去る1月、第61回岸田國士戯曲賞(白水社主催)の候補作8作品が発表されました。昨年に引き続き、演劇研究・批評の山崎健太さんと、劇評家の落雅季子さんによる対談をお届けします。若手劇作家の奨励と育成を目的とし、新人の登竜門とされることから「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる岸田戯曲賞。力のこもった8作品とがっちり向き合い、語り合います。受賞作の予想もあり。選考会および受賞作の発表は2月27日です。

戯曲を知らない方でも楽しめる内容となっています。ぜひご一読を!

ジャンルもおもしろみも多様な8作品――第61回岸田國士戯曲賞予想対談
山崎健太(演劇研究・批評)×落雅季子(劇評家)
http://synodos.jp/culture/19157

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。