作成 3万円程度←外注予定

動物介在療法スタートした場合の費用

  1回の移動あたり1000円程度、遠隔地になればもっと増える。

出来れば無償で動物介在療法を利用してほしいため全額費用は負担したい。

▼リターンについて

活動報告書として小冊子を定期的に作成いたします。

▼最後に

動物が介入することで心を閉ざしてしまった方にも希望が見えることもあります。
セラピー活動がもっと当たり前になる社会にしたいと思っています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください