「本が好き」という気持ちを大切にした仲間がいる環境で、自分の好きな本を書評にして、一緒にメディアを創っていきます。毎週書評を継続して書くことで、「充実した読書ライフスタイル」を実現します。

プロジェクト本文

書評メディア「わたしの本棚」を一緒に創る書評ライター募集します。

月間4,000人以上が訪れる書評メディア「わたしの本棚」( https://mybookshelf.site/ )で週に1回書評を書く仲間を募集します。

書評を書くことで、ご自身の読書生活が今以上に充実すること間違いなしです!

また読書が大好きなメンバーとわたほんを通じて繋がっていきますので、

お互いに勉強になることや気付きをえることができます。


また、メディアの成長に必要な文章力や基礎的なWebマーケティングやワードプレスの知識も身につきます!

 

◆わたほんラボで読書が趣味の仲間と繋がれる!

読書が好きな人が、書評を書くことで、つながれるメディアであり、

メンバー同士が安心・信頼できるコミュニティを目指していきます。

 
▼プロジェクトをやろうと思った理由

「わたしの本棚」は、2018年5月にスタートしました。

このメディアを運営してからよく聞くようになったのは、

・読書が趣味だけど、本の感想を言い合う相手がいない

・本で感じたことや考えを表現する場がない

など

「読書が趣味だけど、一人で読んでるだけでは物足りなく、感想や好きという気持ちを共有できる場所がほしい」

ということでした。

 

であるならば、「書評を書くことで繋がれる本好きコミュニティ」を作ろうと考え、

今回、わたほんラボの立ち上げにいたりました。

 
▼これまでの活動

わたほんでは、現在13名のライターが週に1回書評を書いています。

記事数は4か月で累計200記事を超えました。

月間4,000人以上がアクセスするメディアになりました。

多くの著名作家さんにツイッターでシェアしていただいたり、リプライを頂くことも増えてきました。

 

 

 

▼資金の使い道

・わたほんラボ及び「わたしの本棚」の運営

・わたほんラボ内でのイベントやキャンペーン費用

に使います。

 

▼リターンについて

・非公開のFacebookグループもしくはLINEグループにご招待します。

・本が好きな仲間と安心信頼できるつながりができます。

・文章力や基礎的なWebマーケティングやワードプレスの勉強ができます。

・メンバーご自身で、ワードプレスを使い、オリジナルブログやWebサイトを作れるようになるためのお手伝いをします。

 

 

▼最後に

これからもコツコツと書評を書いていくことをベースにしながら、

読書好きメンバーが集まるコミュニティらしい取組みをやっていきたいと考えています。

書評を書くことは、筋トレやダイエッをトすることと似ているように思います。

毎週1回書いていると、時にしんどくなったり、なかなか書けない自分と向き合うことがあります。

そんな時、一人だとやめてしまうことも、仲間がいることで互いに支えあったり、励ましあって継続できると思います。

本を通じて自分の内面と向き合ったり、誰かの支えになったり、支えてもらったりしながら、一緒に充実した読書ライフを過ごしましょう!

 

▼わたしの本棚 管理人のプロフィール

 

マコ

わたしの本棚 管理人

大学卒業後、会社員7年→ベンチャー経営5年→フリーランス5年

月間10-20冊の読書家。

好きな作家:村上春樹、村上龍、平野啓一郎、江國香織、辻仁成、石田衣良。

小説と実用書との割合は3:7。

複数のオンラインサロンにてコミュニティマネージャーやプロジェクトマネジメントを担当。コミュニティ運営のコンサルティングを行う。

 

【わたしの本棚】

書評メディア:https://mybookshelf.site/

Twitter:https://twitter.com/mybookshelf5

Instagram:https://www.instagram.com/mybookshelf5/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください