活動報告 - パトロン限定公開

クラウドのリターンについて

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

活動報告 - パトロン限定公開

クラウドファウンディング達成の御礼

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

おはようございます!本田椋です!
ついにクラウドファンディング期間が終了しました!

なんと、目標額の60万円を大きく上回る、75万7777円のご支援を頂きました!!達成率は126%でございます!!

今回のツアー、そしてクラウドファンディングを通して、
自分達が、どれだけ多くの方に支えられ、応援を頂いているのか、身に沁みました。

みなさまから頂いた気持ちを胸に、今後も俳優として、ミサイルとして、精進して参ります。

今後とも、どうかよろしくお願い致します。

・・・そして!!なんと!!
ツアー全行程を無事に、無事故で、終えることができました!!(ミサイルツアー初の快挙・・・。)

これも、みなさまのおかげです。
出発式でリアルにお祓いして頂いたのが昨日のことのよう。

しかし!
前回のR.U.R.では、バラシのときに事故が起きました。

仙台凱旋公演が終わるまで、気を緩めず、全身全霊で臨む所存であります。

・・・とその前に、この日は、一ヶ月ぶりのオフ!!!
凱旋公演への英気を養うべく、休みを満喫させて頂きました。

散歩をしたり、下駄を修理に出したり、髪を切ったり、本を読んだりなんだり・・・♪

下駄はツアー中に、前坪がちぎれてしまい、黒ガムテープで張り付けて、騙し騙し使っていました。

布製の坪がなかったので、皮製金色の坪にしてみました。意外と鼻緒とも合って良い感じ。

この下駄で、6県まわりました・・・。
もう相棒のような感じですね。
そしてまた次の旅へ・・・。

さて、紹介したいのがこちらの一冊!
岩佐大輝「99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る」です。

こちら、山元町でお世話になったイチゴワールドの株式会社GRA社長さんの著書。

いかにして山元町のイチゴが復興し、一粒1000円で伊勢丹新宿本店に並び、海外にも進出するようになっていったのか。

本物の経営哲学に、
ちょっと読んでて涙が出てくるような熱い人間ドラマがぎっしりと閉じ込められている著書。

まさに、山元のイチゴのように、ぎっしりと、熱い想いが込められています。

これは、人生を鼓舞して勇気をくれる良書です。
また、何度も読み返したいと思います。

そして、なにより、山元のイチゴが食べたい 笑

・・・ほんと、各地にいろんな思い出が、再会したい人たちがいます。

終わりゆく旅への万感と、
次なる旅への期待を膨らませつつ、
最後、大千穐楽・仙台凱旋公演の板を踏ませて頂きます。

旅っていいもんだ。

毎度、ご覧いただきありがとうございます!

本日の福島公演の活動報告は加藤がお送りいたします!

僕は高校時代、福島県伊達市の保原高校の演劇部に所属し、福島市で、発表会やコンクールを行ってきました。

そんな僕の演劇のルーツの町、福島市での念願の上演です!

会場は福島市の中心部にあるお寺「本法寺」

 

ツアー千秋楽に相応しい、豪華な会場となっております!

会場となる空間は普段はこのように、正面に御本尊がある本堂になっております。

 

イベント会場として使う時は御本尊様は奥の幕の裏に隠れ、ここは本堂ではない、という事になるそうです。

僕らの舞台を置いたらこんな感じになりました!荘厳!


福島稲荷神社のお札も仲間入りし、福島市公演開演!!

昼夜合わせて63名のお客様にご来場いただきました!!南相馬公演を観てくれた福島大の演劇部の子が、たくさん仲間を連れて来てくれたり、郡山を観た友人から紹介されて来た人がいたり、西和賀の人達が福島の友人を連れて駆けつけてくれたり、これまでのツアーで出会った人々の力もお借りして、大千秋楽に相応しい大盛況の舞台となりました!

高校の3年間、演劇漬けの日々を送り、演劇の魅力に気づかされたこの福島市で、震災後、僕に再び演劇の力を再発見させてくれた短距離男道ミサイルの作品を上演できた事、しかも5周年企画の大千秋楽をこの土地で迎えられた事を大変嬉しく思います。

夜公演までの間に、本法寺のすぐ裏にある新浜公園を散歩してきました。


この場所は僕が高校時代に所属していた高校生劇団「劇団はなまる」の活動で、稽古場代を節約するために、野外稽古を行っていた場所です。7年ぶりくらいに訪れて、あの時の日々が思い出されました。

当時、劇団はなまるで共に活動していたメンバーは、いまでも福島市で演劇を続けています。

そのメンバーが所属している劇団120◯ENや10年以上福島市で活動しているシア・トリエなど、アツい演劇人が福島にはたくさんいます。そんな福島市でこれからも続けて公演で訪れたいと強く思いました!!



最後は舞台前で、保原高校演劇部先輩であり、シア・トリエの俳優 佐藤隆太氏と 西和賀町から5回目のリピートで駆けつけてくれたライブハウス鳳鳴館 館主 ハイデック(今年で還暦)と共に肉感溢れる記念写真で締めくくります!