『イノチそのもので生きる』花カード(オラクルカード)をつくって世界を平和にしたい♡ そう想って作りはじめたら、あっさり試作品が完成しました。 製品化で、自分にも他人にも優しい、開かれた世界が実現します。 『イノチそのもので生きる』世界、みんなで一緒に創っていきましょう。

プロジェクト本文

●はじめまして●

 

はじめまして、鈴木恵みです。

「お写真で世界平和」を人生のテーマに掲げ、

写真家・ヒーラーとして活動させて戴いています。

このたびは、こちらのページにお立ち寄り戴き、ありがとうございます。

今回、初めてのクラウドファンディングです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 
◆このプロジェクトで実現したいこと

 

 【『イノチそのもので生きる』花カードで世界を平和にしたい】

 

わたし自身のこれまでの人生や、わたしと出逢う多くの方とのご縁によって、これまでに増してより強く、この花カードをつくる必要性を感じるようになりました。

 

~4.水分~

 

血を越えて、ジェンダーを越えて、ありとあらゆるものを越えて、私たちは今『自分を生きていく世界』に生きています。

そのような世界で、自分をどのように存在させていくか、はとても大きなテーマです。

 

わたし自身、お花と出逢い、お花とつながることによって、『お花が咲くように生きればいい』という気づきを得ました。

そして『お花が咲くように生きる』とはどういうことだろうか、と考えました。

 

導き出したのは『自分がどう存在していいかわかる』ということ。

『イノチそのもので生きる』ということ。

~18.中心~

 

イノチ自体がなによりもパワフル。

イノチを結実するお花は、そのエネルギーを宿しています。

そして、より最善に適応していく『進化のエネルギー』をも具えています。

 

花カードを通して、お花を見ること・感じることは、それらのエネルギーとつながること。

【今の自分】を【本来の自分】に戻すサポートを担ってもらえるということ。

 

 

花カードによって『本来の自分がわかること』『自分がどう存在していいかわかること』がサポートされると、自身のイノチの在り処がわかります。

自身のイノチの輝き、そのクリアな状態、がわかります。

どうすればより輝けるか、がわかり、動けるようになります。

 

~15.瞬間~

 

自らリミッターを外して、ただただシンプルに、ひたすら本気で、やりたいことを叶えて生きていく。

そのような生き方がありふれたものになることを意図し、『豊咲く花カード』プロジェクトが始まりました。

 

クラウドファンディングへのチャレンジは、花カードがひとりでも多くの人の手に渡り、活用されることで、ひとりひとりが『イノチそのもので生きる』世界の実現への最初の一歩です。

 

~48.女神~

 

◆花カードはどんなカード?

 

【『豊(いのち)咲く花カード』の働き→魂のコミュニケーション活性、お金がまわる】

 

お花は、自らの存在すべてから、大いなるエネルギーを発しています。

あなたの五感を通して注がれるエネルギーが、本来のあなたを思い出させてくれます。

お花のエネルギーの繊細さが、意識レベルまた無意識レベルそれぞれの調整をしていきます。

 

 

【今の自分】と【本来の自分】の不一致(ずれ)に気づくと、本当に自分が望むこと、がわかります。

『自分が自分をどう存在していいかわかる』ので、【自分からはじまる世界】つまり【現実】が変わっていきます。

 

すべては、一致できることばかりです。

もちろん、一致させないままでい続けることも自由な世界に、私たちは生きています。

花カードはそのことすら内包して、よりよく生きられるように見守り続ける、優しいパワーをもったカードです。

 

 

◆花カードの使い方

 

花カードのメッセージ(キーワード)によって、自覚しながら、また、無自覚のうちに、【今の自分】と【本来の自分】の一体化が促されていきます。

~22.想像~

 

一体化が促されると、『イノチそのもので生きる』(自分軸)から発せられる想像性が育まれます。

自分の中心から湧き出る、集中力をもつ想像性です。

自由な想像性が取り戻されてくると、本来の創造性が発揮されてきます。

 

~1.言霊~

 

選んだひとつのカード(キーワード)から、想いつくあらゆることを、自由に想い浮かべてみてください。

そのキーワードをきっかけに気づいたこと・ひらめいたことを、真摯に受け止めてみてください。

気づいたこと・ひらめいたことに関して、突拍子もないことをひらめいた自分、それに対して、弱気な自分・逃げ腰な自分を見つけたら、それすらも受け止めてみてください。

 

もし、そのときに答えらしきものに出逢えなくても、受け止めたことを前提に、自分の世界が開けてきます。

その解となるようなできごとに遭遇して、次の展開へ推し進められたり、想いがけないサポートを受けみるみる達成したり、ということが起こります。

 

~20.上昇~

 

◆従来のオラクルカードとのちがい

 

この花カードには、それぞれのお花を説明する小冊子はつきません。

そういった意味でも、このカードは従来のメッセージカードと異なります。

 

~12.意図~

 

これまでオラクルカードに触れたことのある方の中には、以下のようなことを感じたことが一度はあるかもしれません。

 

当てはまる

外れてる

何のことを言っているかわからない

etc.

 

わたし自身も想ったことがあります(笑)

けれど、当てはまるかそうでないか、はたしてそういうことなのだろうか?、と感じました。

まず、カード制作者の設けた枠から出ることが【自分自身にとっての答え】なのではないか、と。

 

~31.個性~

 

自分ならどう解釈するか、は言い換えると、自分の中心から生きることそのもの。

自分で好きに決めていい、ということはすなわち『イノチそのもので生きる』ということに他なりません。

 

そのような自由度の高いカードをいつか作りたい、と想いました。

 

自分でいくらでも自由に解釈できる。

自分の望みがわかり、その望みを助ける解釈ができる。

 

このような解釈は、カードを引くときだけでなく、私たちが生きる普段の生活の中でも実践できる(たとえば、『失恋』をきっかけに気づきとなること、を自由に解釈できる)ということにも通じてきます。

 

~23.探索~

 

◆花カードをつかって『イノチそのもので生きる』と

 

『イノチそのもので生きる』と、人間関係の純度が高まります。

本質同士のつながりのやりとりとなるため、そのような縁ばかりになり、つながらないと選択した人との縁は自ずと遠のくことになります。

これを【魂のコミュニケーション活性】とあらわしました。

 

~47.交流~

 

『イノチそのもので生きる』と、大いなる循環に身を投じたことになります。

つまり、お金のめぐりがよくなります。

『お財布』というパイプを通る通らないにかかわらず、金銭という文字通りのお金というカタチで、望みを叶えるためのサポート、といった別のカタチで。

たとえば、体調がよくなる、ゆえに、これまでそこにかけていた費用が適切に動き出す、といったこともめぐりのひとつです。

これを【お金がまわる】とあらわしました。

 

~33.快適~

 

人生を軽やかに生きたい、自分の望みを実現したい、と願う人のお役に立てるツールになることを確信しています。

 

~24.役目~

◆このプロジェクトをやろうと想った理由

 

この花カードは、ひらめいて、作りはじめたら、あっという間にできてしまったのです。

 

 

お手製の試作品を、オラクルセッションをしている友人に使ってもらったところ、とっても好評だったのです。

 

 

これをきちんと製品化して世に出したい、と想いました。

 

~6.息吹~

 

たくさんの人に使ってほしい、みんなが自分の中心から生きていける世界になったら絶対に素敵だ、これはそれを大いにサポートし得るものになる、という確信が、作り上げたときからありました。

 

お風呂サードシーズンで稼いだお金は鍼灸学校の学費に充てたため、すでに使い切っています。

 

そんな中、別の友人からクラウドファンディングのことを聞きました。

 

これだ、と想いました。

 

~29.心眼~

 

初めての挑戦はとても勇気が要ります。

 

けれど、勇気を出すときの震えよりも、このプロジェクトが実現したときの震えの方が、より魅力だと感じました。

 

体感してみたい、と感じました。

 

実現したビジョンから遡っての『今』、このプロジェクトに挑んでいます。

 

素敵なご縁がつながることを感謝しています。

 

ありがとうございます。

 

~10.期間~

 

◆資金の使い道

 

カード制作料 1,445,000円

データ作成料 155,000円

 

計 1,600,000円

 

~42.支援~

 

◆リターンについて

 

花カードの制作には20日間ほどの日数を要します。

クラウドファンディング終了時から1ヶ月ほどで、お手元にお届けできる予定です。

カードは1セット5,400円(税込み)での販売予定です。

セッションのリターンは、システムの関係上、お届け予定をカードのお届けと同じく2016年10月とさせて戴いていますが、2017年3月末までとさせて戴きます。

 

生み出すものが『イノチそのもので生きる』ものなら

リターンも、『イノチそのもので生きる』をお届けできたら素敵

と想い、普段のわたしのイノチそのものの活動から組み合わせてみました。

 

・5,000円 花カード1セット+お写真の原画(2L)

   カードのお写真の原画(2L、額装)を一緒にお送りさせて戴きます。

 

・10,000円 花カード1セット+お好みのお写真の原画(4切)

   カードのお写真の原画(4切、額装)を一緒にお送りさせて戴きます。

 

・10,000円 花カード1セット+クリスタルボウル個人セッション(1h)

   あなたのご自宅またはレンタルルームにてセッションさせて戴きます。

 

(クリスタルボウル演奏のイメージ↑)

 

・30,000円 花カード1セット+プロフィール撮影

   公園など屋外にてプロフィール写真をお撮りいたします。

 

 

・50,000円 花カード1セット+フォトヒーリング

   レンタルルームにてセッションさせて戴きます。

 

 

・100,000円 花カード1セット+セミヌード撮影

   都内ハイクラスホテルにて撮影いたします。

 

 

◆わたしの仕事(使命)

プロフィール撮影(32,400円/1.5h)

セラピスト・ヒーラー撮影(プロフィール、セッション風景、サロン風景)(54,000円3h)

ヒーリングフォトセッション(54,000円/3h)

セミヌード撮影(108,000円/3h)

クリスタルボウル個人セッション(10,800円/1h)

クリスタルボウル演奏会(3,800円/1h、不定期開催)

個展開催(今年の開催は8/15~21、11/17~23。両日程とも山手111番館にて開催。入場無料。)

 

いずれも、わたし自身の『イノチそのもので生きる』であり、『イノチそのもので生きる』をサポートするものばかりです。

 

◆鈴木恵みプロフィール

 

桜が満開のお釈迦様のお誕生日に生まれました。

深夜に生まれた私に逢いに、父は桜並木を通って病院に駆けつけたそうです。

 

 

そして、両親不仲の家庭で育ちます。

冷たく張り詰めた空気感に対して過敏な、元気で自分勝手をやりつつも想いっきり気を遣う、自分をどう存在させていいかわからない子供時代を過ごします。

 

高校時代は、ちょうどチアリーディングの走りの時代でした。

チームに恵まれ、全国優勝や海外遠征を経験します。

けれど、自分をどう存在させていいかわからない、は顕在。

ダンスは下手で脱臼癖もあり、かたや自意識過剰。

常に選抜メンバーであったにも関わらず、劣等感の塊でした。

 

~3.原点~

 

中学生の頃、人生初の美容院(カット&ブロー)の後の『気の通る心地よさ』から、無邪気に美容師を目指しました。

しかし、自分をどう存在させていいかわからない、うまく立ち回れないことからクビを通達されました。

インターン時代に最初のうつを経験、薬を飲むも、飲むほどに悪化する不自然さから、勝手に服薬をやめる、というプロセスも経験しました。

 

女性専門のフィットネスクラブでスポーツトレーナー、パンの製造工場でのアルバイト、派遣社員を経て、お風呂デビューすることに。

直接的なきっかけは対人関係のいざこざ、それを機に、なにか新しいことを始めてみたい、と想い立ちました(お風呂ファーストシーズンです)。

 

~13.選択~

 

猛烈アタックを戴いて結婚するも、1年後に離婚。

某ネットワークビジネスをきっかけに知り合った彼に、貸したお金とともに去られる。

などを経て、お風呂セカンドシーズン、入店2ヶ月でNO.1となり、その後、退店まで常にトップを独走します。

 

~46.背景~

 

その間、ストレスフルでダウンした時期より、携帯でお花を撮りはじめます。

また、日本でビギナー向けのフラワーエッセンスを学んだことがきっかけで、オーストラリアまで飛び、フラワーエッセンスの学びを深めてきました。

自分自身をケアする、自分自身の内面と向き合う、という概念と出逢ったのが、この時期にあたります。

お花のお写真からエネルギーを戴く感覚は、この頃からありました。

 

~21.触感~

 

2008年、白金台にてサロン『ヒーリングスペースくりすたりうむ』をオープン。

アルケミークリスタルボウルヒーリングや演奏会、ヒプノセラピーのお講座開催などを行っていました。

 

サロンという形にとらわれなくなった後、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の学校に通い、国家資格を取得します。

この間、お風呂サードシーズン、常連のお客様のお蔭で『悠々自適なお姫さま』の時期を過ごさせて戴きました。

 

~16.潤沢~

 

2015年夏、デジタル一眼を手にしたのを機に、本格的にお写真に取り組み始めます。

 

2016年5月、表参道にて、グループ展『お花畑みたい。』を開催。

フォトブック『姫言~himegoto~カラフルな世界のここが真ん中』(写真鈴木恵み・文章ヒラタナオ。)の制作も行いました。

 

 

2016年8月15~21日、山手111番館にて個展『お花畑。』を開催予定。

(花カードのお写真をご覧戴けます。ぜひお気軽にお立ち寄りください。)

 

 

●ここがはじまり●

 

実際、『イノチそのもので生きる』体感で生きていけるようになったら、とっても楽しい♪

文字通り、人生が軽やかになりました。

今までどんな重荷を背負っていたか、と想うと、ホントびっくりです。

こんな軽やかさを、ひとりでも多くの方と体感して生きていけたらしあわせ♡

カードと出逢ってhappyになる方とも

カードを使って、たくさんの方のhappyを応援される方とも

真に優しい世界で出逢いたい。

お花みたいに『イノチそのもので生きる』『ほわわわわーん』な世界

みんなで一緒に創っていきましょう♡

ご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

●応援メッセージ(ヒラタナオ。より)●

 

 

鈴木恵み(以下、すずめ)から【お写真で世界平和】のビジョンを聞いたのは、

  

グループ展「お花畑みたい」の直後だった。

  

でたらめに、がむしゃらに、不格好でも、生きてきた。

  

そんなじぶんを、すずめ自身が愛しはじめたころだったように思う。

  

  

わたしは去年、母が死んで半同棲していたひとと別れて、

  

「じぶんを生きる」とかどうでもよくなるくらい、ズタボロだった。

  

消えたいくらい、辛かった。

  

  

そのころ、すずめはまだ泡姫をしていて、天職と言いつつ別の道を探して、迷走していた。

  

  

わたしたちは、「じぶんを生きるがわからない」2個の魂として、出会った。

  

  

いろんなことがあった。

  

本当に、いろんなことがあった。

  

もう二度と戻ってこないいまこの瞬間を、

  

命がけで生ききった、泣きそうなほど愛おしい時間。

  

  

必死だったこと、泣いても泣いても泣ききれなかったこと、ひとと生きる幸せを探してたこと、

どこにも居場所がない気がしてたくさんたくさん探してつくって失敗してきたこと。

  

  

「世界なんかぶっ壊してわたしたちが幸せになる。」

   

という勢いと

  

「わたしはいいから、どうか世界が平和になるように」

   

という想いがぶつかって、

  

のたうちまわってた時代の自分を愛せるくらい、

  

わたしたちは生き抜いてきた。

  

  

どんどん軽やかに、自由に、楽しくなってきた。

  

「ただ、生きること」をここまで突き詰めてきた人間を、

  

わたしと彼女以外にわたしは知らない。

  

  

彼女のフラワーカードは魔法のカードではない。

  

心を動かし、手足を動かし、耳を澄まして、生きて行くのは、あなただ。

  

そんなあなたを、きっとずっと支えてくれる。

 

わたしたちが変わってきたように、あなたも変わっていける。

  

  

お花が咲くように、あなたも生きられますように。

  

  

写真にうつる世界も、わたしも、あなたも、愛おしい。

  

  

だからきっと、世界は平和になる。

  

  

姉ちゃん、クラウドファンディング開催、おめでとう。

    

これからが素直に楽しみ。

  

  

ヒラタナオ。

 

 

◆リンク

鈴木恵み

Facebookリンク https://www.facebook.com/profile.php?id=100006464892610

ブログリンク http://ameblo.jp/cul

 

ヒラタナオ。

Facebookリンク https://www.facebook.com/naochan.yes

 

 

~11.体験~

 

わたしのポートレート写真【Photo by Toshio.T】

お花、プロフィール・セミヌードのお写真【Photo by 鈴木恵み(すずめ)】

花カード(試作)撮影協力【Photo by ヒラタナオ。】

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください