母国で治療が出来ないため、ドイツに治療に来ている子供たちと、キットパスを使ってお絵かきイベントを開催

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして、ドイツ国際平和村の支援活動をしている藤原と言います。

今回、ドイツ国際平和村にて、子供たちとキットパスを使ってお絵かき教室。


▼このプロジェクトで実現したいこと

家族から離れて、遠いドイツでの治療を頑張っている子供たちの大好きなお絵かきをしたい!

治療を頑張っている子供たちに楽しみを作りたい!

 

▼これまでの活動

2000年テレビ番組にて、ドイツ国際平和村を知りました。紛争などで母国で治療が出来ない子供たちを受け入れて、治療をし、母国へ返す活動。2001年から募金を開始。

2016年11月第1回ドイツ国際平和村に訪問。日本の伝統おもちゃを持参し、平和村に寄付をしました。

  

その際に、平和村を周知依頼があり、ポスターを作成。

   

飲食店などに貼らせてもらい告知活動を実施。

  

2017年10月第2回ドイツ国際平和村訪問。古着作戦を実施。

 

子供たちの描いた絵をクリアファイルを作成

  

  

  

2018年8月 子供たちが描いた絵をクリアファイルにして販売。

2018年8月子供達とお絵かき教室を実施したい


2018年10月14日~18日でドイツ国際平和村訪問(予定)


10月16日(7人×3グループ)

   14時30分~15時15分    15時30分~16時15分    16時30分~17時15分

▼資金の使い道

・渡航費          

・材料費     

・各リターンの送料、及び手数料

※当プロジェクトは目標金額に到達しない場合も必ず実行致します!(All-In)

 購入したざいは、現地で引き続き現地で使っていただくようになります。


▼リターンについて

>3000円

 ・活動報告書

 ・平和村オリジナルクリアファイル

>5000円

 ・活動報告書

 ・平和村オリジナルクリアファイル

 ・ドイツお土産


▼最後に

母国で治療が出来ない子供たち。

子供たちの未来と笑顔のためにご協力をお願いします。

  • Img 1877
    活動報告

    計画準備

    2018/09/09 09:49

    子どもたちと手形アート。ユザワヤさんで、実験用の布を購入。実験をしてみました。なかなかいい感じに出来ました。 当日は大きい布を持参し、子ども達やスタッフの人たちと手形アートを作ります。 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください