こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

未曾有の経済不況下、企業がリストラを進める中でも雇用を伸ばし続けたのがイタリアのソーシャルファーム、社会協同組合(cooperativa sociale)である。彼らのモットーは「連帯と品質」。同じ価値を共有した仲間が集まって、一般企業と異なるフラットな経営で、地域との共生を目指し、付加価値の高い商品やサービスを地域に提供し持続可能な雇用を生み出すことに成功している。EURICSEの研究員のSara Depedri氏に、ソーシャルファームが持つ経済効果に関する研究を報告いただきました。

社会的企業が作り出す社会的・経済的な価値――イタリアの社会協同組合がもつ競争力を、社会的貢献を評価することによって理解する
サラ・デェペードリ / ヨーロッパ社会的企業研究所(EURICSE)研究員
http://synodos.jp/international/19482

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。