走ることなんて大の苦手だった運動オンチSAKI。「胎内死亡」を乗り越えて、過酷な砂漠マラソンに挑戦!2018年にはサハラ砂漠マラソンを完走。2019年アタカマ砂漠マラソン、そして、南極マラソンを目指します!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

みなさん、こんにちは。このページをご覧いただいて有難うございます!運動オンチの砂漠ランナー 爆走SAKIこと、水岡紗希と申します。大分県内にて、ヨガをはじめフィットネスのインストラクターをしています。

2018年には、世界で最も過酷と言われる「サハラ砂漠マラソン」を完走。次に、2019年「アタカマ砂漠マラソン」、そして「南極マラソン」を目指しています!

https://www.splitte.com/

 

運動音痴なのにフィットネスインストラクター⁈・・・と、思いますよね。

子どもの頃、ちょっと走れば咳が止まらない。中耳炎の為、プールには入れない。鉄棒の逆上がりが出来ない。等々、体育の時間が大嫌いで、逃げたくて仕方ありませんでした。そんな自分を克服するために、思い切って体育大学へ進学。オリンピック選手が沢山いるなか、落ちこぼれの4年間でしたが、丸一日動き続ける事や、スポーツの理論等を学んでいきました。

卒業後は、OLに。

荒療治のおかげで、自分が運動することへの抵抗はなくなりましたが、誰かに運動を教えるという選択肢は頭の中になく、一般職に就きました。そして、結婚し家庭に入りました。

待望の子どもを授かる。

男の子でした。順調に成長してくれて、毎日元気いっぱいにお腹をポコポコ蹴ってきました。真っ白なおくるみや、新品のベビー服、チャイルドシート、出産時用の入院セット、準備は万端。もし、少しくらい早産でもICUがあるから大丈夫。何の心配もしていませんでした。9ヶ月を過ぎたある日、突然その日が来ました。

胎内死亡。そして、出産。

安定期を過ぎたら、9ヶ月にもなったら、当たり前にお母さんになれるのだと思っていました。ですが、当たり前なことなどなく、生まれてくる命は奇跡なんだと知りました。1606gの可愛い赤ちゃんでした。ただ、眠っているだけのように見える可愛い我が子を、8時間の陣痛の末、出産。一晩だけ、一緒に過ごすはずだった家に連れて帰り、翌日にはお葬式をあげました。

出口のないトンネル。

それからの日々は、ただただ無気力でした。お腹の中で、亡くしてしまったので、「自分が殺したんだ」「私が死ねばよかったのに」と、罪の意識に覆われていました。出口の見えないトンネルの中にいるような、すべてが灰色にしか見えなくなりました。度々、フラッシュバックが起こり、自律神経が乱れ、薬が手放せませんでした。

マラソンとの出会い。

ふとTVで見た「東京マラソン」の中継。歯を食いしばって走る市民ランナーさんの姿に、ものすごく感動したのを覚えています。うじうじしてないで、私も走ってみようかな?と思い立ちました。いざ、走ってみたら3分も走れなかったんですけどね。

読者モデルに合格する。

ちょうど募集中だった、雑誌「RUNNING style」の初心者育成企画。読者モデル(モルモット?)に運良くなれて、6ヶ月のトレーニングで、「ホノルルマラソン2012」42.195kmを歩かずに完走する事が出来ました。

命名【爆走SAKI】

それから大会に出まくっていたら、いつしか読者さんから【爆走SAKI】と呼ばれるように。マラソンを始めてから、目標に向かって進んでいくことで、どんどん体力がつき、心も元気になっていきました。

ヨガインストラクターになる。

マラソンのケアのために、ヨガを学びたくて、どうせなら学校で一から学ぼうと、インストラクター養成学校へ。マラソンの補強のために、HIIT等フィットネスのインストラクターにも。自分が運動を教えるようになるなんて、夢にも思いませんでしたが、今では、運動音痴の私だからこそ伝えられる!ことをする!という想いが強くなりました。

100kmに挑戦。

フルマラソンから、さらに距離を伸ばしてみたくなり、「サロマ湖100kmウルトラマラソン」に挑戦。初めての時は、70km付近で低血糖になるも、ベテランランナーさんに助けられて完走。ボロボロになりながらも、振り絞ってゴールできた時、「この足で100kmも走ってきたのかぁ」と、体中から生きている実感を感じました。

サロマからサハラへ。

さらに自分に挑戦したくなり、世界で最も過酷なマラソンと言われる「サハラ砂漠マラソン2018」にエントリー。7日間分の食料・寝袋等(初日14㎏)を背負い、砂漠でテント泊をしながら250kmの道のりを進むステージレース。ここまでくると、もう私一人の夢ではなくなりました。沢山の方の応援を日の丸(国旗)に込めて、出発。

本気で過酷だったサハラ砂漠。

「とんでもないとこに来てしまった」というのが、初日の感想です。熱中症になり、歩くのも困難に。ひっくり返りそうなくらい重いリュック。泣いてもゴールは遥か彼方。呪文のように「I can do it!!I can do it!!I can do it!!」と、ぶつぶつ言いながら、よたよた進みます。9日間お風呂に入らない、トイレはその辺のサボテンの後ろで、吹きっさらしのテントで砂嵐の中でも寝る、という体験は、何もかも初めてで、おっかなびっくりでした。

起きていることは一つ。

はじめのうちは、二度と砂を見たくない。とか、なんだこの苦行は。なんて、思っていたのですが、だだっ広い砂漠の中でヨガをしたら、スッキリ。一生のうちに何度あるか分からないこの状況を「もっと楽しもう!」と気持ちを切り替えました。起きていることは一つで、自分次第で地獄にもパラダイスにも出来ちゃうのが、面白いなぁと感じました。

砂漠ランナーになる!

「サハラ砂漠マラソン250km」完走することが出来、さあ次は?・・・世界中の砂漠マラソンに挑戦します!2019年9月「アタカマ砂漠マラソン」、ナミブ砂漠やゴビ砂漠など、そして「南極マラソン」を目指します。運動が苦手でも、挑戦し続ける姿をみてほしい。一緒に夢を描いて、応援してくださる皆さんと共に、叶えていきたいと思います。

▼このプロジェクトで実現したいこと

2019年9月「アタカマ砂漠マラソン」250kmに挑戦!

▼これまでの活動

2012年

枻出版社「RUNNING Style」ホノルル部7期生(読者モデル)

2018年

4月「サハラ砂漠マラソン」250km完走

6月「サロマ湖ウルトラマラソン」100km 女子年代別10位(10時間32分)

9月「大分県民体育大会・山岳競技・縦走」大分市代表 女子2位

10月「ハセツネCUP」71kmトレラン 完走

11月「下関海響マラソン」42.195km 女子年代別9位(3時間40分)

MYPROTEIN アンバサダー

2019年

2月「北九州マラソン」アンバサダー就任

3月「森林セラピートレイルランinのつはる」ゲストランナー

▼今後の目標

2019年

北九州マラソン(42.195km)→3時間30分切り

UTMF(170km・46時間以内)→完走

県大会・山岳競技・縦走→優勝

サロマ湖ウルトラマラソン(100km)→10時間切り

アタカマ砂漠マラソン(250km)→完走

2020年以降

TV「情熱大陸」に出る

砂漠レース、南極マラソン完走

▼メディア 

大分合同新聞

大分合同新聞ジュニア

女性大分

読売新聞 他、ラジオ・TV出演等

▼講演会 

ホルトホール大分 他

▼資金の使い道

大会エントリー料

渡航費

装備・食料

トレーニング費用

▼リターンについて

応援していただいた全ての方のお名前を日の丸(国旗)に記入し、アタカマ砂漠のフィニッシュで掲げます。

▼最後に

どん底にいた頃、マラソンに出会って元気になり、家族や友人が喜んでくれました。マラソンがきっかけで、フィットネスインストラクターになり、体を動かす楽しさをお伝え出来るようになりました。サハラ砂漠マラソンを完走した途端、おばあちゃんになっても、とんでもないところを走り続けている夢が出来ました。

マラソンのおかげで、人生180度が変わりました。『これまでの体験をお話ししていくこと』、『挑戦し続けていくこと』、『心から元気になるレッスンをし続けること』が、私の進む道です。一緒に感動したり、笑ったり、ワクワクを共有していただけたら、嬉しいです。

ここまで、お読みくださって、ありがとうございます。

 

水岡 紗希

練習日記(Instagram):s_mizuoka

爆走SAKIサポーター’sクラブ(LINE):

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください