こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

2017年5月9日、韓国大統領選が実施された。即日開票され、「共に民主党」の文在寅氏が13,423,800票(得票率41.1%)を獲得して当選。翌10日に第19代韓国大統領に就任した。

この選挙に合わせて、講談社/講談社ビーシーは対談本、『だまされないための「韓国」―あの国を理解する「困難」と「重み」』を同5月9日に発売。本書では、韓国政治を専門とする政治学者2名、浅羽祐樹・新潟県立大学教授と木村幹・神戸大学教授が、「韓国」という国から届くニュースをどう読み解くべきか、そして日本政府と日本人はどう対処すべきかを語り合った。

本来であれば分析と研究が本分である政治学者2名が、未来予測(対談収録は2017年2月半ば)を含む韓国情勢の紹介や解説、果ては提言に挑むのは異例だが、それでもあえて敢行したのは、現在の日本における「韓国という国に対する理解」があまりに偏っているからだ。

「いまは、国内外で乱世の時代。解くべき問題を自ら見定めて、新しい渦を生み出していく“暴れん坊”が求められている」とは、本書の序文にあたる「はじめに」での浅羽教授の言葉である。

本企画は、そんな大統領選前に収録された『だまされないための「韓国」』の(本書に収録された7つの章に続く)「第8章」に位置づけられる対談(5月12日に収録)となる。

「進歩派」である文在寅政権が誕生したことで、韓国はこの先どのような方向へ進むのか? 今回の選挙の意味は? そして日本はどうすべきか? ぜひともお楽しみいただきたい。 

文在寅大統領は「反日」?「親北」?そんな素人議論は聞き飽きた!!――『だまされないための「韓国」』第8章
浅羽祐樹×木村幹
http://synodos.jp/international/19825

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

活動報告 - パトロン限定公開

マダガスカルで考える、文化と無形文化遺産

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。