▼はじめにご挨拶

はじめまして。

2018年7月岐阜県各務原市に 

【大衆】鰻料理専門店 阡家(せんや)

https://foodplace.jp/senya/

をオープンさせました松井と申します。

▼このプロジェクトで実現したいこと

シラスウナギ高騰で、高嶺の花となっているうなぎを、もっと気軽に食べられる店があっても良いと言う強い思いから、うな丼1杯1000円からという、大衆的なうなぎ屋を自身で独立開業致しました。

 

少し古いデータですが、

2010年に日本スポーツ振興センターが行った調査によると、

小中学生の嫌いな食べ物第一位=肝料理・第二位=うなぎという、

我々世代にはにわかに信じがたいデータが御座います。

私自身も経験ありますが、「これ嫌い!」と思っても、ちゃんとした店で食べてみると、むしろ好きなんてことがあります。

最初に食べたものがあまり状態の宜しくない物であると、その印象を引きずってしまい嫌いになってしまう。このデータにもそう言った部分は含まれていると考えております。

 

本格派のうなぎをもっと気軽に食べられる店があれば、この調査は違った結果になったのではないか?

現状のままでは、世界遺産登録され日本が世界に誇る【和食】という食文化も廃れてしまうのでは?

そう言う思いから、あくまで【お値打ち】で【大衆的】であることを念頭に置いた店を作りました。

そうすることで、うなぎと言う食文化を守って行く。

それがこれまでこの業界に生き、うなぎにお世話になった者としての務めだと考えております。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

どれだけ高品質でコスパが良くても、怪しい外国人が路上で販売していたら、それを買う人はほとんどいないでしょう。商品が売れるためには、品質・価格は勿論の事、多くの人に認めてもらい【市民権】を得る事も必要です。

 

徹底的な効率化や独自の仕入れルート等により、お値打ち価格を実現。品質・コスパには自信を持っておりますが、うなぎ屋は老舗が強く、新参者に厳しい業界でもあります。

 

そこで、一人でも多くの方にこのお店を知ってもらうための告知やイベントを開催したいと考えており、多くの方に認知してもらい、市民権を得て、この先もお値打ち価格で鰻を提供し、食文化を守って行きたいと考えております。勝手なお願では御座いますが、皆様に御協力頂きたく存じます。

▼資金の使い道

広告宣伝

イベント開催の費用

▼リターンについて

支援して下さる皆様にも当店のファンになって貰いたいと強く願っております。

そのため、リターンに関しても皆様の利益をしっかりと考え、当店の事を知ってもらう機会にしなければならないと考えており、リターンだけで損をさせない様に設定致します。

そもそも、今回の目的が【知名度の向上】でありますので、皆様にしっかりと覚えて貰える様にしなければと考えております。

 

5000円

”裂きたて”うな丼(1尾使用)+肝吸い お食事券

活きたうなぎをその場で裂き、最高鮮度のうな丼をお作り致します。

お食事券を郵送にて送らせて頂きます。

 

10000円

ニホンウナギの白焼き(冷凍)×3尾 タレ付き

提携加工場にて、厳格な検査・厳正な目利きを行、良質なニホンウナギを白焼加工→冷凍し、郵送にてお送り致します。

 

20000円

ニホンウナギの白焼き(冷凍)×7尾 タレ付き

提携加工場にて、厳格な検査・厳正な目利きを行、良質なニホンウナギを白焼加工→冷凍し、郵送にてお送り致します。

▼最後に

最後までお読み頂き誠に有難う御座いました。

皆様にご支援頂き、一緒に食文化を守っていけたらと考えております。

宜しくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください